message

Q.現在担当している業務について

  • 国際医療センター事務部総務課に所属しています。事務部総務課は総務・経理・購買・施設の大きく分けて4つの業務担当から構成されています。
    その中で、私は経理業務を担当しています。業務範囲は、予算及び決算に関する業務、収入、支出及び残高管理に関する業務、金銭の出納業務、業者への支払業務、補助金及び寄附金に関する業務、各種研究費及び旅費に関する業務など様々にわたりますが、簡単に言うと、病院のお金の出入りを記録・分析し、その結果をもとに経営の意思決定の材料となる予算書・決算書を作成することがメインの仕事となります。

  • Q.現在担当している業務について

  • 学生時代に特別支援学校と高齢者福祉施設のボランティアを経験し、人がより良い生活を送るために手助けをすることの喜びを体験しました。
    その体験を通し、「医療・福祉」の分野へ興味を持ち、医療従事者の資格を有していない自分に何ができるだろうかと考えたときに、 医療現場で働くスタッフを支えることで間接的に患者さんへサービスを提供できる病院の職員、また、医療現場の第一線で活躍する医療人材を育成する機関である 大学の職員として、社会へ貢献できればと思い入職しました。
    また、本学の特色として、高度先進医療を提供する大学病院でありながらも、地域医療に力を入れ、地域の方々を大切に考えている経営方針にも、 とても魅力を感じました。

  • Q.やりがいを感じたこと・嬉しかったこと、また、苦労したこと

  • 現在の私は、結婚、出産、育児と女性特有のライフイベントを経験し、入職時のライフスタイルに比べると大きな変化がありました。
    育児を含めた家庭と仕事の両立にはじめは不安もありましたが、会社、上司、同僚の理解のもと、以前と変わらずにやりがいをもって取り組む ことができていることを、とても幸せに思っています。
    また、本学は各キャンパス内に保育所が併設されていますので、仕事が終わればすぐに 子供を迎えに行けるため、親子の時間もしっかりと持て、その充実感がまた、仕事の活力へと繋がっています。

  • Q.将来の夢

  • 入職してから多くの先輩方にご指導いただき、見守られながら一歩一歩成長してきました。 社会人になったばかりの自分にとって、そのような環境は、とても心強く励みにもなりました。
    今では後輩も増え、日々の実務をリーダーとして取りまとめる立場となってきています。
    今後は、新入職員だった自分が自信に溢れた先輩方の姿を目標にしてきたように、自分自身も後輩たちの目標となれるよう、 「仕事力・人間力」により一層磨きをかけていきたいと思っています。

  • Q.就活生へメッセージ

  • 就職活動は、どのような仕事を、どのような会社で、どのように取組むことで、「自分」という人材が最大限に輝き続けられるかを、 プロデュースする活動の一つだと思います。
    これを機に今の自分自身と真剣に向き合い、ぜひ、将来の自分に感謝されるような選択をしていただきたいと思います。
    そして、その選択の先に、輝かしい皆さんと一緒にお仕事ができる日々が待っていることを祈っております。