若手看護師インタビューA younger nurse's interview

埼玉医科大学国際医療センター
CCU(急性心血管センター)勤務 2014年4月入職 今井さん
患者さんを笑顔で一般病床に送り出す喜びを感じて

入職動機 Motive

小学生の時に祖母の入院がきっかけで知り合った看護師が、私の進路を決めたと言えるかもしれません。祖母にはもちろん、家族にも思いやりのある対応をしてくださいました。「看護師ってやさしくてカッコイイ!」。高校生になって将来を考えた時、心に浮かんだのが、あの時の看護師でした。当院を希望したのは、埼玉県出身で身近だったことと、最先端の医療現場で働きたいと思ったからです。祖母の疾患が循環器系だったこともあり、診療科も循環器系を希望しました。

現在の仕事内容Job description

主な仕事は、心臓疾患、循環器疾患の患者さんの内科的治療のサポート。急性期病棟なので補助循環装置や人工呼吸管理下の患者さんも多く、機器の適切な管理が重要です。2年目の今も緊張でドキドキすることがありますが、患者さんを笑顔で一般病床に送り出せることが喜びです。長い間チューブ食だった方がご飯を食べられるようになったり、絶対安静だった方が車椅子に乗れたり、歩けるようになったり。その喜びを患者さんやご家族と共有できる瞬間にやりがいを感じます。その一方で、回復が望めず、終末期になる患者さんの対応に日々、悩んでいます。先日、痛みで苦しむ患者さんからその辛さを聞いた時、何も言えず、ただ寄り添っていることしかできませんでした。どうしてあげるのが患者さんとご家族にとってよかったのか。先輩たちの対応を見ながら試行錯誤しています。

目標・ビジョンVision

型にとらわれず、患者さんの状態を把握したうえでエビデンスに基づいた看護をしていきたいです。そのためには自己研鑽が欠かせません。さまざまな研修に参加し、なるべく幅広い知識と技術を習得していきたい。薬剤、画像診断、検査機器の操作や管理方法についても学んでいます。自分の知識不足で患者さんを危険な目に遭わせるようなことは絶対にあってはなりませんから。認定看護師の資格取得も視野に入れています。目標としているのは、患者さんとご家族の精神的サポートができる看護師。疾患だけに気を取られず、患者さんやご家族の話を聞いて、最善の道を一緒に考えられる看護師になりたいですね。

若手看護師の一日Day of the younger nurse

5 : 30
起床
8 : 00
出勤、情報収集
8 : 30
全体の申し送りと、受け持ちの患者の個別申し送り
9 : 00
バイタルサイン測定、清潔ケアなど
いつ急患があるかわからないので、常に対応できるよう用意しています。
11 : 30
昼食
12 : 30
点滴の作成
13 : 30
ご家族の面会対応
患者さんの状態を、わかりやすく説明するよう心がけています。
回復した患者さんの一般病床への送り出し
ここで笑顔が見られるとうれしいです。

入院の受け入れ
16 : 30
夜勤の看護師への個別申し送り
17 : 00
業務記録をつける
17 : 30
勤務終了
18 : 00
帰宅
悩み事がある日は、先輩に相談にのってもらうこともあります。

先輩一覧へ戻る

▲ ページトップへ戻る