2017年度業績 アレルギーセンター業績

2016年の業績 2015年の業績 2014年の業績  2013年の業績
2012年の業績 2011年の業績 2010年の業績 2009年度の業績

著書

  1. 永田真.アレルギー治療薬.治療薬マニュアル2017.pp645-680、医学書院(東京)2017
  2. 永田真.ペットアレルギー.内科学.Pp1333-1334、朝倉書店(東京)2017
  3. 永田真.アレルギー疾患 最近の動向.今日の治療指針2017.pp 776‐778-.医学書院(東京)2017
  4. 相馬真智香、永田真. 皮下アレルゲン免疫療法.診断と治療のABC127アレルギー性鼻炎.大久保公裕企画.Pp102-107、最新医学社(大阪) 2017
  5. 永田真.気管支喘息.YEAR NOTE TOPICS 2017, pp314-318. メディックメデイア(東京)、2017
  6. 家村秀俊、永田真.好酸球、好中球.呼吸器疾患診断治療アプローチ 気管支喘息.Pp46-51,中山書店(東京)2017
  7. 永田真.アレルゲン免疫療法.呼吸器疾患診断治療アプローチ 気管支喘息.Pp262-266,中山書店(東京)2017
  8. 中込一之.昆虫アレルギー.今日の治療指針2017、医学書院(東京). pp803-804. 2017.
  9. 松下 祥「免疫力アップで、風邪知らずに」心とからだのオアシスAutumn, 22-26 2017 中央労働海外防止協会(雑誌)
  10. 上條 篤. ヒトにおける組み換えMAT-Fel d1による経リンパ節免疫療法後にIgG4抗体は産生されるがIgG1抗体は産生されない Allergy 日本語版 2017; 3(1): 38-39

原著

  1. Kobayashi T, Nakagome K, Noguchi T, Kobayashi K, Ueda Y, Soma T, Ikebuchi K, Nakamoto H, Nagata M. Elevated uric acid and adenosine triphosphate concentrations in bronchoalveolar lavage fluid of eosinophilic pneumonia.
    Allergol Int. 2017 Sep;66S:27-34
  2. Nakagome K, Shoda H, Shirai T, Nishihara F, Soma T, Uchida Y, Sakamoto Y, Nagata M.  Eosinophil transendothelial migration induced by the bronchoalveolar lavage fluid of acute eosinophilic pneumonia. Respirology. 2017 Jul;22(5):913-921
  3. Fujisawa T, Shimoda T, Masuyama K, Okubo K, Honda K, Okano M, Katsunuma T, Urisu A, Kondo Y, Odajima H, Kurihara K, Nagata M, Taniguchi M, Taniuchi S, Doi S, Matsumoto T, Hashimoto S, Tanaka A, Natsui K, Abe N, Ozaki H. Long-term safety of subcutaneous immunotherapy with TO-204 in Japanese patients with house dust mite-induced allergic rhinitis and allergic bronchial asthma: Multicenter, open label clinical trial. Allergol Int. 2017 Dec 7. pii: S1323-8930(17)30165-X. doi: [Epub ahead of print]
  4. Yutaka Enomoto, Rie Takagi, Yutaka Naito, Tsuyoshi Kiniwa, Yasuhito Tanaka, Susumu Hamada-Tsutsumi, Masaaki Kawano, Sho Matsushita, Takahiro Ochiya, and Atsushi Miyajima. Identification of the novel 3’ UTR sequences of human IL-21 mRNA as potential targets of miRNAs. Scientific Reports 7:7780, 2017 DOI:10.1038/s41598-017-07853-x
  5. Itano, A., Kawano , M., Takagi, R., Tokuyama, K. and Matsushita, S. Signaling via FcRI stimulates human immature dendritic cells to induce Th1 differentiation via IL-12: Novel evidence of a feedback loop of allergic responses mediated by dendritic cells. Current Trends in Immunology.18:57-65, 2017.
  6. Matsueda, H., Kawano, M., Takagi, R., Koshimizu, K. and Matsushita, S. Acetylcholine stored in dendritic cells plays a role in the differentiation of naive CD4+ T cells into a Th1 phenotype. Clin Exp. Neuroimmunol, in press.
  7. Komatsu T, Kamijo A, Sato T, Kabasawa A, Hangai M, Inoue T, Kikkawa S, Kase Y, Ikezono T. Orbital wall fracture with displacement of the right eyeball into the right nasal cavity: A case report. Annals of Clinical Otolaryngolory 2017; 2 (3): 1-4
  8. 吉川沙耶花, 上條 篤, 中込一之、杣知行、小林威仁、内田義孝、盛田英司、永田真、井上智恵、加瀬康弘. スギ花粉舌下免疫療法におけるアドヒアランス不良例と脱落例の背景と治療に対する理解度の検討 -1年目調査―. アレルギー60;1165-1171: 2017

症例報告:なし

英文総説:なし
総説

  1. 永田真.気管支喘息とCOPDとの接点.日内会誌106;3:494-498:2017 
  2. 永田真.吸入療法の第1選択はpMDIか、DPIか? エディターズコメント.喘息・アレルギー 30 ;106.2017
  3. 永田真.アレルギー診療におけるアレルゲン免疫療法.埼玉県内科医会誌.6;54-57、2017(3月号)
  4. 永田真.二大アレルギー疾患の同時治療.Medical Tribune 50:12;11, 2017 (4月号)
  5. 永田真.ダニアレルギー性喘息.Medical Tribune 50:18:8, 2017 
  6. 内藤恵里佳、永田真.成人気管支喘息におけるアレルゲン免疫療法.アレルギーの臨床.37;34-37:2017(2月号)
  7. 赤上巴、永田真.抗IL-5抗体.最新医学 72;1011-1016、2017 
  8. 中込一之、永田真.成人喘息におけるアレルゲン免疫療法.医学のあゆみ 262;291-295、2017
  9. 永田 真. 抗IgE抗体. アレルギー・免疫 24:54‐61:2017.
  10. 杣 知行. 好酸球性炎症、好中球性炎症.喘息・アレルギー 30;19-25:2017
  11. 杣 知行. 高齢者喘息の気道炎症 喘息・アレルギー 30;132-138:2017
  12. 杣 知行.環境因子中エンドトキシンとアレルギー.アレルギー・免疫 24;1464-72:2017
  13. 中込 一之. 好酸球の機能抑制. アレルギー・免疫 2017;24:596-603.
  14. 中込 一之. 成人喘息におけるアレルゲン免疫療法 医学のあゆみ2017;262:291-295
  15. 中込 一之. 喘息重症化因子 ウイルス. 最新医学 2017;72:956-962.
  16. 高木理英、松下祥:ロドデノール誘発性白班症は自己免疫病である。 臨床皮膚科71巻5号42-45. (2017)
  17. 上條 篤.アレルギー性鼻炎に対するボトックス治療. アレルギーの臨床 2017; 30(5): 46-7
  18. 初鹿恭介、上條 篤. 手術に必要な画像診断. 後鼻神経切断術、蝶口蓋動脈結紮術. JOHNS 2017; 33 (7): 825-9
  19. 上條 篤. アレルゲン免疫療法、皮下と舌下どちらを選ぶ? 医学のあゆみ 2017; 262(4): 272-6
  20. 上條 篤. 耳鼻咽喉科疾患に対する生活指導・予防・セルフケア アレルギー性鼻炎 JOHNS 2017; 33(8): 1019-21
  21. 上條 篤. アレルゲン免疫療法, 皮下と舌下どちらを選ぶ? 医学のあゆみ 2017; 262 (4): 272-276
  22. 中村晃一郎:皮膚疾患における好酸球の関与.アレルギー・免疫.2017;24(5):70-78
  23. 中村晃一郎:疾患別 知っておきたい皮膚科の検査とその評価「Behςet病・Sweet病」.皮膚臨床.2017;59(6):743-749
  24. 徳山研一.胃食道逆流症(GERD)と慢性咳嗽.小児科 58(7)659-663、2017
  25. 板野篤志.Delta4. 知っておきたい最新のアレルギー・免疫用語集.日本小児アレルギー学会誌 第31巻第2号235, 2017

書籍編集企画等

  1. 永田真.アレルギー疾患.今日の治療指針2017、医学書院(東京)、2017
  2. 永田真.重症喘息 Up-to-date.喘息・アレルギー.2017年4月号、メディカルレビュー者(大阪)2017
  3. 永田真、藤枝重治.Allergy 日本語版.Vol3,No2, (Willy Japan, 東京)2017.
  4. 永田真.アレルギー疾患の免疫療法.医学のあゆみ 262巻4号 2017
  5. 永田真、海老澤元宏.喘息の加齢による変化 -高齢者喘息を中心に.喘息・アレルギー.2017年 12月号、メディカルレビュー者(大阪)2017

新聞・一般雑誌取材:

  1. 永田真.アレルギー科の看板に偽り.AERA 2017年4月24日号P29、朝日新聞社
  2. 永田真.からだの質問箱.COPD 治らないといわれた, 読売新聞2017年6月25日号P14 、読売新聞社.

学会・研究会主催:なし

市民講座

  1. 永田真(企画・司会)アレルギー週間市民公開講座2017. 2017年2月4日坂戸市
  2. 中込 一之. サルコイドーシスの最新の治療について. サルコイドーシス 医療講演・相談会. 2017年10月14日. さいたま市
  3. 上條 篤.「スギ花粉症」  2017年2月4日 アレルギー週間市民公開講 (永田真(企画・司会))坂戸駅前集会施設
  4. 上條 篤.アレルギー性鼻炎・花粉症の最新の治療 2017年9月30日 日本鼻科学会市民公開講座 甲府富士屋ホテル
  5. 徳山研一.食物アレルギー.(財)日本アレルギー協会共催:アレルギー週間市民公開講座2017. 2017.2.4 坂戸市
  6. 徳山研一.よくわかる子どもの喘息.埼玉医科大学市民公開講座「子どもと大人の喘息」. 2016.12.10川越市

学会・学術集会招待演者:

  1. 中込一之、永田真. 気管支喘息におけるアレルゲン免疫療法の有効性.第66回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム2017年6月14日東京都
  2. Makoto Nagata. Is allergen-immunotherapy necessary for management of asthma?  The 27 th Interasma Japan-North-Asia.  Special Lecture 3. 2016年10月5日熊本市
  3. 永田真.成人喘息の基本知識から最新情報まで「病態生理の基本:平滑筋攣縮から好酸球性炎症・リモデリングまで」第4回総合アレルギー講習会2016年12月18 日 横浜市
  4. 永田真.アレルゲン免疫療法「総論」第4回総合アレルギー講習会2016年12月18 日 横浜市
  5. 杣 知行.日本人の好酸球型喘息のプロファイル.第57回日本呼吸器学科学術講演会ランチョンセミナー.2017年4月23日東京都
  6. 杣 知行. 環境因子としてのエンドトキシン.第66回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム「喘息と環境因子―母体環境から大気汚染まで―」.2017年6月17日東京都
  7. 中込 一之. 気管支喘息におけるアレルゲン免疫療法の有効性. 第66回日本アレルギー学会学術大会. 2017年6月18日. 東京都
  8. 中込 一之. 免疫療法 喘息. 第4回 総合アレルギー講習会. 2017年12月16日. 横浜市
  9. 中込 一之. 主な薬剤のアレルギー(局所麻酔薬、抗菌薬). 第4回 総合アレルギー講習会. 2017年12月17日. 横浜市
  10. Kamijo A. Olfactory dysfunction in patients with bronchial asthma. The 53rd Korean Rhinologic Society annual congress. Mar 12, 2017, Seoul, Korea.
  11. Kamijo A. Allergic rhinitis and cough: Cough associated with spring pollinosis. Kyung Hee International Rhinologic Symposium Oct 28, 2017, Seoul, Korea
  12. 上條 篤. 上気道・下気道の相互関連 – United airway diseaseとしての治療戦略. 第22回那須ティーチイン 2017年7月29日 ホテルマリナーズコート東京
  13. 上條 篤. ダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法-黎明期~未来へ. 2017年4月14日 第35回日本耳鼻咽喉科学会免疫アレルギー学会総会・学術講演会 ランチョンセミナー3 旭川グランドホテル
  14. 上條 篤. ダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法-黎明期~未来へ. 2017年7月15日 第65回中部地方部会連合会 ランチョンセミナー ザ・グランユアーズフクイ
  15. 上條 篤,他. 舌下免疫療法の実際. 第4回総合アレルギー講習会. 2017年12月17日 パシフィコ横浜
  16. 中村晃一郎(埼玉医科大学皮膚科)「治療に難渋するアトピー背皮膚炎を考える」 2017年11月18日 第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会ランチョンセミナー。

学会発表(一般演題):

  1. Tomoyuki Soma, Yoshitaka Uchida, Erika Naito, Hidetoshi Iemura, Sachiko Miyauchi, Takehito Kobayashi, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Clinical Investigation of Eicosanoids in Exhaled Breath Condensate from Patients with Asthma. The 27th Congress of Interasthma Japan/North Asia. 10.6. 2017 Japan
  2. Nakagome K, Noguchi T, Kobayashi T, Soma T, Nagata M. Periostin up-Regulates the Effector Functions of Eosinophils. 2017 AAAAI Annual Meeting. 3.6.2017. アトランタ.
  3. Yoshitaka Uchida, Tomoyuki Soma, Kazuyuki Nakagome, Yotaro Takaku, Rie Hoshi, Makoto Nagata. Seasonal effect of eicosanoids on pulmonary function in asthma with concomitant rhinitis caused by Japanese cedar pollinosis. 2017 AAAAI Annual Meeting. 3.6.2017. USA.
  4. Yoshitaka Uchida, Tomoyuki Soma, Erika Naito, Hidetoshi Iemura, Sachiko Miyauchi, Yotaro Takaku, Rie Hoshi, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Seasonal effect of eicosanoids on pulmonary function in asthmatics with concomitant allergic rhinitis caused by Japanese cedar pollen. The 27th Congress of Interasthma Japan/North Asia. 10.6. 2017 Japan
  5. Erika Naito, Tomoyuki Soma, Hidetoshi Iemura, Sachiko Miyauchi, Yoshitaka Uchida, Takehito Kobayashi, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Characteristics of Severe Eosinophilic Asthma classified by Combination of Blood Eosinophil Ratio and Exhaled Nitric Oxide Levels. The 27th Congress of Interasthma Japan/North Asia. 10.6. 2017 Japan
  6. Kazuyuki Nakagome, Shoichiro Ohta, Tomoyuki Soma, Kenji Izuhara, and Makoto Nagata.  Elevated periostin concentrations in the bronchoalveolar lavage fluid of eosinophilic pneumonia. 第46回日本免疫学会学術集会ワークショップ. 2017年12月12日. 仙台市.
  7. Masaaki Kawano, Rie Takagi, Kikue Saika, Masanori Matsui, Sho Matsushita. Dopamine fluctuates cytokine secretion in innate and and adaptive immune responses 第46回日本免疫学会学術大会 2017年12月12日, 仙台
  8. Togo T, Nakamura K, Miyano K, Tsuchida T. (Dept. of Dermatol, Saitama Medical Univ.) CCL17 and CCL22 production induced by toll like receptor stimulation by monocyte-derived Langerhans cells in patients with atopic dermatitis. 2017 Annual meeting of European Society for Dermatological Research. Sep 27-30, Salzburg, Austria, 2017
  9. Miyano K, Nakamura K, Togo T, Tsuchida T. The inhibitory effect of a histamine 4 receptor antagonist on chemokine production by monocyte-derived Langerhans cells in patients with atopic dermatitis. 2017 Annual meeting of European Society for Dermatological Research. Sep 27-30, Salzburg, Austria, 2017
  10. Nakamura K, Miyano K, Togo T, Tsuchida T. TNF superfamily 15 gene and interleukin 17A gene SNP in Behcet’s disease. 2017 Annual meeting of European Society for Dermatological Research. Sep 27-30, Salzburg, Austria, 2017
  11. Eiji Morita, Kenichi Tokuyama, Takeshi Koga, Atsushi Itano, Yutaka Ueda. Airflow limitation and airway inflammation of asthmatic adolescents in remission. European Respiratory Society International Congress 2016. Sept 2016. London、UK
  12. Yutaka Ueda, Takehito Kobayashi, Toru Noguchi, Kazuyuki Nakagome, Tomoyuki Soma, Kenichi Tokuyama, Makoto Nagata. Eosinophil activation induced by house-dust-mite is enhanced by atopic status. The 30th Korean Academy of Pediatric Allergy and Respiratory Diseases March 2017, Seoul Korea
  13. Yutaka Ueda、Takehito Kobayashi、Toru Noguchi、Kazuyuki Nakagome、Tomoyuki Soma、Kenichi Tokuyama、Makoto Nagata.House-dust-mite stimulates eosinophil activation via PAR2.The 26th Congress of Interasthma Japan/North Asia. Sept 2016  Fukuoka Japan
  14. 中込 一之, 内田 貴裕, 山崎 進, 内田 義孝, 小林 威仁, 杣 知行, 永田 真. スギ花粉症合併ダニアレルギー性喘息における純化アレルゲン急速同時免疫療法. 第114回日本内科学会総会. 2017年4月15日. 東京都.
  15. 小林 威仁, 野口 哲, 中込 一之, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. ペリオスチンは好酸球性炎症の調節分子として機能する. 第114回日本内科学会総会. 2017年4月15日. 東京都.
  16. 野口 哲, 中込 一之, 小林 威仁, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. 好酸球のサイトカイン産生におよぼすペリオスチンの影響. 第57回日本呼吸器学会学術講演会. 2017年4月23日. 東京都.
  17. 中込 一之、中村 豊、小林 威仁、太田 昭一郎、小野 純也、野口 哲、杣 知行、坂本 芳雄、山内 広平、出原 賢治、永田 真. 好酸球性肺炎の気管支肺胞洗浄液ではペリオスチン濃度が上昇している. 東京都. 第57回日本呼吸器学会学術講演会ミニシンポジウム. 2017年4月23日.
  18. 植田 穣, 小林 威仁, 野口 哲, 中込 一之, 杣 知行, 徳山 研一, 永田 真. 家塵ダニ刺激による好酸球活性化はダニ感作患者で増強する. 第66回日本アレルギー学会学術大会ミニシンポジウム. 2017年6月16日. 東京都
  19. 中込 一之, 中村 豊, 小林 威仁, 太田 昭一郎, 小野 純也, 野口 哲, 杣 知行, 坂本 芳雄, 山内 広平, 出原 賢治, 永田 真. 好酸球性肺炎の気管支肺胞洗浄液におけるペリオスチン及びサイトカイン濃度の解析. 第66回日本アレルギー学会学術大会ミニシンポジウム. 2017年6月16日. 東京都
  20. 野口 哲, 中込 一之, 小林 威仁, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. ペリオスチンへの好酸球接着反応はIL-5によって増強される. 第66回日本アレルギー学会学術大会. 2017年6月17日. 東京都
  21. 内田 貴裕, 中込 一之, 家村 秀俊, 内藤 恵里佳, 宮内 幸子, 山崎 進, 内田 義孝, 杣 知行, 永田 真. ダニおよびダニとスギの同時アレルゲン急速免疫療法の治療効果に関する検討. 第66回日本アレルギー学会学術大会ミニシンポジウム. 2017年6月18日. 東京都
  22. 家村秀俊、杣知行、内藤恵里佳、内田貴裕、山崎進、内田義孝、小林威仁、野口哲、中込一之、永田真.末梢血好酸球数を基準とした好酸球性喘息の臨床的検討.第66回日本アレルギー学会学術大会2017年6月17日東京都
  23. 内藤恵里佳、杣知行、家村秀俊、内田貴裕、山崎進、内田義孝、小林威仁、野口哲、中込一之、永田真.喀痰好酸球比率と末梢血好酸球数の各基準亜分類での重症好酸球性喘息臨床的検.第66回日本アレルギー学会学術大会2017年6月17日東京都
  24. 家村秀俊、杣知行、内藤恵里佳、内田貴裕、山崎進、内田義孝、小林威仁、野口哲、中込一之、永田真.末梢血好酸球数を基準とした重症好酸球性喘息の臨床的検討.第57回日本呼吸器学科学術講演会ランチョンセミナー.2017年4月23日東京都
  25. 内藤恵里佳、杣知行、家村秀俊、内田貴裕、山崎進、内田義孝、小林威仁、野口哲、中込一之、永田真.喀痰血好酸球比率を基準とした重症好酸球性喘息の臨床的検討.第57回日本呼吸器学科学術講演会ランチョンセミナー.2017年4月23日東京都
  26. 家村秀俊、杣知行、内藤恵里佳、宮内幸子、内田義孝、小林威仁、中込一之、永田真.末梢血好酸球数と呼気NOを基準とした分類による重症好酸球型喘息の臨床的検討.第31回アレルギー・好酸球研究会.2017年10月21日東京都
  27. 松枝秀世、川野雅章、高木理英、松下祥 樹状細胞由来アセチルコリンによるTh1分化誘導 第66回日本アレルギー学会学術大会 2017年6月16日, 東京
  28. 松山敏之、川野雅章、高木理英、松下祥 T細胞によるIL-8産生とドーパミンシグナル第66回日本アレルギー学会学術大会 2017年6月16日, 東京
  29. 川野雅章、高木理英、松下祥 初期免疫応答におけるドーパミンによる免疫関連遺伝子発現の解析 第66回日本アレルギー学会学術大会 2017年6月16日, 東京
  30. 高木理英, 川野雅章, 中村晃一郎, 土田哲也, 松下祥 ロドデノール誘発性白斑症は自己免疫病である 第32回自己免疫病研究会 2017年7月15日, 東京
  31. 上條 篤, 吉川沙耶花、善波弘善、加瀬康弘、初鹿恭介、松岡伴和、池園哲郎、遠藤周一郎、増山敬祐. 好酸球性鼻副鼻腔炎とアレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎の治療方針―総合アレルギー科医の視点からー. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会 5月20日 広島
  32. 遠藤周一郎、金井真理、坂本 要、上條 篤、今村俊一、増山敬祐. 山梨県における新生児聴覚スクリーニングの現状と問題点. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会 5月20日 広島
  33. 吉川沙也花、上條 篤、井上智恵、中込一之、杣 知之、永田 真、加瀬康弘. スギ花粉症舌下免疫療法のアドヒアランスにおよぼす患者プロファイルの臨床的検討. 第66回日本アレルギー学会学術大会 5月17日 東京国際フォーラム
  34. 上條 篤、善浪弘善、中田博人、井上智恵、吉川沙也華、永田 真、加瀬康弘. 成人における春季花粉症に合併する咳嗽の検討. 第66回日本アレルギー学会学術大会 5月18日 東京国際フォーラム
  35. 吉川沙也花、上條 篤、井上智恵、加瀬康弘、永田 真. スギ花粉症舌下免疫療法の治療に対する理解度と服薬アドヒアランスに関する検討.第56回日本鼻科学会 9月28日-30日 甲府富士屋ホテル
  36. 林 崇弘、上條 篤、関根達朗、小松赳彦、井上智恵、吉川沙也花、加瀬康弘. 視機能障害を呈した鼻副鼻腔真菌症症例. 第56回日本鼻科学会 9月28日-30日 甲府富士屋ホテル
  37. 島村歩美、上條 篤、初鹿恭介、竹野幸夫、石野岳志、渡辺浩介、林 亮、増山敬祐. 慢性副鼻腔炎の手術管理―全国大学病院を対象としたアンケート調査より. 第56回日本鼻科学会 9月28日-30日 甲府富士屋ホテル
  38. 堀内貴和子、初鹿恭介、坂本 要、林 亮、五十嵐 賢、上條 篤、増山敬祐. 当科での嗅覚障害に対するOlfactory Training (OT)の経験. 第56回日本鼻科学会 9月28日-30日 甲府富士屋ホテル
  39. 堀内辰也、芦沢 圭、初鹿恭介、、松岡伴和、上條 篤、増山敬祐.鼻副鼻腔原発小細胞癌の4例. 第56回日本鼻科学会 9月28日-30日 甲府富士屋ホテル
  40. 林 亮、初鹿恭介、上條 篤、増山敬祐. 当科における鼻副鼻腔乳頭腫症例の検討.  第56回日本鼻科学会 9月28日-30日 甲府富士屋ホテル
  41. 小林 威仁, 野口 哲, 内田 義孝, 杣 知行, 中込 一之, 中元 秀友, 永田 真. 喘息患者の呼吸機能に及ぼす吸入ステロイド(ICS)2剤併用療法の効果. 第57回日本呼吸器学会学術講演会 2017年4月21-23日 東京
  42. 小林 威仁, 野口 哲, 中込 一之, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. ペリオスチンは好酸球性炎症の調節分子として機能する.第114回日本内科学会総会・講演会 2017年4月14-16日 東京
  43. 小林 威仁, 杣 知行, 野口 哲, 内田 義孝, 中込 一之, 荒木 信夫, 中元 秀友, 永田 真. 気管支喘息の増悪時と片頭痛発作の関連性についての検討. 第65回日本アレルギー学会学術大会. 2016年6月19日. 東京
  44. 小林 威仁, 植田 穣, 野口 哲, 中込 一之, 杣 知行, 永田 真. 家塵ダニはIgE非依存的に好酸球の接着と活性化を誘導する. 第56回日本呼吸器学会学術講演. 2016年4月10日. 京都市
  45. 小林 威仁, 杣 知行, 野口 哲, 宮内 幸子, 内田 義孝, 中込 一之, 中元 秀友, 永田 真. 粒子サイズの異なる吸入ステロイド薬の併用療法の臨床的検討. 第56回日本呼吸器学会学術講演. 2016年4月10日. 京都市
  46. 小林 威仁, 植田 穣, 野口 哲, 中込 一之, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. 生活環境中家塵ダニのIgEを介さない好酸球活性化作用第47回日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会  2016年7月8-9日、近畿大学、大阪
  47. 小林 威仁,西原 冬実, 野口 哲, 中込 一之, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. 環境中エンドトキシンの気道炎症への影響 エンドトキシンに曝露した好中球は好酸球遊走反応を誘導する第47回日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会  2016年7月8-9日、近畿大学、大阪
  48. 植田穣、小林威仁、野口哲、中込一之、杣知行、徳山研一、永田真. アレルギードナーと非アレルギードナー由来の好酸球における ダニ刺激による活性化の差異. 第66回日本アレルギー学会、2017年6月,東京
  49. 植田穣、中込一之、野口哲、小林威仁、杣知行、徳山研一、永田真. 家塵ダニはPAR-2を介して好酸球を活性化する. 第31回好酸球研究会、 2017年10月. 東京
  50. 盛田英司、植田穣、古賀健史、小川俊一、西村秀子、徳山研一:無投薬にて無発作状態を維持する思春期喘息児の気流制限の検討~長期管理薬にてコントロール状態良好の児との比較~. 第54回日本小児アレルギー学会学術大会 2017年11月、栃木
  51. 板野篤志:ヒト未熟樹状細胞に発現するFc-RIは IL-12を介してⅠ型ヘルパーT細胞分化を促進させる. 第9回埼玉小児アレルギー疾患懇話会 2017年2月、川越

講演

  1. 永田真.アレルゲン免疫療法の新時代ーアレルギー疾患の原因治療ーb埼玉県内科医会 学術講演会2017年1月12日さいたま市
  2. 永田真.喘息治療の方向性.札幌医科大学同門会函館呼吸器カンファレンス
    2017年2月17日函館市
  3. 永田真. 喘息治療の現状と方向性. 第6回城南気道疾患研究会 2017年3月9日東京都喘息治療の
  4. 永田真.呼吸器・アレルギー内科領域における免疫療法.アレルギー治療up to date フォーラム2017年3月10日 東京都
  5. 永田真. 喘息の炎症病態Up-To-Date  Scientific Exchange Meeting 福岡 2017年4月6日福岡市   
  6. 永田真.重症喘息治療の現状と方向性.埼玉ぜんそく治療UPDATE 2017年4月27さいたま市
  7. 永田真.気管支喘息治療の最前線.北多摩呼吸器疾患セミナー 2017年5月24日 東京都
  8. 永田真.日本のアレルギー診療をアレルゲン免疫療法が変える!第30回 アレルギーと免疫を学ぶ会 学術講演会 2017年5月26日 函館市
  9. 永田真.気管支喘息治療の方向性.亀田総合病院Respiratory Expert Conference 2017年7月5日鴨川市
  10. 永田真.高齢者喘息の炎症病態とその治療.高齢者疾患フォーラム 2017 2017年7月22日大阪市
  11. 永田真.気管支喘息治療の方向性.鹿児島呼吸器疾患フォーラム 2017年8月25日 鹿児島市
  12. 永田真.重症喘息の治療戦略~炎症制御の視点から~.IgE expert SUMMIT in Tokyo 2017年9月3日東京都
  13. 永田真.重症喘息の気道炎症.Scientific Exchange Meeting in Takamatsu  2017年10月13日高松市
  14. 永田真.好酸球性炎症ーその意義、機序、そして治療ー.第12回病診連携スキルアップセミナー2017年10月12日坂戸市
  15. 永田真.気管支喘息の最新治療. 西東京市医師会学術講演会2017年11月21日西東京市
  16. 永田真.日本のアレルギー診療をアレルゲン免疫療法が変える! 第3回 島根県アレルゲン免疫療法研究会 2017年11月25日 
  17. 杣知行.重症喘息の最新知識~個別化医療を目指して~.第14回さいたま呼吸器フォーラム2017年7月17日東京
  18. 杣知行.日本人の好酸球型喘息のプロファイル.第一回重症喘息バーチャルフォーラム2017年8月31日東京
  19. 杣知行.気管支喘息の発現機序と診断、治療.平成29年度埼玉県鍼灸師会第3回学術講習会2017年11月19日埼玉
  20. 中込 一之. アレルギー疾患における好酸球性炎症と好中球性炎症. アレルギー協会賛助会員向け研修会. 2017年3月3日. 東京都
  21. 中込 一之. 重症喘息におけるIgEの役割. 御茶ノ水呼吸器セミナー. 2017年3月10日. 東京都
  22. 中込 一之. ライノウイルス感染と気管支喘息. 第10回川口喘息研究会. 2017年5月12日. 川口市
  23. 中込 一之、内田 貴裕、永田 真. 気管支喘息におけるアレルゲン免疫療法の有効性. 関東AITシンポジウム. 2017年7月8日.
  24. 中込 一之. C型ライノウイルス感染症の基礎と臨床. 第24回マクロライド新作用研究会. 2017年7月21日. 東京都.
  25. 中込 一之. 喘息増悪の病態と治療. 第56回京滋臨床アレルギー懇話会. 2017年7月29日. 京都市.
  26. 中込 一之. 間質性肺炎の基礎知識. 第56回呼吸器セミナー. 2017年11月4日. 川越市.
  27. 中込 一之. サルコイドーシスの臨床. Uveitis Forum. 2017年12月8日. 毛呂山町.
  28. 松下 祥 「ロドデノール誘発性白斑症は自己免疫病である」 第3回白斑・白皮症研究会総会 2017年10月29日, 大阪
  29. 上條 篤. アレルギー疾患に伴う咳嗽. 浦和医師会学術講演会 2017年1月19日 浦和パインズホテル
  30. 上條 篤. アレルギー疾患に伴う咳嗽. 山梨デザレックス発売記念講演会 2017年2月22日 甲府富士屋ホテル
  31. 上條 篤. アレルギー疾患に伴う咳嗽. 第95回大分耳鼻咽喉科臨床研究会 2017年2月23日 ホテルレンブラント大分
  32. 上條 篤. 花粉症に関する最近の話題―咳嗽の取り扱いー. 2017年3月4日 岳南耳鼻科研究会 三島プラザホテル
  33. 上條 篤. アレルゲン免疫療法の現状~未来へ. 2017年3月10日 第130回埼玉小児疾患集談会 埼玉小児医療センター
  34. 上條 篤. さあ 始めよう, 舌下免疫療法. 2017年4月19日 比企医師会講演会. 東松山 
  35. 上條 篤. アレルギー性疾患に伴う咳嗽. 2017年4月20日 板橋耳鼻咽喉科医学会学術講演会. サノフィ―株式会社
  36. 上條 篤. 副鼻腔炎症性疾患の治療. 2017年8月26日 第49回埼玉喘息・アレルギー研究会. 埼玉県県民健康センター
  37. 上條 篤. 耳鼻咽喉科総合アレルギー科医からみた、慢性鼻副鼻腔炎の治療. 第6回神奈川気道炎症病態研究会. 2017年10月7日 横浜ベイシャラトン ホテル&タワーズ
  38. 上條 篤. 山梨大学アレルギーセンターの開設と今後の展望について. 第2回山梨県アレルギー・免疫療法研究会 2017年11月15日 山梨大学医学部附属病院
  39. 上條 篤. 舌下免疫療法の現状と将来展望. 第2回中越舌下免疫療法セミナー. 2017年11月17日 パストラル長岡
  40. 上條 篤. アレルギー疾患における咳嗽を考えるー花粉症を中心にー. 房総デザレックス 発売1周年記念講演会 2017年12月7日 五井グランドホテル
  41. 中村晃一郎(埼玉医科大学皮膚科)「アレルギー性皮膚疾患の知見」2017年2月28日静岡県抗アレルギー薬講演会。
  42. 徳山研一、子どもたちのアレルギー疾患-保育園・幼稚園での対応について.平成28年度アレルギー疾患研修会(埼玉県疾病対策課主催).2017年2月22日、さいたま市
  43. 徳山研一.子どもの喘鳴を科学する.第137回ニ木会(主催:東京女子医科大学東医療センター小児科)特別講演 2017年9月21日 東京
  44. 徳山研一.子どもの喘鳴を科学する.奈良呼吸器アレルギーセミナー(第12回奈良小児喘息治療セミナー)特別講演 2017年9月30日 奈良
  45. 徳山研一.子どもの喘鳴を科学する.第15回埼玉小児科耳鼻咽喉科懇話会特別講習 2016年11月9日 さいたま

TV・ラジオ出演

  1. 杣 知行.呼気NOでの喘息診断.2017年2月22日ドクターサロン ラジオNIKKEI東京
  2. 杣 知行.急性好酸球性肺炎.2017年7月17日 薬学の時間 ラジオNIKKEI東京

▲トップへ