新人看護師インタビューA newcomer nurse's interview

埼玉医科大学総合医療センター
消化器・肝臓内科、内分泌・糖尿病内科病棟勤務 2015年4月入職 川鍋さん
担当科に関わらず質の高い看護ができるゼネラリスト看護師を目指して

入職動機 Motive

母が看護師だったので、仕事のやり甲斐や大変さなど、いろいろと話は聞いていました。高校時代に進路を考えたとき、看護師は一生の仕事になると思い、埼玉医科大学の保健医療学部へ進学を決めました。高度な医療を施している大学病院で多くの経験と技術を身につけたいと思い、当院に入職しました。

現在の仕事内容Job description

外科志望でしたが、内科に配属されました。はじめは内科のイメージがなかなかできなかったのですが、職場に入ってしまえばそんなこと関係ありません。毎日先輩たちから指導を受け、必死に業務をしているうちに慣れました。この病棟では完治して退院される患者さんは多くはありません。そのため、退院後の生活を見通した看護計画を立てる必要がありますが、これは経験がモノを言います。先輩方の対応を見ていると、その迅速さだけでなく、発想の引き出しの多さに感心します。学ぶべきことは多いと思いますね。ときどき退院時の患者さんのアンケートに、「川鍋くんが丁寧に対応してくれて有り難かった」などと感謝の言葉を書いてくださる方もいて、胸にグッとくるものがあり、この仕事に就いてよかったなあと実感しています。

目標・ビジョンVision

どの科の患者さんのケアもできるゼネラリスト看護師になるのが目標です。だから、得られる知識やスキルはどんどん身につけていきたい。入職して一年、病棟の先輩たちによるさまざまな研修、たとえば心電図検査、輸血の処置、内視鏡検査、吸引ケアなどを受けてきました。自分のスキルが上達することが実感でき、それにつれて仕事へのモチベーションも高まります。いつの日になるかわかりませんが、将来的には地元に帰って、総合病院で働ければと思っています。

新人看護師の一日Day of the nurse new face

6 : 00
起床
8 : 20
出勤
受け持ち患者さんの情報収集
8 : 30
申し送り
二人ひと組のパートナー制で、ペアで受け持ち患者の情報交換
9 : 00
病室のラウンド
清潔ケア、排泄の介助、シャワー浴の介助など
12 : 20
昼食
「時の鐘」食堂の定食が気に入っている
14 : 00
午後のラウンド
患者さんの状態を確認。点滴の交換、小尿の管を交換、量の計測。検査に入る患者さんのケアなど
17 : 30
退勤
買い物をして帰宅。夕食は自炊。夕食後、仕事中にあった不明点を確認し、その後は趣味のゲームでリラックス
23 : 00
就寝

先輩一覧へ戻る

▲ ページトップへ戻る