学部案内

医学部の教育方針

医学部のディプロマ・ポリシー

 卒業後の臨床研修を適切に受けるために必要な、基本的な知識・技能・態度を身につけ、「建学の理念」を敷衍して描いた「埼玉医科大学の期待する医療人像」を目指して絶えず自己研鑽を続けることのできる学生に対して、学士を授与します。

 埼玉医科大学医学部は、このような医師を育成し、社会に送り出すことによって、保健・医療・福祉の発展に寄与することを目指しています。

医学部の期待する医師像
  1. 生命に対して深い愛情と畏敬の念を持ち、病める人々の心と身体の痛みを最もつらい場合にも理解し、その立場に立って、十分な説明と相互理解のもとに医療を行う。
  2. 豊かな人間性と温かい人柄に自らを育成すべく、常に倫理観を磨き、教養を積むことに努力する。
  3. 自らの能力の限界を自覚し、謙虚に他者と協力し、患者のために最善の医療を実践する。
  4. 常に最新の知識・技術を学び、自信を持って国際的に最も質の高い医療を提供するよう心掛ける。
  5. 医療における課題を自ら解決する意欲と探求心を持ち、医学・医療の進歩・発展に貢献する研究的思考と強靭な意思を持ち続ける。
  6. 医療に従事する様々な職種の人々と尊敬の念を持って接し、互いに協力し合い、必要とされる指導的役割を果たすよう、統合力を身につける。
  7. 社会的視野を持ち、健康の保持・増進、疾病の予防から社会復帰、さらに社会福祉に至る保健・医療全般に責任を有することを自覚し、地域の保健・医療に貢献する。

医学部のカリキュラム・ポリシー

 入学生が、「埼玉医科大学の期待する医療人像」を目指して絶えず自己研鑽を続ける態度を身につけて、誇りをもって保健・医療・福祉を実践し、その発展にも寄与するために必要な基本的能力を身につけて卒業できるように、以下の知識と概念、技能、態度を育成する6年一貫統合カリキュラムを用意しています。

  1. 自己を律し、自ら成長し続けることができる成熟した人格形成を促すカリキュラム
  2. 医学の基礎となる知識と概念を修得するリベラルアーツを含むカリキュラム
  3. 医学に関する知識の修得と概念を理解するカリキュラム
  4. 医学を実践する力を養成するカリキュラム
  5. 質の高い医療を社会で実践するための態度と技能を養成するカリキュラム
  6. 高度な医学・医療を目指して前進し続ける意欲と意志力を養成するカリキュラム

上記各項目の具体的な内容は以下のとおりです。

  1. 自己を律し、自ら成長し続けることができる成熟した人格形成を促すカリキュラム
    • 人格の陶冶、リーダーシップの醸成、他者の尊重と共感・協調、などを促す課外活動や社会活動の支援
    • 行動をより良く変えていく意志、および常に前進と向上を目指す態度の涵養
    • 幅広い教養と健全な批判精神の涵養
    • 患者および家族の医学的・社会的な問題の理解と解決に必要な知識と技能の修得
  2. 医学の基礎となる知識と概念を修得するリベラルアーツを含むカリキュラム
    • 生命科学・医学を修得するのに必要な自然科学、数学、リテラシー(日本語・英語・コンピュータ)の修得
    • 生物学全般に共通する細胞生物学の知識の修得と理解
  3. 医学に関する知識の修得と概念を理解するカリキュラム
    • 正常な人体の構造と機能に関する知識の修得と概念の理解
    • 病態生理学に基づく疾患概念の理解
    • 疾患の診断、治療に関する知識の修得と概念の理解
  4. 実地臨床の場で医学を実践する力を養成するカリキュラム
    • 実際の臨床の場での、面接、診察、検査、診断、治療に関する基本的な能力の修得
  5. 質の高い医療を社会で実践するための態度と技能を養成するカリキュラム
    • 医療に関する社会制度および法令等に関する知識の修得と概念の理解
  6. 高度な医学・医療を目指して前進し続ける意欲と意志力を養成するカリキュラム
    • 生命科学および医学に関する先端的な知識の修得と概念の理解

医学部のアドミッション・ポリシー

 医学部の教育目標は「すぐれた臨床医の育成」です。建学の理念、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に示す教育目標に則り、6年一貫・統合教育を基盤とした特色ある教育システムを通じて、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)に示すすぐれた臨床医の育成を目指しています。これらのポリシーにしたがって学習することができる学生を受け入れるために、以下のような受験生を求めます。

  1. 自ら求めて学び、医学・医療を通じて社会に貢献する意欲と情熱のある人
  2. 調和のとれた豊かな人間性と偏らない判断力を備えた人
  3. コミュニケーション能力に富み、他者を尊重し、他者の立場で考え、協調して行動できる人
  4. 医学を修得するのに必要な基礎学力と問題解決能力のある人

上記各項目の具体的な内容は以下のとおりです。

  1. 自ら求めて学び、医学・医療を通じて社会に貢献する意欲と情熱のある人
    • これまでの生活体験で、医学を学ぶにふさわしい人格と体力を備えている自信のある人
    • 医学を目指す、明確で具体的な動機と、学習に臨む目標および具体的方針をもつ人
  2. 調和のとれた豊かな人間性と偏らない判断力を備えた人
    • 家庭や地域等で豊かな交流経験をもつ人
    • さまざまな分野における豊富な読書量のある人
    • 社会、経済、地理、歴史、文学、等に関する豊かな知識と概念をもつ人
  3. コミュニケーション能力に富み、他者を尊重し、他者の立場で考え、協調して行動できる人
    • 課外活動、社会活動等における豊富な人間関係の経験のある人
    • 人の話を理解し、自己の感情と考えを他者に理解してもらう力のある人
    • 人の心の動きを察したり、自分とは異なる思想・信条を受容できる人
  4. 医学を修得するのに必要な基礎学力と問題解決能力のある人
    • 自然科学(物理学、化学、生物学、等)、数学(統計学等)、日本語(語彙、読解力、作文力)、英語(語彙、読解力、作文力:辞書があれば一般的な内容の新聞等を読んで理解できる)に関して基礎的な学力を有する人
    • 学校外での創造的活動や社会的活動について豊富な経験と実績をもつ人

ページトップへ戻る