専門・認定看護師インタビューA certified nurse's interview

埼玉医科大学総合医療センター
集中ケア看護認定看護師
ICU勤務
2005年10月入職(中途) 青栁さん
認定看護師として、ICUはもちろん、病棟全体の救急看護のレベルアップに貢献したい

入職動機 Motive

2002年に正看護師になり、はじめの3年間は別の病院の消化器外科に勤務していました。そこでは人工呼吸器を着けた患者さんなど救急看護の必要もありましたが、小さな病院なので救急の症例は少なく、学べることは限られていました。そこで本格的に救急看護の経験を積みたいと思い、2005年に総合医療センターへ転院し、2006年からあこがれのICUで働いています。認定看護師の資格取得は、ICUに勤務して3~4年が経った頃から考え始めました。後輩に指導する際、「なぜ今、このケアが必要なのか」を説明するのに自分の経験だけでは不十分だと気づき、専門的な知識を得るために認定看護師を目指しました。

現在の仕事内容Job description

他の病棟と違い、ICUでは患者さんが元気になって部屋を出ていく姿は、ほとんど見られません。自分の仕事の効果が見えにくく、患者さんからのリアクションも少ない。それだけに看護師一人ひとりの技量が問われます。刻々と変化する患者さんの病態に合った最良のケアを選択していかなくてはなりません。医師の指示を受けたあとは、看護師がイニシアチブをとって看護を実践します。少しでも処置が遅れれば、患者さんの命に関わりかねません。どのケアが最良か。その選択をしてスタッフに指示することが私の役目です。スタッフが納得して動けるよう、根拠を示しながら説明するよう心掛けています。認定看護師の資格を取ったことで、自信を持って指導できるようになりました。

目標・ビジョンVision

第一の目標は、ICUの看護のレベルアップです。集中治療の情報はアップデートがとても速く、去年の情報が今年には古くなっていることもあります。スタッフに正しい指導ができるように、常に自分の知識もアップデートするよう努めています。また、総合医療センターでは一般病棟で重症患者を看るケースもあります。そのため、一般病棟の集中ケアのレベルアップにも貢献していきたい。認定看護師として、ICUはもちろん、病棟全体の集中ケア医療のクオリティを高めることを目標に頑張っていきたいと思います。

学生の方へのメッセージMessage

私は当院の開放的な雰囲気が好きです。自分の考えていることを先輩や看護師長に相談しやすいですし、医師との距離も近く、コミュニケーションが取りやすい。また、大学病院ならではの教育システムや支援体制も確立しています。目標に向かってキャリアを積んで行きたい人には最高の環境だと思います。看護師としての夢を、私たちと一緒に実現させましょう。

先輩一覧へ戻る

▲ ページトップへ戻る