受験生の方へ

入試試験FAQ

  • 推薦入試についてのFAQ
  • 一般入試についてのFAQ
Q1 推薦入試で合格した場合、辞退することができますか。
A1 できません。
出願の条件に「合格した場合は入学を確約できる者」とありますので、よく考えて出願してください。
Q2 適性検査の内容、配点について教えてください。
A2 問題、配点ともに非公開となっています。適性検査は、各分野とも高校で履修した基本的知識や基礎的応用力が身についているかどうかを総合的に判定することを目的としています。教科書の復習程度は有益と思われますが、特別な受験準備は必要ありません。
Q3 一般公募制と指定校制は選抜の基準が違うのですか。
A3 出願の条件である評定平均値が違うだけで、同じ試験によって判定します。どちらかが有利または不利ということはありません。
Q4 在学している高校が指定校になっているかどうかを知りたいのですが。
A4 指定校は埼玉県内の高校に限定していますが、学校名は非公表です。進路担当の先生にお尋ねください。
Q5 高等学校卒業程度認定試験に合格した者または、大学入学資格検定に合格した者で出願はできますか。
A5 残念ながらできません。出願の資格に「出身高校長が推薦できる者」の項があります。
Q6 外国の高校を卒業(見込み)ですが、出願はできますか。
A6 条件によりますので、入試事務室にお問い合わせください。
Q7 AO入試はありますか。
A7 現在はありません。高等学校長の推薦による推薦入試だけです。
Q1 社会人・学士編入試験はありますか。
A1 現在はありません。いずれも一般の受験生と同じ条件で受験することになります。
Q2 選択科目で有利、不利はありますか。
A2 科目間で有利、不利はありません。出題に当たって、科目間の平均点に大きな差が生じないように配慮しています。
Q3 1次試験科目に基準点(足切り点)はありますか。
A3 現在は、科目毎の基準点(足切り点)を設けていません。総合点で判定します。
Q4 1次試験の合格ラインについて教えてください。
A4 年度によって多少の変動はありますが、最近は70%前後がボーダーラインです。平成28年度については、ホームページの入試データを参照してください。
Q5 小論文の形式や扱いについて教えてください。
A5 他の科目と同じく、小論文もマークシート解答方式です。小論文の得点は1次試験の総合点に含まれます。
Q6 2次試験の合格判定基準について教えてください。
A6 判定基準は非公表ですが、2次試験科目の面接を重視し、1次試験の内容や調査書等に基づいて総合的に判定します。仮に1次試験の成績が上位であっても不合格になることがあります。
Q7 補欠合格はどのように発表されますか。
A7 正規合格者発表と同時に、補欠合格候補者に文書で通知します。補欠の順位については公表しておりませんが、欠員が生じた場合に、繰り上げ合格者へ順次連絡をすることになっています。電話などでのお問い合わせには一切お答えできませんので、御了解ください。
Q8 育英制度や奨学金について教えてください。
A8

以下の五種類の制度が利用できます。

  1. 日本学生支援機構奨学金(旧日本育英会)
  2. 毛呂山会育英会制度(貸与)
    在学中に学費責任者の死亡、病気、災害等により、学費負担に困難が生じたときに、父兄の組織である毛呂山会が、救済措置を講じる制度です。
  3. 埼玉県地域枠医学生奨学金
    埼玉県が、県の地域医療を担う医師を養成するため、埼玉県内の医療機関に一定期間勤務することを返還免除の要件とする奨学貸与金です。
  4. 埼玉医科大学医学部地域医療奨学金
    埼玉医科大学毛呂山会の後援により、地域医療に従事する医師を志す埼玉医科大学医学部の学生のため、大学が指定する医療機関に一定期間勤務することを返還免除の要件とする奨学貸与金です。
  5. 特待生制度(学費減免)
    1. 一般入試合格者成績上位6名(前期3名、後期3名):入学年度の学費を300万円減免します。
    2. 2年生以上各学年成績上位者3名:次年度の学費を100万円減免します。
Q9 入学を辞退した場合、学費は返還されますか。
A9 入学手続き終了後平成29年3月31日17:00までに入学辞退を申し出て手続きをとれば、入学金を除く学納金は返還されます。

ページトップへ戻る