若手看護師インタビューA younger nurse's interview

埼玉医科大学総合医療センター
救命救急センター勤務 2014年4月入職 梶野さん
将来はヘリナースの資格を取り、被災地でも役に立てるように

入職動機 Motive

高校生の時、親族が急死した体験があり、急性期の患者を救いたいという思いで看護師になりました。そのためまず、急性期のケアを身につけたくて救命救急センターを志望しました。科を問わず、さまざまな疾患の勉強をするためにも、救命救急センターは最適です。緊張した状態が続くセンターで、看護師として自分がどこまで出来るか試したいという思いもあります。また将来は、被災地で医療活動ができる看護師になりたいと考えています。ドクターヘリを備えた高度救命救急センターのある当院は、私の第一希望でした。

現在の仕事内容Job description

救命救急センターは外傷系と内科系に分かれ、私は内科系に従事しています。初療室やカテーテル室など、病棟以外での処置についても学ぶ必要があります。ICUでは24時間、常にモニターをチェックしています。急変に気づくのも看護師の大切な役割のため、とても責任を感じます。救急に運び込まれた当初は、意識レベルが悪い重症患者さんが多いです。それでも日に日に点滴の本数が減り、人工呼吸器から離脱し、会話できるようになり、一般病床へ行かれる姿を見送る時、看護師になって良かったと感じます。また後日、院内でその患者さんと会った時に「あの時はありがとう」と感謝されることは、大きな喜びです。

目標・ビジョンVision

1年目で学ぶことがたくさん見えてきました。まず、急性期や術後の患者さんの訴えをきちんと読み取り、不安を和らげるような処置や声がけができるようになること。人工呼吸器を付けた患者さんとのコミュニケーションや、家族に対する接し方も、もっと上達したいと思っています。大きな目標は、ヘリナースの資格や、DMAT(災害医療派遣チーム)に参加できる看護師になること。当院は研修制度に加え、認定看護師や工学技士による勉強会も充実しているので積極的に参加し、ひとつでも多くのことを学んでいきたいと思います。

若手看護師の一日Day of the younger nurse

6 : 30
起床
8 : 30
出勤
夜勤の看護師からの申し送りを受けます。
9 : 00
巡回
患者さんの状態の観察、ケア、検査
11 : 30
昼食配膳など
患者さんの昼食の配膳、清拭、ベッドメイクなどを、患者さんの数や出入りの状態、医師回診の時間などに合わせて一気に片付けます。
1日でもっとも忙しい時間帯。面会時間までに自分たちの昼食時間を確保します。
14 : 00
面会時間
面会者の来られなかった患者さんのケアをします。看護計画の立案をする日もあります。
16 : 45
夜勤の看護師への申し送り
バイタルの変動などを伝えます。
17 : 30
勤務終了
隣接している看護師寮に帰宅します。

先輩一覧へ戻る

▲ ページトップへ戻る