チーム医療とスタッフ

新人看護師
中堅看護師
看護師長
理学療法士
医師

埼玉医科大学病院呼吸器内科病棟
Respiratory tract medicine Ward

埼玉医科大学病院 呼吸器内科では、肺がん、肺炎、ぜん息、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)、特発性間質性肺炎(肺線維症)、自然気胸、胸膜炎、肺血栓塞栓症などの疾患を診察しています。また、慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法、在宅人工呼吸、さらに睡眠時無呼吸症候群の診断や在宅治療にも対応しています。

新人看護師
2013年入職
看護師
新井さん

私は学生時代の実習を埼玉医科大学病院で行いました。その際に、スタッフの方々の患者さんや学生に対する優しい雰囲気に好感を持ったこと、そして整った医療・教育環境の中で確かな看護技術を学びたいと思い、入職しました。
現在は新人看護師として、患者さんに入院生活を少しでも快適に過ごしていただけるよう、環境整備や清潔援助などを行っています。また、援助を通して患者さんの観察・コミュニケーションを行い、患者さんが抱えている問題・症状を理解し、改善するためのお手伝いをさせていただいています。まだまだ成長過程ですので、これからしっかりと臨床の知識を学んでいき、一人前の看護師としてチーム医療に貢献できるよう頑張りたいと思います。

中堅看護師
2008年4月入職
RST/記録リンク/倫理委員
看護師
糸井さん

私は呼吸器内科病棟で、重症度が高く集中治療を必要とする患者さんの看護を行うHCU(High Care Unit)チームと、人工呼吸器治療を専門で行うRST(Respiratory Support Team)に所属しています。HCUチームでは医師との連携で臨機応変な看護を行い、RSTでは週一回、院内の人工呼吸器を使用している患者さんのラウンドを行っています。患者さんは一人ひとり異なる疾患や症状で、必要としている看護が異なるため、それぞれに合った看護・援助を行わなければならない点には苦労しますが、それだけに自分たちの行ったケアによって患者さんが回復された時には達成感があります。

看護師長
1984年4月入職
看護師長 看護師
鎌北さん

私は呼吸器内科病棟の看護師長として、病棟での看護全般の管理業務を担当する一方で、接遇(マナー)インストラクターとして、新入職者への接遇研修および関連学校での接遇講義を行っています。私は入職して約30年になりますが、まだまだ勉強中であると考えています。仕事の中で苦労を感じる事は、自身の能力不足であることが少なくありません。そのために、日々勉強するということと常に努力を怠らないことを心掛けています。
若手看護師と接していて感じるのは、「人は関わるほどに成長する」ということです。また、患者さんも同様で、笑顔で関わるほどに元気・回復・安らぎを与えることができます。埼玉医科大学グループは全てにおいて教育がしっかりとプログラムされているので、成長し続ける気持ちをもって入職してほしいと思います。

理学療法士
1999年4月入職
リハビリテーション科主任
理学療法士
高山さん

私は呼吸器内科病棟に常駐し、理学療法(リハビリテーション)業務にあたっています。一人ひとりの患者さんに理学療法の必要性を理解してもらい、自主的に取り組んでいただくようにサポートすることは簡単ではありませんが、患者さんの自宅復帰に向けて、それぞれの方に必要なアプローチ、サポートを考えて実施していけることは大きなやりがいでもあります。
また、埼玉医科大学グループでは、より良いチーム医療を目指して多くの職種が連携し、治療や退院に向けてのサポートを行えるように日々努力しています。

医師
2005年4月入職
呼吸器内科 医師
嶺崎さん

私は呼吸器内科の医師として、外来、入院患者の診療にあたっています。患者さんの中には長期で経過を診ていかなければならないケースも多いので、診療は簡単ではありません。しかし、そうした診療を通じて、外来、入院にかかわらず、患者さんと良好な関係が築けた時や、治療がうまくいって退院する患者さんを見送る時などは医師になって良かったと思います。埼玉医科大学病院は大学病院でありながら、地域密着型の病院なので様々な疾患や患者さんと出会える点で勉強にもなります。

その他のチーム医療
▲ ページトップへ戻る