若手看護師インタビューA younger nurse's interview

埼玉医科大学国際医療センター
包括的がんセンター消化器病センター勤務 2012年4月入職 五十嵐さん
少し余裕がでてきて、一人ひとりにより良いケアを考えられるように

入職動機 Motive

伯母が看護師で、子供の頃に遊びに行くたびにいろいろと話を聞いていました。患者さんの状態に応じたケアや夜勤など大変だなと思う話もありましたが、それ以上に病気の人の為に働くということに尊敬の念を抱いていました。同時に、自分も看護師になりたいという気持ちが芽生え、話を聞くたびにその気持ちが大きくなっていったのです。最初の頃は、伯母から聞いたとおりの大変な仕事だと感じながら、とにかく仕事をこなしているといった感じでしたが、最近は仕事にも慣れ、気持ち的にも時間的にも余裕ができてきました。

現在の仕事内容Job description

消化器センターで手術を目的として入院された患者さんのケアをしています。安心して手術に臨めるように患者さんの訴えに耳を傾け、手術後は点滴の管理や合併症の予防を行い、早期離床を促しています。術後の痛みがあると歩くのをためらう患者さんもいますので、痛み止めを使いながら励ましのお声がけをしたりして、歩くためのサポートもしています。多くの患者さんは短い入院期間ですが、少しでも早く元の生活に戻れるように一人ひとりの患者さんに合った支援をしています。

目標・ビジョンVision

患者さんが自宅での生活に戻ったときに不自由なことがないように、入院時から退院後のことも考えるようにしています。術後の状態や年齢によっては介護保険の申請が必要な場合もあります。ソーシャルワーカーさんとも連携して、今後はもっと退院支援に力を入れていきたいと考えています。当院は大学病院なので、研修や勉強会も多く、学べる環境が整っています。院外の講習会も希望すれば参加できるように配慮してもらえます。学びたいという意志と向上心を持っていれば、どんどん成長出来ますので、私も早く先輩に追いつくように頑張っていきたいと思っています。

私のオフタイムMy free time

アフター5は友人と食事に行ったり、料理をつくったりすることが多いです。休日は買物に行ったり、外食をしたりして過ごしています。最近のオフタイムのマイブームはアロマテラピーです。気持を落ち着かせ、リラックスすることで、リフレッシュしています。

先輩一覧へ戻る

▲ ページトップへ戻る