埼玉医科大学総合医療センター 臨床研修センター 埼玉医科大学総合医療センター 臨床研修センター

歯科口腔外科研修概要

1.歯科口腔外科の特徴

当科は地域基幹病院の歯科口腔外科であるため、口腔外科処置を中心とした診療活動を行っている。また院内他科入院中の患者の歯科治療も行っている(有病者の歯科治療)。

なお当センターは三次専門高度救命救急センターを併設し、夜間休日の救急診療体制を整えているため、当科も夜間休日時間外外来を開設している。

2.研修指導責任者・指導者

  • 研修指導責任者:下山哲夫(教授)
  • 指導者:下山哲夫(教 授)
  • 堀江憲夫(教 授)
  • 金子貴広(准教授)
  • 那須大介(講 師)

3.診療実績

平成26年度の外来患者数は約21,000名である。

外来小手術(生検を含む)は約200件で、埋伏抜歯は多数行っている。

入院患者数は外傷4名、炎症48名、骨折39名、腫瘍16名、囊胞62名、抜歯48名、その他19名であった。

4.研修方法

埼玉医科大学総合医療センター歯科口腔外科では前述の初期臨床研修プログラムにしたがって、歯科口腔外科診療における診療の基本を習得する。

研修期間中は指導医の指導、監督のもと基礎的事項を学び、病棟においては医師団の一員として患者を受け持ち、外来においては可能な限り術者としての経験を積む

5.研修中の経験目標・到達目標

前述の初期臨床研修プログラムにしたがって評価を受ける

A経験すべき診察法・検査・手技

  1. 基本的身体診察法
    口腔の解剖、生理機能に関する基礎的知識の習得。診察による所見の記載。
  2. 基本的な臨床検査
    口腔内診査。血液検査。X線検査(CT、MRIを含む)。
  3. 基本的手技
    病棟:基本的な病棟処置を習得。
    外来:基本的な歯内療法、保存修復、歯周治療の習得。基本的な補綴治療の習得。
       基本的な口腔外科の習得。

B経験すべき症状・病態・疾患

  1. 頻度の高い疾患
    齲蝕・歯周病、智歯周囲炎、外傷
  2. 緊急を要する疾患
    外傷、急性炎症
  3. 経験が求められる疾患・病態
    腫瘍、粘膜疾患

6.その他

研修希望者は日本口腔外科学会に入会する。(自己負担)

7.研修に関する問合せ先

 

Phone:049-228-3687 (外来)
 下山哲夫(教授) 堀江憲夫(教授)