若手看護師インタビューA younger nurse's interview

埼玉医科大学病院
急患センター(ER)勤務 2014年4月入職 長澤さん
将来は救急看護のスペシャリストとして

入職動機 Motive

子どもの頃は体が弱く、よく病院に通っていました。その時の看護師さんが親切な方で、点滴を打つ時もやさしく声がけをしてくれたことを覚えています。将来こういう人になれたらいいなと子ども心に思いました。高校時代に進路を決める時、人の役に立ちたいという思いから看護師を目指すことにしました。当院に入職したのは、実家が近いこともありますが、新人看護師の教育に力を入れ、バックアップ体制が整っているためです。特定機能病院として医療の最先端を担っていることも魅力でした。

現在の仕事内容Job description

ERなので、仕事のスケジュールや内容は毎日違います。私の仕事は主に点滴や採血、ラインの確保、検査誘導、検査器機の準備、医師の介助などです。搬送前にホットラインのトリアージによって患者さんのおおよその状態は伝えられるのですが、症状の原因がわからず、検査を行ってやっと確定診断に至るケースも多くあります。一刻を争う場面ですから、看護師は常に次を予測して、臨機応変に動く必要があります。はじめのうちは病名がわからないので予測もできず、先輩に指示を仰いで動いていました。最近ようやく、自分の判断で動けるようになったかなと思います。学内、病院内で開かれる勉強会やERの勉強会に参加し、現場で実践しながら反復することで、知識、技術が身についていきます。だんだん予測力がついて、先回りして動けるようになると、自身の成長が実感できます。

目標・ビジョンVision

入職時の第一希望は内科だったのですが、2年間のER勤務のおかげで、救急看護への関心が高まってきました。救急は全身の幅広い知識が必要です。医療事故リスクの高い部署でもあるので、医療安全の勉強も大切です。目指しているのは、患者さんの立場に立って考えられる看護師。たとえば救急搬送され、不安の多い患者さんにどう接するべきか、患者さんの気持ちを察することができれば、質の高い看護を提供できると思います。そのためには、やはり心の余裕が必要。経験的にも知識的にも余裕を持てるようになりたいですね。

若手看護師の一日Day of the younger nurse

6 : 45
起床
8 : 00
出勤
8 : 30
業務開始 救急搬送された患者の看護
患者さんが少ない時間を見計らって備品の確認や補充を行います。さらに余裕があれば勉強時間にあてます。
11 : 00〜13 : 00
この間、1時間の休憩、昼食
食堂で昼食。ご飯のボリュームがあって気に入っています。ときどきメニューに載る「海鮮丼」が大好き。
13 : 00
救急搬送された患者の看護
16 : 30
夜勤看護師への申し送り。
17 : 30
業務終了

先輩一覧へ戻る

▲ ページトップへ戻る