神垣多希先生

シニアレジデント(1年目)・神垣 多希 先生

氏 名 :神垣 多希
出身地 :千葉県
出身大学:埼玉医科大学
研修科目:産科・婦人科

当院を選んだ理由

大学在学中4年生くらいまでは外の病院で臨床研修を受けようと思っていましたが、BSL研修で教育がしっかりしている、多くの症例を経験できると感じて、ここで初期研修を受けることにしました。
当時、3病院自由選択のプログラムはありませんでしたが、こちらの病院と国際医療センターの2つでローテーションを行いました。

そして、後期研修を選ぶ時期でも初期研修医時にいろいろな科の先生方とのつながりができ、後期で外に出てしまうとその人脈を生かせないのはもったいないと思い、引き続き後期もこちらの病院を選択しました。

元々、産婦人科志望ではありませんでした。
1年目で内科系中心に回っていた際は、小児科や内科かなあ……と漠然と思っていました。2年目で手技のある外科系、そして産婦人科を回りました。
産婦人科では帝王切開などの外科的な手技や内科的な診察も行えるし、赤ちゃんの笑顔もかわいいし、赤ちゃんが大きくなっていく過程を見るのも楽しいです。
いろいろ悩んだ末、産婦人科を選びました。

現在はシニアレジデントの産婦人科コースで研修しています。今後はその専門分野を絞り込むつもりです。

研修中の感想

入局後、産科で重症な患者さんを診ました。妊娠中に急性妊娠脂肪肝を患い、出血が止まらず生死をさまよう状況でしたが、無事、母子ともに元気に退院して行きました。患者さんが元気に退院していってくれると、とても嬉しいです。

いまは国際医療センターで研修させていただいており、ガンの症例を中心に診ていますが、子宮ガンや卵巣ガンにかかる若い人が増えているのが気がかりです。

シニアレジデントの魅力

ここで初期研修を受けている人にとっては、上級医の先生方との人脈を活かす事を考えると、このまま後期も継続する事をお勧めします。
周りの先生方の指導も、サポートも安心な環境も変わりませんから、治療に専念できます。

外で初期研修を受けている人への情報として、ここでは早い段階で手術の執刀をさせていただくことができます。上級医の指導やサポートがあるので安心して手技を行えます。帝王切開や婦人科の手術も担当しています。また、外来も担当させていただくことができます。
私がローテートしている国際医療センターでは、ガンの執刀を二十件行近くさせていただきました。
他の診療科でも同じだと思います。

産婦人科は女性医師の割合が多いのは、患者さんにとって同性だからこそ相談できる場合があるからだと思います。
私も同性として、病院外で知人や友人から相談を受けます。患者を含めて地域社会へ還元できるように努めています。
とは言っても、もちろん男性医師の存在もとても重要なので、産婦人科志望の男性医師も増えればと思います。

当直では夜中に陣痛で入院になったり、帝王切開や子宮外妊娠などで、と緊急手術があったりと産婦人科は休む暇がないことも多いです。一睡もできないと、翌日はちょっと辛いですね。

オフタイム

医局は教授、指導医を含めてアットホームです。オンとオフのメリハリがあって、休みの時は医局旅行やBBQパーティなど楽しく仕事をしています。

※所属や学年等は取材当時のものです