キャリアアップ

埼玉医科大学グループの病院では、大学病院ならではの教育環境でそれぞれのキャリア・ビジョンの実現を目指した継続教育が実施されています。充実した卒後教育に続き、2年目以降は、後輩への指導、チーム医療の中でのリーダーシップなど、組織の一員としての役割と働きが期待されるようになります。 また、この時期は将来につながる準備期間。日々の看護を実践しながら、看護協会や他大学の学会、研究会への参加なども経験します。そうした中で、指導者やマネジメント層、特定・専門・認定看護師などのスペシャリストなどそれぞれのキャリア・ビジョンの実現に向かっていきます。

大学病院ならではの制度 System of Career improvement

埼玉医科大学職員キャリアアップセンターでの研修

2011年春、看護師のキャリア開発や人材の育成を目的に設立。個々の看護職の能力を伸ばし、キャリアを高め、活躍をバックアップします。

     
  • 埼玉医科大学看護学生実習指導者講習会(厚生労働省認可)
    臨床経験3年目より、受講できます。  
  • 中堅看護師研修「看護研究の実際」
  • 認定看護管理者ファーストレベル研修(日本看護協会認可)
    将来の管理者候補として研修を実施します。
  • 復職支援研修
    臨床現場の復帰を考えている看護職の方は各病院での研修が可能です。
  •  
大学へ進学

保健師・学士(看護学)を目指す人には、埼玉医科大学保健医療学部看護学科への編入が可能です。

大学院へ進学

働きながら埼玉医科大学保健医療学部大学院の看護学研究科への進学が可能です。大卒資格無しで出願できる個別入学審査や5年以上の実務経験があれば受験できる社会人選抜制度など、幅広く受け入れています。2年間のコースを3年間で履修する「長期履修制度」も設けています。また、がん看護・精神科看護の専門看護師への道も開いています。

院内認定制度

特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践ができる看護師を育成し、看護ケアの質の向上を図ります。

助産師育成

助産師をめざす人には、休職制度を利用して進学ができます。埼玉医科大学短期大学・専攻科母子看護学専攻への進学(内部推薦枠あり/若干名)はもちろん、他大学への進学も可能です。(助産師学校への進学者に奨学金制度有)

外部研修

認定・専門看護師の資格を希望する職員には、研修中休職制度が利用できます。看護教員養成、実習指導者養成、管理者研修、専門的な研修(臨床実践に関わる研修) 等の支援も行っています。

教育プログラム「クリニカルラダー」 Clinical Ladder

埼玉医科大学病院、埼玉医科大学総合医療センター、埼玉医科大学国際医療センターでは、クリニカルラダーを取り入れた共通の教育制度を実施しています。そのため、埼玉医科大学グループの病院では、継続したステップアップが可能です。それぞれの病院で培ったキャリアを生かしながら、3病院の中で自分に合った看護を見つけ、好きな道に進むことができます。

教育プログラム

▲ ページトップへ戻る