当センターの2011年の業績

著書:

  1. 永田真.リモデリング機序についての最新の知見.2010年における気管支喘息のすべて.秋山一男他、ライフサイエンス出版(東京)、2011; pp63‐67.
  2. 永田真.アレルギー疾患最近の動向.今日の治療指針.医学書院(東京)、2011.pp702-704
  3. 永田真.トリコフィトンの職業性暴露による気道アレルギー.中村晋他監修「職業アレルギー」永井書店(東京) 2011:pp130-131
  4. 徳山研一.序文.ニューロペプタイド研究会編集(責任編集:徳山研一):こどもの咳嗽診療ガイドブック、診断と治療社(東京)、2011; pp C
  5. 徳山研一.診断のポイント.ニューロペプタイド研究会編集(責任編集:徳山研一):こどもの咳嗽診療ガイドブック、診断と治療社(東京)、2011; pp 16-18
  6. 徳山研一.遷延する咳嗽(慢性咳嗽).ニューロペプタイド研究会編集(責任編集:徳山研一):こどもの咳嗽診療ガイドブック、診断と治療社(東京)、2011; pp 99-104
  7. 徳山研一.鼻汁過多により、百日咳様症状を呈した1乳児例.ニューロペプタイド研究会編集(責任編集:徳山研一):こどもの咳嗽診療ガイドブック、診断と治療社(東京)、2011; pp 43
  8. 徳山研一.今後の課題.ニューロペプタイド研究会編集(責任編集:徳山研一):こどもの咳嗽診療ガイドブック、診断と治療社(東京)、2011; pp 166-167

原著論文:

  1. Nakano, K., Yamaoka, K., Hanami, K., Saito, K., Sasaguri, Y., Yanagihara, N., Tanaka, S., Katsuki, I., Matsushita, S and Tanaka Y. Dopamine Induces IL-6_Dependent IL-17 Production via D1-Like Receptor on CD4 Naive T Cells and D1-Like Receptor Antagonist SCH-23390 Inhibits Cartilage Destruction in a Human Rheumatoid Arthritis/SCID Mouse Chimera Model. J. Immunol., 186:3745-3752, 2011.
  2. Nakashioya, H., Nakano, K., Watanabe, N., Miyasaka, N., Matsushita, S., Kohsaka, H. Therapeutic effect of D1-like dopamine receptor antagonist on collagen-induced arthritis of mice. Modern Rheumatol.21:260-266, 2011.
  3. Matsushita, S., Takagi, R., Hashimoto, K., Higashi, T. Qualitative evaluation of adjuvant activities and its application to Th2/17 diseases. Int. Arch. Allergy Immunol. 155(suppl. 1): 2-5, 2011
  4. Nakagome, K., Matsushita, S., Nagata, M. Neutrophilic inflammation in severe asthma. Int. Arch. Allergy Immunol.2012;158:96-102.
  5. Higashi, T., Shimojo, N., Suzuki, S., Nakaya, M., Takagi, R., Hashimoto, K., Nakagome, K., Nakamura, K., Kohno, Y. and Matsushita, S. Coenzyme A contained in mothers’ milk is associated with the potential to induce atopic dermatitis. Int. Immunol. 23:741-749, 2011
  6. Mori T, Saito K, Ohki Y, Arakawa H, Tominaga M, Tokuyama K. Lack of transient receptor potential vanilloid-1 (TRPV1) enhances Th2-biased immune response of the airways in mice receiving intranasal, but not intraperitoneal, sensitization. Int Arch Allergy Immunol. Int Arch Allergy Immunol. 2011 Jun 29;156(3):305-312.
  7. Takaku Y, Nakagome K, Kobayashi T, Hagiwara K, Kanazawa M, Nagata M. IFN-γ-inducible protein of 10 kDa upregulates the effector functions of eosinophils through β2 integrin and CXCR3. Respir Res. 2011;12:138.
  8. Nakagome K, Imamura M, Kawahata K, Harada H, Okunishi K, Matsumoto T, Sasaki O, Tanaka R, Kano MR, Chang H, Hanawa H, Miyazaki J, Yamamoto K, Dohi M. High expression of IL-22 suppresses Ag-induced immune responses and eosinophilic airway inflammation via an IL-10-associated mechanism. J. Immunol. 2011;187;5077-5089.
  9. Nakagome K, Imamura M, Okada H, Kawahata K, Inoue T, Hashimoto K, Harada H, Higashi T, Takagi R, Nakano K, Hagiwara K, Kanazawa M, Dohi M, Nagata M, Matsushita S. Dopamine D1-like receptor antagonist attenuates Th17-mediated immune response and ovalbumin antigen-induced neutrophilic airway inflammation. J Immunol. 2011;186:5975-5982.
  10. 徳山研一, 荒川浩一, 乾宏行, 河野美幸, 小山晴美, 佐藤哲, 重田誠、重田政樹、高見暁、戸所誠、中嶋直樹、西村秀子、萩原里実、前田昇三、村松礼子、水野隆久、望月博之、森川昭廣. 群馬県における気管支喘息児および保護者のQOLの実態―2001年から2008年にかけての変遷―.日本小児アレルギー学会誌2011; 25: 682-691.
  11. 星理恵, 中込一之, 青木洋敏, 高久洋太郎, 山口剛史, 杣知行, 西原冬実, 小宮山謙一郎, 萩原弘一, 金澤實, 永田真. トリコフィトンの職業性曝露が増悪の原因と考えられた気管支喘息の1例.アレルギー2011; 60: 207-213.
  12. 中込一之, 永田真. トリコフィトンの職業性曝露が増悪の原因と考えられた咳喘息の一例. International Review of Asthma & COPD 2011; 13: 27-30.

英文総説:

  1. Nakagome K & Nagata M.. Pathogenesis of airway inflammation in bronchial asthma. Auris Nasus Larynx. 2010; 38: 555-563

総説:

  1. 松下 祥:アジュバント活性の多様性。漢方と免疫・アレルギー, 138-165.
  2. 東 丈裕、松下 祥:母乳のアジュバント活性。臨床免疫・アレルギー科, 印刷中
  3. 徳山研一. 神経ペプチドとアレルギー. 第1回 気管支喘息における神経原性炎症. 喘息 2011; 24: 101-104.
  4. 徳山研一. 神経ペプチドとアレルギー. 第2回 気管支喘息における抑制性神経系(i-NANC)の役割. 喘息 2011; 24: 210-213
  5. 徳山研一:新たな治療ターゲットとしての血管透過性亢進反応.アレルギーと神経ペプチド7:14−15, 2011
  6. 森 哲哉 徳山研一:アレルギー性気道炎症の進展に対するTRPV1による制御.アレルギーと神経ペプチド7:37−41, 2011 
  7. 徳山研一. 乳幼児喘息の診断上の課題. アレルギーの臨床 2011; 31:951-954
  8. 徳山研一:慢性肺疾患と気管支喘息.周産期医学41(5):645−648, 2011.5
  9. 徳山研一:小児アレルギー疾患.第39回日本アレルギー学会専門医教育セミナー(2011.5.15. 千葉)・テキスト14−18, 2011.5月
  10. 盛田英司、徳山研一. 若年者に多い咳. 診断と治療 99; (12):2017-2022, 2011
  11. 永田真. 環境アレルゲンと“One Airway One Disease”. 日本職業・環境アレルギー学会雑誌 2011; 18: 11-15.
  12. 中込一之, 永田真.アレルギー性気管支肺アスペルギルス症・好酸球性肺炎. アレルギー2011; 60: 156-166.
  13. 川島彬子, 永田真. 鼻炎合併患者の喘息治療における病診・診診連携. 鼻アレルギーフロンティア 2011;11: 42-47.
  14. 中込一之, 永田真. 喘息治療における免疫療法の現状と方向性. 喘息2011; 24: 47-52.
  15. 中込一之, 永田真. 最新のガイドラインからみた喘息薬物療法. 医学のあゆみ2011; 239(4): 253-257.
  16. 小宮山謙一郎, 永田真. 吸入ステロイド, β2刺激薬(アドレナリンを含む), 抗コリン薬. 診断と治療 2011; 99: 333-336.
  17. 永田真.運動誘発性喘息の予防薬―エディターズコメント―. 喘息 2011; 24: 225-225.
  18. 西原冬実、永田真. 内科における皮下アレルゲン免疫療法.アレルギー・免疫 2011;6:14−20
  19. 三尾友彦、永田真. アレルゲン免疫療法.アレルギーの臨床 2010;12:43−48
  20. 西原冬実、永田真. 重症喘息における炎症病態. 臨床免疫・アレルギー科 2011;2:181−186
  21. 三尾友彦、中込一之、永田真. 重症喘息治療における工夫.アレルギーの臨床 2011;8:39−43
  22. 西原冬実、中込一之、永田真.アレルゲン免疫療法の現在.内科2011;108:481‐484
  23. 中込一之、永田真. 埼玉医科大学アレルギーセンターでのアレルギー研修.IgE practice in asthma. 2011; 1:23-26
  24. 中込一之、永田真. 喘息からみた鼻・副鼻腔病変.アレルギー・免疫.2011;11:28-35
  25. 永田真.アレルギー疾患の診断と治療の方向性.アレルギーの臨床 2011;12:13
  26. 永田真.軽症持続型喘息で配合剤を用いるか? 喘息 2011; 2:118
  27. 内田義孝、永田真. 喘息治療薬の適応の判断.日本医事新報 2011;4536:52−53
  28. 加賀亜希子、永田真.シムビコートの特色と使用法.アレルギー・免疫 2011;5:60−65

アレセン紹介:

  1. 中込一之、永田真.埼玉医科大学アレルギーセンターでのアレルギー研修. IgE practice in asthma 2011; 5: 23-26.

座談会記録:

  1. 岡本美孝, 徳山研一, 吉原重美. 小児アレルギー疾患の最近の話題. 鼻アレルギーフロンティア 2011; 11: 79-87
  2. 永田真, 寺田明彦, 和田弘太, 小林威仁. Mayo Clinicでの生活と研究. 喘息 2011; 24: 79-86.
  3. 井大哉、浅野浩一郎、長瀬洋之、中込一之. 気管支喘息診療と課題. 内科2011; 108

学会・学術集会招待演者:

  1. 徳山研一. 小児アレルギー疾患. 第39回日本アレルギー学会春季学術大会・専門医教育セミナー2011年5月15日 千葉
  2. 徳山研一. 診断アプローチ. 第44回日本小児呼吸器疾患学会シンポジウム2011年10月15- 16日 宇都宮
  3. 徳山研一. 第19回ニューロペプタイド研究会企画“子どもの咳嗽”.はじめに. 第48回日本小児アレルギー学会シンポジウム 2011年10月28- 30日  福岡
  4. 徳山研一. 小児気管支喘息におけるICS治療導入の意義とそのタイミング. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会イブニングシンポジウム2011年11月10-12日 東京都.
  5. 松下祥. 母乳中Coenzyme AのTh2アジュバント活性とアトピー性皮膚炎. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会イブニングシンポジウム2011年11月11日 東京
  6. 中込一之,永田真.喘息の末梢気道病変は本当に重要か?第51回日本呼吸器学会ランチョン・セミナー. 2011年4月23日東京都.
  7. 中込一之,永田真.炎症細胞. 第51回日本呼吸器学会シンポジウム 難治性喘息の病態2011年4月22日東京都.
  8. 中込一之, 永田真, 高久洋太郎. 重症喘息の気道炎症病態と治療の可能性. 第23回日本アレルギー学会春季学術大会シンポジウム2011年5月14日 千葉
  9. 中込一之、永田真.アレルゲン免疫療法の現状と近未来の展望.第23回日本アレルギー学会春季臨床大会ランチョンセミナー2011年5月14日 千葉
  10. 中込一之, 永田真.喘息. 第23回日本アレルギー学会春季学術大会シンポジウム2011年5月14日 千葉
  11. 永田真, 高久洋太郎. 炎症病態からみた重症喘息と抗IgE抗体の意義. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会イブニングシンポジウム2011年11月11日 東京都.
  12. 永田真.アレルゲン免疫療法の再考. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会教育講演2011年11月11日 東京都.

学会発表(一般演題):

  1. Nakagome K, Okada H, Imamura M, Kawahata K, Inoue T, Hashimoto K, Nishihara F, Harada H, Takaku Y, Kobayashi T, Komiyama K, Yamaguchi T, Soma T, Dohi M, Nagata M, Matsushita S. Dopamine D1-like Receptor Antagonist Attenuates TH17-mediated Immune Response and Ovalbumin-antigen Induced Neutrophilic Airway Inflammation. AAAAI 2011 Annual Meeting. 2011.3
  2. Takaku Y, Nakagome K, Kobayashi T, Nishihara F, Soma T, Hagiwara K, Kanazawa M, Nagata M. Inflammatory Mediators In Exhaled Breath Condensate From Asthmatic Patients AAAAI 2011 Annual Meeting. 2011.3
  3. Mori T, Saito K, Ohki Y, Arakawa H, Tominaga M, Tokuyama K. Lack of TRPV1 enhamces Th2-biased immune responses of the airways in mice receiving intranasal sensitization. Asia Pacific Association of Pediatric Allergy, Respirology and Immunology: Oct 28-30, Fukuoka, Japan
  4. Soma T, Kobayashi T, Seno S, Kita H. Extracellular Release of Endogenous ATP Mediates Eosinophil Recognition of Fungal Products and Degranulation Response AAAAI 2012 Annual Meeting. 2012.3.4, Orland, USA.
  5. Sho Matsushita, Naoki Shimojo, Rie Takagi, Yoichi Kohno and Takehiro Higashi Coenzyme A contained in mothers’ milk is associated with the potential to induce atopic dermatitis. Pediatric Allergy and Asthma Meeting 2011, Barcelona, October 14, 2011
  6. Takehiro Higashi, Naoki Shimojo, Shuichi Suzuki, Mayuko Nakaya, Rie Takagi, Kumiko Hashimoto, Junichi Tsukada, Koichiro Nakamura, Kazuyuki Nakagome Yoichi Kohno and Sho Matsushita. Coenzyme A contained in mothers’ milk is associated with the potential to induce atopic dermatitis. 53rd ASH annual meeting, San Diego, December 10-13, 2011 XXII
  7. Nishihara F, Takaku Y, Nakagome K,Kobayashi T, Nagata M. Omalizumab Improves Asthma but Not Nasal Symptoms in Japanese Patients with Severe Allergic Asthma and Rhinitis. World Allergy Congress. 2011.12.7 Cancun Mexico
  8. Kawashima A , Nishihara F, Kobayashi T, Nakagome K , Nagata M. Effect of Formoterol on Eosinophil Trans-Basement Membrane Migration Induced by Interleukin-8- stimulated Neutrophils. World Allergy Congress. 2011.12.7 Cancun Mexico
  9. Kazuyuki Nakagome, Mitsuru Imamura, Kimoto Kawahata, Kumiko Hashimoto, Takehiro Higashi, Rie Takagi, Makoto Dohi, and Sho Matsushita. Dopamine D1-like receptor antagonist attenuates Th17-mediated immune response and ovalbumin-antigen induced neutrophilic airway inflammation. ドーパミンD1受容体拮抗薬は、Th17型免疫応答を抑制することで、OVA惹起好中球性気道炎症を抑制する。第40回日本免疫学会 平成23年11月28日 幕張メッセ
  10. 板野篤志, 古賀健史, 植田穣, 盛田英司, 徳山研一. 授乳指導, 増粘剤使用が奏効し, 胃食道逆流症 (GERD) の関与が疑われた難治性喘鳴の2乳児例. 第44回日本小児呼吸器疾患学会2011年10月15- 16日 宇都宮
  11. 植田穣, 古賀健史, 板野篤志, 盛田英司, 徳山研一. 過去1年間の当院における慢性咳嗽小児例の検討. 第44回日本小児呼吸器疾患学会2011年10月15- 16日 宇都宮
  12. 森哲哉, 斎藤克代, 大木康史, 荒川浩一, 徳山研一.TRPV1欠損喘息モデルマウスでは経気道的感作によりTh2型免疫応答が増強する. 第44回日本小児呼吸器疾患学会2011年10月15- 16日 宇都宮
  13. 盛田英司, 徳山研一, 安田正. 乳児用JPACを用いた乳幼児気管支喘息のQOLの実態調査. 第48回日本小児アレルギー学会2011年10月28- 30日 福岡
  14. 古賀健史、板野篤史、盛田英司、植田 穣、徳山研一. 小児気管支喘息発作時のModified Pulmonary Index Score(mPI score)測定の有用性. 第48回日本小児アレルギー学会2011年10月28- 30日 福岡 
  15. 板野 篤志、古賀 健史、盛田 英司、植田 穣、小林 要介、中野 裕史、徳山研一. 食物負荷試験による症状誘発の有無とヒスタミン遊離試験(HRT)との関連について.第48回日本小児アレルギー学会2011年10月28- 30日 福岡
  16. 徳山研一, 斎藤克代, 森哲哉. モンテルカストによる治療的早期介入はダニ感作乳児喘息モデルマウスの好酸球性気道炎症を抑制する. 第48回日本小児アレルギー学会2011年10月28- 30日 福岡
  17. 森哲哉, 斎藤克代, 徳山研一. 乳児喘息モデルマウスにおいてモンテルカストの治療的早期介入効果には雌雄差が認められる. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会2011年11月10-12日 東京都.
  18. 徳山研一, 荒川浩一, 亀田誠, 増田敬, 山口公, 濱崎雄平. 思春期喘息児におけるアドヒアランスの実態についての多施設調査. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会2011年11月10-12日 東京都.
  19. 中込一之, 土肥眞, 奥西勝秀, 今村充, 原田広顕, 松本拓, 佐々木欧, 田中良一, 西原冬実, 小宮山謙一郎, 小林威仁, 高久洋太郎, 永田真, 山本一彦. IL-22は, 抗原特異的免疫応答及びアレルギー性気道炎症を, IL-10を介した機序で抑制する第51回日本呼吸器学会2011年4月22日東京都..
  20. 中込一之, 橋本久美子, 今村充, 原田広顕, 西原冬実, 小宮山謙一郎, 小林威仁, 高久洋太郎, 金澤實, 萩原弘一, 土肥眞, 永田真, 松下祥.ドーパミンD1受容体拮抗薬は, Th17型免疫応答を制御することで, OVA惹起好中球性気道炎症を抑制する. 第51回日本呼吸器学会2011年4月22日東京都.
  21. 中込一之, 西原冬実, 小宮山謙一郎, 小林威仁, 高久洋太郎, 山口剛史, 杣知行, 金澤實, 萩原弘一, 坂本芳雄, 永田真. 急性好酸球性肺炎の気管支肺胞洗浄液は, 好酸球の血管内皮細胞間隙遊走反応を誘導する. 第51回日本呼吸器学会2011年4月22日東京都.
  22. 高久洋太郎, 西原冬実, 中込一之, 小林威仁, 杣知行, 萩原弘一, 金澤實, 永田真.重症アレルギー性喘息に対する抗IgE抗体療法の臨床的検討. 第51回日本呼吸器学会2011年4月22日東京都.
  23. 小林威仁, 紀太博仁, 高久洋太郎, 西原冬実, 中込一之, 萩原弘一, 金澤實, 永田真. Staphylococcus aureusおよびAlternariaは好酸球の活性化を誘導する. 第51回日本呼吸器学会2011年4月22日東京都.
  24. 西原冬実, 小林威仁, 高久洋太郎, 中込一之, 萩原弘一, 金澤實, 永田真. Lipopolysaccharide(LPS)刺激好中球による好酸球基底膜通過の誘導. 第51回日本呼吸器学会2011年4月22日東京都.
  25. 中込一之, 高久洋太郎, 西原冬実, 小宮山謙一郎, 小林威仁, 中嶋正人, 善浪弘善, 加瀬康弘, 永田真. 好酸球性副鼻腔炎・中耳炎に好酸球性細気管支炎・肺炎を合併したと考えられた1例. 第23回日本アレルギー学会春季学術大会2011年5月14日 千葉
  26. 小宮山謙一郎, 中込一之, 増本愛, 西原冬実, 高久洋太郎, 萩原弘一, 金澤實, 永田真. アレルギー患者における迅速特異的IgE抗体測定(イムノキャップラピッド)とプリックテストの比較検討. 第23回日本アレルギー学会春季学術大会2011年5月14日 千葉
  27. 山口正雄, 長瀬洋之, 倉持美知雄, 田下浩之, 新井秀宜, 一ノ瀬正和, 足立満, 相澤久道, 棟方充, 永田真, 大田健. 気管支喘息患者に対する効果的指導に影響する因子の解析およびコントロール評価法の検討. 第23回日本アレルギー学会春季学術大会2011年5月14日 千葉
  28. 川島彬子, 西原冬実, 小林威仁, 高久洋太郎, 中込一之, 萩原弘一, 金澤實, 永田真. IL-8刺激好中球による好酸球基底膜遊走反応におよぼすformoterolの効果. 第23回日本アレルギー学会春季学術大会2011年5月14日 千葉
  29. 高久洋太郎, 中込一之, 小林威仁, 西原冬実, 山口剛史, 杣知行, 萩原弘一, 金澤實, 永田真. 患者教育・指導が喘息気道のCXCR3リガンド濃度に与える影響. 第23回日本アレルギー学会春季学術大会2011年5月14日 千葉
  30. 小林威仁, 高久洋太郎, 杣知行, 中込一之, 西原冬実, ,萩原弘一, 金澤實, 須甲松信, 永田真. ユビキタス・インターネットによる患者診療情報登録システムを用いた気管支喘息患者治療成績の検討. 第23回日本アレルギー学会春季学術大会2011年5月15日 千葉
  31. 中込一之, 今村充, 岡田浩一, 川畑仁人, 井上勉, 橋本久美子, 原田広顕, 東丈裕, 高木理英, 金澤實, 萩原弘一, 土肥眞, 永田真, 松下祥. ドーパミンD1受容体拮抗薬は, Th17型免疫応答を制御することで, OVA惹起好中球性気道炎症を抑制する. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会2011年11月10-12日 東京都.
  32. 中込一之、今村充、岡田浩一、川畑仁人、井上勉、橋本久美子、原田広顕、東丈裕、高木理英、金澤實、萩原弘一、土肥眞、永田真、松下祥. ドーパミンD1受容体拮抗薬は、Th17型免疫応答を制御することで、OVA惹起好中球性気道炎症を抑制する。第40回日本免疫学会学術集会 2011年11月27日幕張市
  33. 善浪弘善, 篠上雅信, 中西わか子, 池園哲郎, 加瀬康弘, 永田真. 慢性副鼻腔炎と下気道病変の関連性の検討-呼気NOと呼吸機能検査を用いて-. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会2011年11月10-12日 東京都.
  34. 善浪弘善, 仲田拡人, 中嶋正人, 柴崎修, 和田伊佐雄, 篠上雅信, 中西わか子, 加瀬康弘, 永田真. 慢性鼻副鼻腔炎患者における呼気NO, 呼吸機能検査の検討. 第112回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2011年5月19日〜21 京都

全国規模学術集会発表:

  1. 増本愛, 小宮山謙一郎, 高久洋太郎, 中込一之, 西原冬実, 小林威仁, 杣知行, 萩原弘一, 金澤實, 永田真.迅速特異的IgE抗体測定(Immuno CAP Raid)とプリックテストの比較検討.第68回臨床アレルギー研究会.2011年11月26日東京都
  2. 中込一之、今村充、岡田浩一、川畑仁人、井上勉、橋本久美子、原田広顕、西原冬実、小宮山謙一郎、小林威仁、高久洋太郎、東丈裕、高木理英、金澤實、萩原弘一、土肥眞、永田真、松下祥. ドーパミンD1受容体拮抗薬は、Th17型免疫応答を制御することで、OVA惹起好中球性気道炎症を抑制する。アレルギー・好酸球研究会2011. 2011年6月18日東京都
  3. 中込一之、高久洋太郎、西原冬実、小宮山謙一郎、小林威仁、中嶋正人、善浪弘善、加瀬康弘、永田真.好酸球性副鼻腔炎・中耳炎に好酸球性細気管支炎・肺炎を合併したと考えられた1例。第67回臨床アレルギー研究会2011年7月23日東京都

講演活動:

  1. 松下 祥. 「アジュバント活性の多様性の解析とその応用」. 日本食品免疫学会(JAFI) 第4回講演会「神経・免疫・食品」. 平成23年6月3日 東京大学 弥生講堂 14:30〜20:00
  2. Sho Matsushita. Coenzyme A in Mother’s Milk & Atopic Dermatitis : Author Interview. DermatologistsBlog.com  NOVEMBER 15, 2011
  3. 徳山研一.小児気管支喘息におけるロイコトリエンの役割. 富山県小児科医会 学術講演会 特別講演.2011年7月10日 高岡
  4. 徳山研一. 軽症小児気管支喘息における治療法の展開. 第5回小児アレルギー初期治療研究会 教育講演.2011年9月23日 東京都
  5. 徳山研一. 小児慢性咳嗽の診断のすすめ方.第11回多摩小児呼吸器研究会 基調講演.2011年10月22日 立川
  6. 徳山研一. 小児の喘鳴の多様性と気道粘液過分泌の役割. 第7回群馬気道疾患研究会 特別講演 2011.11.26.2011年11月26日 前橋
  7. 徳山研一. 小児気管支喘息の病態と治療の考え方. 栃木県小児科医会 学術講演会.特別講演2011年12月10日 宇都宮
  8. 徳山研一. 保育・教育現場で知ってほしい!こどものアレルギー疾患. 埼玉県アレルギー性疾患研修会 2011年12月19日 さいたま市
  9. 永田真.One airway one disease の病態と臨床.2011年1月16日東村山市医師会講演会
  10. 永田真.アレルゲン免疫療法の現状と展望.2011年1月21日広島アレルギー研究会特別講演.
  11. 永田真、清水宏保、北村芳江、二宮清純。パネルデイスカッション「喘息患者が医師に求めること」2011年1月23日ASTHMA PRIMARY CARE SYMPOSIUM 2011、東京.
  12. 永田真.喘息治療の新展開.2011年1月25日 横浜喘息シンポジウム特別講演.
  13. 永田真.気管支喘息治療の新展開.2011年1月28日 筑波喘息研究会特別講演.つくば市
  14. 永田真.気管支喘息治療の新展開.2011年2月9日 清瀬市喘息講演会特別講演.
  15. 永田真.喘息吸入療法の新展開.2011年2月15日 岡山喘息研究会特別講演.岡山市
  16. 永田真.気管支喘息治療の新展開.2011年2月24日 佐賀呼吸器研究会特別講演.佐賀市
  17. 永田真.免疫療法の現状と展望.2011年2月26日 阪神アレルギー研究会特別講演.大阪市
  18. 中込一之.気管支喘息とウィルス感染.第10回岡崎喘息座談会.2011年6月5日岡崎市
▲トップへ