学部案内

学生サポート

  • 相談窓口・学習環境設備
  • 教育施設
  • 奨学金制度

一人ひとりのニーズに応える

学生健康推進室

学生健康推進室は、学生生活の一番の基礎を健康と考え、学生の健康推進と医師を志す者として自らの健康を守るといった意識の啓発、指導を行っています。具体的な活動としては、全学年を対象とした定期健康診断(年1回)や予防接種の実施、日常の外傷や軽度な内科的疾患への対応、健康相談などがあります。また、スクールカウンセラーや精神科医による心の相談室で、心身の健康をサポートしています。

ハラスメント相談窓口

学生課にハラスメント相談窓口を設けています。ここに申告された問題はハラスメント小委員会で検討され、改善の必要ありと決定された場合は、改善策が講じられます。


情報技術支援推進センター

情報技術支援推進センターでは、充実したコンピュータやネットワーク環境を用意することで、全学生のICTを活用した学習をサポートしています。本学は、学生数に対する設置コンピュータ台数の比率が高く、また順次導入が進んでいる無線LANや、個々のIDとパスワードを入力することで、学内のどのコンピュータでも自分のデスクトップとして使用できる環境も用意されています。情報技術支援推進センターは、これまでに築いてきたこうしたベースをさらに発展させ、今後もよりよい情報環境の整備を進めていきます。

アドバイザー制度

全在学生を学年ごとに5~7名程度のグループに分け、各々に1名のアドバイザー(教員)を置いています。この制度は、「担当教員と学生の心の交流」を目指して設けられました。アドバイザーが個々の学生の学業、生活、健康など、あらゆる相談事を受け、アドバイスを行うものです。またこのグループは学生同士や学生とアドバイザーの親睦の場としても活用されています。普段教室ではうかがい知れない教員の人柄に触れ、同じ医療の道を志した経験豊かな先輩からいろいろ学ぶことができます。

学生支援室がサポートします。

教授学生支援室では、アドバイザー制度や各学年の担当教員を通して、学生のサポートを行っています。学業やメンタル面も含めた健康管理など、つねに学生に寄り添いながら支援していきます。

学生の保険

医学生団体定期保険として、通学途中、クラブ活動中を含めた総合補償制度の保険に加入しています。他に、日本国際教育支援協会の学生教育研究災害傷害保険にも加入しています。

食費補助

食堂、レストラン、売店等の各施設で利用できる、プリベイドカードおよび補助券を発行し、学生の福利厚生を支援しています。

アパート斡旋

地元毛呂山町の家主を中心にした埼玉医科大学家主会の協力により、本学の学生の入居斡旋をしています。部屋の安全対策や生活相談といった間接的な支援も行っています。

毛呂山キャンパス

15号館オルコスホール
●15号館オルコスホール
実験や演習を除くほとんどの授業はここで行います。地上4階建て、最大収容人数150名の可変式教室を7つ完備。最新のIT環境を備え、無線LANはもちろん、講義の映像を自動的に収録する「講義収録・配信システム」や学生と教員が双方向性の講義を行えるレスポンス・アナライザーにも対応しています。さらに採光性に優れた建築デザインが、快適で充実した学習環境を実現。授業で使用していないときは、2つの講義室が自習スペースとして開放されています。
16号館落合ホール
●16号館落合ホール
2013年に新しく完成した16号館落合ホール」は、自習スペースとロッカー室を備えた学生ホールです。1階と2階で合計約340名が自習を行うことができます。授業を行う15号館オルコスホールや図書館のすぐ近くなのでとても便利。地下のロッカー室にはシャワールームやドレッサーもあり、臨床実習の後などに汗を流すことができます。学生会室や多目的に使える部屋も備えています。
附属図書館
●附属図書館
卒前・卒後の各段階で必要となる国内外の医学と関連領域の図書を収集(蔵書冊数25万冊)。文献データベースや電子ジャーナルも学内LANで利用できます。
9号館
●9号館
シミュレーターで手技の練習などが行えるスキルスラボやゼミ室があります。1階にはハンバーガーショップがあり、校舎の前は公園になっています。

日高キャンパス

テレサホール(日高キャンパス)
●テレサホール(日高キャンパス)
吹き抜けの開放的な空間が特徴のカフェテリアです。周囲には水鳥が訪れる池があり、国際医療センターを訪れる患者さんはもちろん、職員、医学部や保健医療学部の学生にとっても憩いのスペースになっています。
創立30周年記念講堂(日高キャンパス)
●創立30周年記念講堂
本学の創立30周年記念事業のひとつとして、平成18年3月に建設された。約600名を収容できるホールと約300名を収容できる講堂を完備している。

4つの奨学金制度でキャリアづくりを支援する

  1. 専門医資格と博士号を「社会人大学院制度」で

    これからは大学教育と共に大学院教育が、本学の教育目標である「すぐれた臨床医の育成」に欠かせないものであると考えて、これまで幾多の大学院改革を行ってきました。その中で、もっとも注目すべきことは「社会人大学院制度」を設けたことでしょう。

    「社会人大学院制度」とは、その名のとおり、日常は本来の仕事をしながら、勤務時間外に大学院の講義を受講したり、研究することが可能な制度です。これまでのように、臨床を選ぶか、大学院生として研究をするか、といった二者択一を迫られることもなく、たとえば、医師として働きながら専門医資格を取得し、併せて、学位を取って博士になることもできます。

  2. 効率よく研究ができる支援体制づくり

    仕事をしながら大学院生として研究を続けるためには、効率よく研究ができるような支援体制が必要になります。そのために、たとえばe-learningのように、いつどこからでもアクセスでき、好きな時間に講義を選んで受講できる方式や、通学に便の良い本学の川越ビルで受講できたり、指導を受けることも可能な仕組みをつくります。

    大学院では基礎研究だけでなく、臨床研究を推進します。そのために基礎医学教室やゲノム医学研究センターなどが大学院生の研究を支援する体制を構築したり、研究を推進するために大学が学内グランドも交付します。一方、最近、国が主導して行っているプロジェクトとして、本学には筑波大学を始めとする7大学と連携した「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」や、慶礁義塾大学、群馬大学等との大学連携に基づく「大学病院連携事業」がありますが、このようなプロジェクトに加わることによって、効率よく専門医と学位の双方が共に取れるような仕組みも完成しています。

  3. 本学卒業生は大学院入学金を免除
     
  4. 大学入学試験の一部は3年生から受験可(受験料無料)
     
  5. 地域に根付いた医師を養成する3つの奨学金制度

    地域医療の崩壊を防ぎ、診療科の偏在を是正するためには、大学と地域医療の連携を推進する必要があります。その一つの手段として、地域に根付いた医師の養成を目的としたのが奨学金制度です。 本学には、以下のような3種類の奨学金制度が整備されています。

    後期研修医研修資金貸与制度
    後期臨床研修医を対象とし、埼玉県が行う制度で、総合周産期母子医療センターの産科医、または小児科医として後期研修を受講し、これを終了した後、埼玉県内の医療機関において産科医または小児科医として勤務することが確実な者が対象です。月額20万円を最大3年間支給されます。さらに研修終了後、県内の医療機関において産科医または小児科医として貸与期間の1.5倍の期間を勤務した場合は、返還が免除されることになっています(図1)。図1 後期研修医研修資金貸与制度

    埼玉県地域枠医学生奨学金貸与事業
    平成23年度入学生から地域枠として定員が10名増員となったことに関係して埼玉県が設けた奨学金制度です。毎年新入生10名に対し、卒業後に埼玉県内の、本学が指定する地域医療機関で勤務することが確実な学生に月額20万円を6年間にわたって支給するものです。卒業後、県内の指定医 療機関で受給期間の1.5倍(9年間)勤務すれば返還は免除されます(図2)。図2 埼玉県地域枠医学生奨学金貸与事業

    埼玉医科大学医学部地域医療奨学金貸与制度
    埼玉医科大学が主体となって行うもので、各学年10名に対し、月額5万円を支給します。対象は、本学医学部学生で卒業後も本学に属する3病院、 または本学が指定する地域医療機関で臨床研修を積み、修了後も継続して本学指定の医療機関で勤務する意思のある者です。また、卒業後、本学の3病院、もしくは本学が指定する医療機関において臨床研修を積み、修了後も本学指定の医療機関で勤務した場合、本学大学院の期間も含めて、返還免除期間に算定されます(図3)。図3 埼玉医科大学医学部地域医療奨学金貸与制度

  6. すぐれた臨床医となり、さらなるキャリアアップを

    すぐれた臨床医となるためには、卒前教育において十分な基礎学力を身につけ、卒後の研修により高い臨床技術を習得し、それを生涯学習へとつないでいく不断の学習が必要です。
    また同時に、研究的な視点を持った臨床能力や共に学ぶ教育的視点を持つことと、生涯を通して学び続ける自己啓発的な姿勢も重要です。このような能力、態度、技術を身につけるには大学院で学ぶことが最も効率が良く、効果的です。
    そこで本学では、社会人大学院生として、専門医になるための臨床研修を行い、専門医の資格を取得するとともに専門的な研究に臨み、博士の学位も取ることを推奨しています。
    このようなキャリア・パスを大学として積極的に推進するために、本学の卒業生には大学院の入学金を免除します。
    また、大学院生としての研究期間や埼玉医科大学グループの病院群で研修する期間を奨学金返還の免除年限に組み込みます。
    つまり本学で研修したり、大学院生になることによって、学位専門医資格が取れ、しかも奨学金の返還が免除されるといった仕組みが構築されています。
    今や大学院は、学位を取るためのものではなく、すぐれた臨床医になるために必要不可欠なものとなっています。
    すぐれた臨床医となり、さらなるキャリアアップを実現したいと考えるなら、ぜひ奨学金制度を上手に使ってほしいと思います。

ページトップへ戻る