2020年度業績 アレルギーセンター業績

2019年の業績 2018年の業績 2017年の業績 2016年の業績
2015年の業績 2014年の業績 2013年の業績 2012年の業績
2011年の業績 2010年の業績 2009年度の業績  

著書

  1. 永田真.アレルギー疾患 最近の動向.今日の治療指針2020 pp824-826、医学書院、東京
  2. 永田真.アレルギー治療薬.治療薬マニュアル2020.pp657-694. 医学書院、東京
  3. 永田真.アレルギー疾患を理解するためのポイント.新臨床内科学(第10班).2020;pp1668-1675医学書院、東京
  4. 永田真.アレルギー総論.YEAR NOTE TOPICS 2020-2021, 2321;F1-F5
  5. 永田真.気管支喘息.YEAR NOTE TOPICS  2020-2021, 2021;F22-F25
  6. 永田真、正木健司.アナフィラキシー/アナフィラキシー・ショック.ER/ICUでの薬の使い方・考え方.2020、pp727-731  総合医学社
  7. 永田真.アレルゲン免疫療法.新呼吸器専門医テキスト.2020、pp272-273、日本呼吸器学会編集.南江堂
  8. 永田真.徳山研一.体質改善も夢じゃない きちんと知れば悩まない 喘息・花粉症・食物アレルギー 2020. pp15-65. ライフサイエンス出版.東京 
  9. 上條 篤. 花粉症の薬物療法・免疫療法. Clinic Magazine 2020; 607: pp27-33
  10. 上條 篤. 花粉症. 早わかり診療ガイドライン100. Medicina 増刊号2020; 57(4): pp286-9
  11. 上條 篤. 花粉症、アレルギー性鼻炎. 新臨床内科学. 2020第10版デスク判 pp1707-11 医学書院 東京
  12. 増山敬祐, 上條 篤 監訳. 外鼻形成術・鼻中隔矯正術. 2020 南山堂 東京
  13. 杣 知行.Wheezeを確認ー気管支喘息かCOPD増悪か心不全か? 呼吸器内科グリーンノート 中外医学社、東京.pp21-24
  14. 杣 知行.急性呼吸不全を示す気管支喘息. 呼吸器内科グリーンノート 中外医学社、東京.pp122-126
  15. 杣 知行.重症喘息の対応. 呼吸器内科グリーンノート 中外医学社、東京.pp127-131
  16. 杣 知行.気管支拡張薬・鎮咳薬・去痰薬. 呼吸器内科グリーンノート 中外医学社、東京.pp294-298
  17. 杣 知行.抗アレルギー薬. 呼吸器内科グリーンノート 中外医学社、東京.pp331-333
  18. 杣 知行.吸入療法(定量噴霧器(MDI)・ドライパウダー吸入器(DPI)・ネブライザー. 呼吸器内科グリーンノート 中外医学社、東京.pp343-349
  19. 杣 知行.アレルゲン免疫療法(減感作療法). 呼吸器内科グリーンノート 中外医学社、東京.pp417-419
  20. 杣 知行.気管支喘息. 呼吸器内科グリーンノート 中外医学社、東京.pp509-512
  21. 中込 一之. アニサキスアレルギー. 今日の疾患辞典 Precision(東京)
  22. 中込 一之. 小麦アレルギー. 今日の疾患辞典 Precision(東京)
  23. 中込 一之. 金属アレルギー. 今日の疾患辞典 Precision(東京)
  24. 中込 一之. 口腔アレルギー症候群. 今日の疾患辞典 Precision(東京)
  25. 中込 一之. ラテックスアレルギー. 今日の疾患辞典 Precision(東京)
  26. 中込 一之. アレルギー性鼻炎. 今日の疾患辞典 Precision(東京)
  27. 徳山研一.病因アレルゲンの同定と回避指導.新臨床内科学(第10版).2020;pp 1676-1679医学書院、東京
  28. 徳山研一.第2章:きちんと知れば悩まない食物アレルギー.体質改善も夢じゃない きちんと知れば悩まない喘息・花粉症・食物アレルギー.(永田眞、徳山研一著)ライフサイエンス出版(東京).2020、pp68-140

書籍編集・企画:

  1. 永田真.新臨床内科学 第10版.第12章アレルギー疾患.2020;pp1668-1737, 医学書院.東京 (4月)

原著

  1. Nakagome K, Shimizu T, Bochkov YA, Noguchi T, Kobayashi T, Soma T, Ueki S, Gern JE, Nagata M. Cadherin-related family member 3 upregulates the effector functions of eosinophils. Allergy. 2020 ;75(7):1805-1809.
  2. Soma T, Uchida Y, Nakagome K, Hoshi R, Nagata M. Eicosanoids seasonally impact pulmonary function in asthmatic patients with Japanese cedar pollinosis. Allergol Int. 2020 ;69(Oct):594-600.
  3. Soma T, Uchida Y, Hoshino Y, Katayama K, Kobayashi T, Nakagome K, Nagata M. Relationship between airway inflammation and airflow limitation in elderly asthmatics. Asia Pac Allergy. 2020 ;10(2):e17.
  4. Ueda Y, Nakagome K, Kobayashi T, Noguchi T, Soma T, Ohashi-Doi K, Tokuyama K, Nagata M. Effects of β2-adrenergic agonists on house dust mite-induced adhesion, superoxide anion generation, and degranulation of human eosinophils. Asia Pac Allergy. 2020;10(2):e15.
  5. M Kawano, K Saika, R Takagi, M Matsui, S Matsushita. Tannic acid acts as an agonist of the dopamine D2L receptor, regulates immune responses, and ameliorates experimentally induced colitis in mice. Brain, Behavior, & Immunity-Health. doi.org/10.1016/j.bbih.2020.1000712. 
  6. Masanori Matsui, Hiroshi Handa, Masaaki Kawano. Induction of adaptive immune responses against antigens incorporated within the capsid of simian virus 40. Journal of General Virology DOI 10.1099/jgv.0.001445
  7. Morita E, Tokuyama K, Ueda Y, Koga T, Ogawa S, Nishimura H.  Airway reversibility and inflammation in stable pre- to late-adolescent asthmatics without long-term control medications. J Asthma. 2020, 57(12):1298–1307
  8. 小松赳彦、上條 篤、池園哲郎. 口蓋扁桃摘出後の扁桃結石例. 耳鼻臨床 2020; 113 (10): 631-3

症例報告

英文総説:

  1. Nagata M, Nakagome K, Soma T. Mechanisms of eosinophilic inflammation. Asia Pac Allergy. 2020 Apr 16;10(2):e14.
  2. Nakagome K, Nagata M. Involvement and Possible Role of Eosinophils in Asthma Exacerbation. Front Immunol. 2018 Sep 28;9:2220.
  3. Nakagome K, Nagata M. Possible Mechanisms of Eosinophil Accumulation in Eosinophilic Pneumonia. Biomolecules. 2020 Apr 21;10(4):638.
  4. Nakamura Y, Tamaoki J, Nagase H, Yamaguchi M, Horiguchi T, Hozawa S, Ichinose M, Iwanaga T, Kondo R, Nagata M, Yokoyama A, Tohda Y; Japanese guidelines for adult asthma 2020. Allergol Int. 2020 ;69:519-548.

和文総説

  1. 星野佑貴、山口剛史、永田真.アレルギー疾患の診断.臨床と研究.2020;97:273-277
  2. 永田真.重症喘息におけるType 2 炎症.Progress in Medicine 2020 ; 40: 15-18
  3. 永田真.アレルゲン免疫療法の現状と展望.日本内科学会雑誌 2020;109:995-1001
  4. 永田真、内藤恵里佳、山口剛史、杣知行.エンドトキシンとアレルギー.2020;27:17-23
  5. 片山和紀、永田真.喘息診療におけるアレルゲン免疫療法. 呼吸器内科2020;38:252-256
  6. 上條 篤, 永田 真. アレルギーと好酸球. JOHNS 2020; 36 (3): 295-9
  7. 上條 篤. 好酸球性炎症を標的とした新規治療の展望. アレルギーの臨床 2020; 40: 26-29
  8. 上條 篤. 画像での副鼻腔陰影は頭痛と関連しますか?JOHNS2020; 36(9): 1184-5
  9. 上條 篤.  気管支喘息に対する舌下免疫療法の効果. MB ENT 2020; 250: 59-65
  10. 上條 篤. アレルギー性鼻炎の検査・診断の流れと程度分類. Prog Med 2020; 11: 25-29
  11. 杣 知行.バイオマーカーとしての末梢血好酸球の役割.アレルギーの臨床.2020;40:525-528
  12. 杣 知行.NERD LTRA併用で呼吸機能改善に寄与.The Mainichi Medical Journal. 2020; 16: 126
  13. 徳山研一.子どものぜん息について.子育てジャーナル(埼玉県私立幼稚園ニュース) No 92 2020.03.01.

学会・学会関連学術集会招待演者:

  1. Makoto Nagata.Mechanisms of eosinophilic inflammation  XXVII World Allergy Congress. Plenary Lecture. 2020年9月17日‐10月20日(WEB)
  2. Makoto Nagata.Allergen immunotherapy in Japan.  XXVII World Allergy Congress. Symposium:Allergen immunotherapy.  2020年9月17日‐10月20日(WEB)
  3. 永田真. 喘息におけるアレルゲン免疫療法Up-to-date第3回日本アレルギー学会関東地方会教育講演 2020年2月15日東京都
  4. 永田真.総合病院における「アレルギーセンター」について.第3回日本眼科アレルギー学会 ワークショップ 2020年12月3日(WEB/福岡市)
  5. 永田真.重症喘息における好酸球性気道炎症 Up-to-date.第1回日本喘息学会学術大会教育セミナー 2020年8月8日大阪市
  6. 永田真.気管支喘息におけるアレルゲン免疫療法Up-to-date.第14回相模原臨床アレルギーセミナー 2020年8月22日(WEB)
  7. 杣知行、永田真.One airway one diseaseへのトータルアプローチ.第60回日本呼吸器学会コーヒーブレイクセミナー 2020年9月21日 (WEB)
  8. 永田真.重症喘息の炎症病態Up-to-date.第51回日本職業環境アレルギー学会 教育セミナー.2020年11月6日(WEB/岡山市)
  9. 上條 篤. 重症花粉症における新たな治療選択肢. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 2020年10月6日 岡山
  10. 杣知行.Treatable traitsを考えたType 2炎症性重症喘息の治療.第60回臨床呼吸機能講習会ランチョンセミナー.2020年8月27日 名古屋市(WEB)
  11. 杣知行.Non-steroidal anti-inflammatory drugs exacerbated respiratory disease (NERD)の臨床展開.第1回日本喘息学会学術大会教育セミナー2 2020年8月8日大阪市
  12. 中込 一之、永田 真. 好酸球性疾患の病態を考える. 第3回日本アレルギー学会関東地方会. 2020年2月15日. 東京都
  13. 中込 一之. 重症喘息におけるType2炎症. 第14回相模原臨床アレルギーセミナー. 2020年8月21日. 横浜市(web)
  14. 中込 一之, 永田 真. アレルゲン免疫療法の進歩. JSA/WAO XXVII World Allergy Congress (WAC 2020) conjoint with the APAPARI 2020 Congress.. 2020年9月18日. 京都市(web)
  15. 徳山研一.小児の慢性咳嗽の診断と治療.第29回国際喘息学会日本・北アジア部会シンポジウム.2020年12月11日千葉市

学会発表一般演題):

  1. Kazuyuki Nakagome, Toshiaki Shimizu, Yury Bochkov, Toru Noguchi, Takehito Kobayashi, Tomoyuki Soma, James Gern, Makoto Nagata. Transfection with Cadherin-related Family Member 3 Variant Increases Eosinophil Adhesion to Transfected Cells and Superoxide Anion Generation. American Academy of Allergy Asthma and Immunology, the 2020 Virtual Annual Meeting. 3.13.2020. Philadelphia
  2. Yuki Hoshino, Tomoyuki Soma, Yoshitaka Uchida, Hidetoshi Iemura, Erika Naito, Kazuki Katayama, Ryu Sekiya, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Association between eicosanoids in exhaled breath condensate and type 2 immunological mediators in sputum from patients with asthma. American Academy of Allergy Asthma and Immunology, the 2020 Virtual Annual Meeting. 3.14.2020. Philadelphia
  3. Hidetoshi Iemura, Tomoyuki Soma, Erika Naito, Yuki Hoshino, Sachiko Miyauchi, Kazuki Katayama, Ryu Sekiya, Yoshitaka Uchida, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Subtypes of severe asthma based on a combination of blood eosinophil counts and levels of exhaled nitric oxide. 3.16.2020. Philadelphia
  4. Hidetoshi Iemura, Tomoyuki Soma, Erika Naito, Yuki Hoshino, Sachiko Miyauchi, Kazuki Katayama, Ryu Sekiya, Yoshitaka Uchida, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Stratification by blood eosinophil counts and levels of fractional exhaled nitric oxide characterizes subclasses of patients with severe asthma. JAS/WAO XXVII World Allergy Congress (WAC2020) conjoint with the APAPARO 2020 Congress. 9. 2020. Tokyo
  5. Yuki Hoshino ,Tomoyuki Soma,Yoshitaka Uchida,Sachiko Miyauchi, Hidetoshi Iemura, Erika Naito, Kazuki Katayama, Ryu Sekiya, Kazuyuki Nakagome,Makoto Nagata. Cooperative effect of type 2 inflammatory mediators on pulmonary function in patients with severe asthma. JAS/WAO XXVII World Allergy Congress (WAC2020) conjoint with the APAPARO 2020 Congress. 9. 2020. Tokyo
  6. Kazuki Katayama, Tomoyuki Soma, Yoshitaka Uchida, Yuki Hoshino, Sachiko Miyauchi, Hidetoshi Iemura, Erika Naito, Ryu Sekiya, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Contribution of inflammatory mediators from neutrophils and eosinophils in airway on pulmonary function in Elderly Patients with Asthma. JAS/WAO XXVII World Allergy Congress (WAC2020) conjoint with the APAPARO 2020 Congress. 9. 2020. Tokyo
  7. Yutaka Ueda, Kazuyuki Nakagome, Takehito Kobayashi, Toru Noguchi, Tomoyuki Soma, Kenichi Tokuyama, Makoto Nagata. Effects of β2-adrenergic agonists on house-dust mite-induced adhesion, superoxide anion generation, and degranulation of human eosinophils. JAS/WAO XXVII World Allergy Congress (WAC2020) conjoint with the APAPARO 2020 Congress. 9. 2020. Tokyo
  8. Takehito Kobayashi, Saito Kohei, Toru Noguchi, Yutaka Ueda, Yoshitaka Uchida, Tomoyuki Soma, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Eosinophilic inflammation is involved in peritoneal fibrosis. JAS/WAO XXVII World Allergy Congress (WAC2020) conjoint with the APAPARO 2020 Congress. 9. 2020. Tokyo
  9. Toshitaki Shimizu, Kazuyuki Nakagome, Yury Bochkov, Yutaka Ueda,Takehito Kobayashi, Tomoyuki Soma, Harada Hiroaki, Keishi Fujio, James Gern, Makoto Nagata. Cadherin related family member 3 activates the effector functions of neutrophils. JAS/WAO XXVII World Allergy Congress (WAC2020) conjoint with the APAPARO 2020 Congress. 9. 2020. Tokyo
  10. Kazuyuki Nakagome, Toshiaki Shimizu, Yury Bochkov, Toru Noguchi, Takehito Kobayashi, Tomoyuki Soma, James Gern, Makoto Nagata. Effect of cadherin-related family member 3 on the effector functions of eosinophils. JAS/WAO XXVII World Allergy Congress (WAC2020) conjoint with the APAPARO 2020 Congress. 9. 18. 2020. Tokyo
  11. Yuki Hoshino ,Tomoyuki Soma,Yoshitaka Uchida,Kazuki Katayama, Ryu Sekiya, Hidetoshi Iemura, Erika Naito, Sachiko Miyauchi, Kazuyuki Nakagome,Makoto Nagata. Clinical evaluation of eicosanoids on type 2 cytokines and pulmonary function in severe asthma. The 29th Congress of Interasma Japan / North Asia. 12.11.2020 Utsunomiya
  12. Kazuyuki Nakagome, Toshiaki Shimizu, Yury A. Bochkov, Toru Noguchi, Takehito Kobayashi, Tomoyuki Soma, James E. Gern, and Makoto Nagata. Transfection with cadherin-related family member 3 variant increases adhesion to transfected cells and superoxide anion generation of eosinophils. The 29th Congress of Interasma Japan / North Asia. 212.11.2020 Utsunomiya
  13. Ryu Sekiya, Kazuyuki Nakagome, Tomoyuki Soma, and Makoto Nagata. Effect of allergen immunotherapy on allergen-induced IL-5 or IL-13 production from peripheral blood mononuclear cells. The 29th Congress of Interasma Japan / North Asia. 12.11.2020 Utsunomiya
  14. 関谷 龍, 中込 一之, 片山 和紀, 星野 佑貴, 家村 秀俊, 内藤 恵里佳, 宮内 幸子, 内田 義孝, 小林 威仁, 杣 知行, 永田 真.アレルゲン皮下注射免疫療法の末梢血単核球サイトカイン産生能に及ぼす効果.第60回日本呼吸器学会学術講演会 2020年9月 神戸(WEB)
  15. 内藤 恵里佳, 杣 知行, 内田 義孝, 星野 佑貴, 家村 秀俊, 宮内 幸子, 中込 一之, 永田 真.気管支喘息患者における呼気凝縮液中エイコサノイド濃度と喀痰中メディエーターに関する検討.第60回日本呼吸器学会学術講演会 2020年9月 神戸(WEB)
  16. 小林 威仁, 植田 穣, 中込 一之, 杣 知行, 永田 真.重症喘息に関与する各種Type2系サイトカインの好酸球接着能に及ぼす直接作用の検討.第60回日本呼吸器学会学術講演会 2020年9月 神戸(WEB)
  17. 星野 佑貴, 杣 知行, 内田 義孝, 内藤 恵里佳, 家村 秀俊, 関谷 龍, 宮内 幸子, 中込 一之, 永田 真.気管支喘息患者における呼気凝縮液中および喀痰中Cysteinyl Leukotriens、Prostaglandin D2濃度の検討.第60回日本呼吸器学会学術講演会 2020年9月 神戸(WEB)
  18. 芦谷 啓吾, 都築 義和, 山岡 稔, 宮口 和也, 野口 哲, 小林 威仁, 杣 知行, 大庫 秀樹, 市村 隆也, 金 玲, 石澤 圭介, 茅野 秀一, 中元 秀友, 永田 真, 今枝 博之.抗IL-5抗体受容体抗体薬投与で改善した好酸球性胃腸炎の3例.第107回日本消化器病学会総会 2020年4月 東京(WEB)
  19. 中込 一之, 野口 哲, 小林 威仁, 杣 知行, 永田 真. 好酸球エフェクター機能におよぼすcadherin-related family member 3の作用. 第117回日本内科学会総会・講演会. 2020年7月10日. 東京都
  20. 中込 一之, 関谷 龍, 杣 知行, 永田 真.アレルゲン皮下注射免疫療法の末梢血単核球サイトカイン産生能におよぼす効果第.第118回日本内科学会総会. 2020年4月 東京(WEB)
  21. 関谷龍、中込一之, 片山和紀、星野佑貴、家村秀俊、内藤恵里佳、宮内幸子、内田義孝、小林威仁、杣知行、永田真. 気管支喘息におけるアレルゲン皮下注射免疫療法の末梢血単核球type1, type2サイトカイン産生におよぼす効果. 第1回日本喘息学会総会学術大会. 2020年8月8日. 大阪市
  22. 内藤 恵里佳, 杣 知行, 家村 秀俊, 星野 佑貴, 宮内 幸子,内田 義孝,中込 一之, 永田 真.気管支喘息患者における呼気凝縮液中および喀痰中のType2炎症メディエーターに関する検討.第1回日本喘息学会総会学術大会. 2020年8月8日. 大阪市
  23. 與儀 実大, 星野 佑貴, 小宮山 謙一郎, 柳原 章寿, 二反田 博之, 杣 知行, 仲村 英俊, 永田 真.すりガラス陰影を伴う多発結節影を呈し、肺胞出血により発症した原発性肺癌の一例.第39回日本画像医学会学術集会2020年2月 東京(WEB)
  24. 石井 玲奈、星野佑貴、與儀 実大、小宮山 謙一郎、白畑 亨、中込一之、杣 知行、仲村秀俊、永田  真.多発血管炎性肉芽種症(GPA)と好酸球性多発血管炎性肉芽種症(EGPA)の両疾患の診断基準を満たした1例.第3回日本アレルギー学会関東地方会.2020年2月15日 東京都
  25. 内田義孝,杣知行,星野佑貴,片山和紀,関谷龍,内藤恵里佳,家村秀俊,宮内幸子,内中込一之,永田真.アレルゲン免疫療法が著効した治療抵抗性咳喘息の1例.第4回 日本アレルギー学会関東地方会.2020年11月21日. 東京都
  26. 中込 一之、清水 寿顕、野口 哲、小林 威仁、杣 知行、永田 真. Cadherin-related family member 3 は、好酸球のエフェクター機能を活性化する. アレルギー・好酸球研究会2020. 2020年11月3日. 東京都(web)
  27. 宮内 幸子、野口 哲、小林 威仁、植田 穣、中込 一之、杣 知行、永田 真. スギ花粉による好酸球の活性化. アレルギー・好酸球研究会2020. 2020年11月3日. 東京都(web)
  28. 内田 貴裕、中込 一之、家村 秀俊、内藤 恵里佳、星野 佑貴、内田 義孝、小林 威仁、杣 知行、永田 真. 日本人気道アレルギー患者におけるダニ単独またはダニとスギの同時アレルゲン急速免疫療法の治療効果に関する検討. アレルギー・好酸球研究会2020. 2020年11月3日. 東京都(web)
  29. 盛田英司、植田穣、古賀健史、小川俊一、西村秀子、板澤寿子、徳山研一. 無治療で無発作状態を維持する喘息児の気道炎症の検討. 第69回日本アレルギー学会学術大会. JSA/WAO XXⅦ world allergy congress(WAO2020) conjoint with the APAPARI 2020 congress. 2020年9月17日~10月20日. web開催
  30. 盛田英司、徳山研一、植田穣、古賀健史、小川俊一、板澤寿子、西村秀子. 無治療で症状が安定している喘息患者の気流制限及び気道炎症の検討. 第29回国際喘息学会日本・北アジア部会. 2020年12月11日~12日. 宇都宮(web併用)
  31. 小川 俊一, 古賀 健史, 岡田 慶介, 盛田 英司, 植田 穣, 板澤 寿子, 徳山 研一. 食物アレルギー児のアナフィラキシー症状発現に果たす神経原性炎症、特にCGRPの役割. 第69回日本アレルギー学会学術大会2020年9月17-20日
  32. 岡田 慶介, 植田 穣, 古賀 健史, 盛田 英司, 板澤 寿子, 徳山 研一. 食物経口負荷試験にてプロカルシトニン(PCT)高値を呈したFood protein-induced enterocolitis syndrome(FPIES)の2幼児例. 第57回日本小児アレルギー学会学術集会大会2020年10月31日~11月30日.web開催
  33. 田端 克彦, 植田 穣, 小川 俊一, 古賀 健史, 盛田 英司,徳山 研一. 気管支喘息として加療されていた小児期発症のびまん性汎細気管支炎の1例. 第29回国際喘息学会日本・北アジア支部で2020/12/11
  34. 小川 俊一, 植田 穣, 古賀 健史, 盛田 英司, 徳山 研一. 気管支喘息として加療されていたびまん性汎細気管支炎の1小児例(会議録/症例報告). 第3回日本アレルギー学会関東地方会2020年2月15日
  35. 岡田慶介, 植田穣, 清水貴寛, 古賀健史, 盛田英司, 板澤寿子, 徳山研一. 食物経口負荷試験でプロカルシトニン高値を呈した Food protein-induced enterocolitis syndrome(FPIES)の 1 例. 第4回日本アレルギー学会関東地方会2020年11月28日
  36. 星野文隆、丹沢泰彦、吉村美歩、松田 帆、加瀬康弘、上條 篤. 骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(ARONJ) による眼球運動障害を呈した重症感染症の1例. 第59回日本鼻科学会総会 2020年10月10日 東京
  37. 伏見直樹、吉村美歩、星野文隆、松田 帆、加瀬康弘、上條 篤. 鼻副鼻腔に原発した髄外形質細胞腫の1例. 第59回日本鼻科学会総会 2020年10月11日 東京
  38. 時岡一幸、上條 篤. 口唇外鼻形成術における耳鼻咽喉科との共同手術. 第38回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 2020年11月12日 東京
  39. 代永孝明、上條 篤、田中光一、堀内貴和子、五十嵐 賢、松岡伴和、櫻井大樹. 蕁麻疹、腹部症状を中心とした頻回のアナフィラキシー様症状に対し、オマリズマブが奏効した1例. 第4回日本アレルギー学会関東地方部会 2020年11月28日 東京
  40. 吉村美歩、吉川沙耶花、上條 篤. オマリズマブが奏効した特発性慢性蕁麻疹、繊維素性唾液管炎の一例. 第4回日本アレルギー学会関東地方部会 2020年11月28日 東京

市民講座

  1. 永田真(企画・司会)アレルギー週間市民公開講座2020. 2020年2月1 日上尾市
  2. 上條 篤. スギ花粉症. アレルギー週間市民公開講座2020 2020年 2月1日上尾市
  3. 宮野恭平.埼玉医科大学市民公開講座(原稿配布)2020年5月

講演:

  1. 永田真.重症喘息における治療の最前線.第148回栃木県呼吸器疾患研究会2020年1月23日宇都宮市
  2. 永田真.重症喘息の炎症病態と治療の選択.IgE Forum 2020 in Tokyo 2020年 2月1日東京都
  3. 永田真.アレルゲン免疫療法に関する最新の話題.アレルギー治療セミナー in SAITAMA 2020 年2月10日さいたま市
  4. 永田真.喘息の治療最前線ー免疫療法から抗体療法までー.第35回医療連携術講演会 2020年2月20日宇都宮市
  5. 永田真.喘息“治療強化”のポイント.Novartis Asthma Web ライブセミナー2020年4月22日(WEB)
  6. 永田真.重症喘息:好酸球性炎症 Up-to-dateRespiratory TV Symposium.2020年5月28日(WEB)
  7. 永田真.重症喘息の炎症病態と治療.GSK Severe Asthma Seminar.2020年6月3日(WEB)
  8. 永田真.高齢者喘息の病態と治療.Asthma Live Seminar 2020年9月2日(WEB
  9. 永田真.喘息の気道炎症におけるIL-4/IL-13の役割.AIR way WEB.2020年10月9日(WEB)
  10. 永田真.重症喘息の病態と治療.GSK Severe Asthma Seminar in 御茶ノ水  2020年10月23日東京都
  11. 永田真.重症喘息の炎症病態と治療.GSK Severe Asthma National Conference. 2020年10月24日神戸市(+WEB)
  12. 永田真.重症喘息の病態と治療.GSK Severe Asthma Seminar in 町田  2020年10月27日町田市
  13. 永田真.重症喘息の病態と治療.Eosinophilic Disease Seminar in Gunma 2020年10月30日前橋市
  14. 永田真.「好酸球生物学の物語」.好酸球とことんセミナー.2020年12月3日(WEB)
  15. 上條 篤. アレルギー性鼻炎から咳嗽の世界へ. 第47回 滋賀県耳鼻咽喉科オープンセミナー. ホテルボストンプラザ草津 2020年1月16日
  16. 上條 篤. アレルギー性鼻炎・鼻副鼻腔疾患と関連する頭痛について. 第8回鹿児島アレルギー講習会 鹿児島県医師会館 2020年2月6日
  17. 上條 篤. アレルギー性鼻炎の適切な管理. 南埼玉郡市医師会学術講演会 ホテル久喜 2020年2月12日
  18. 上條 篤. アレルギー性鼻炎の適切な管理を一緒に考えましょう. アレサガテープ発売1周年記念講演会 ロイヤルパインズホテル浦和 2020年2月13日
  19. 上條 篤. アレルギー性鼻炎の適切な管理を一緒に考えましょう. ―特に花粉症についてー.  東入間医師会学術講演会 東入間医師会会館2020年2月14日
  20. 上條 篤. 30分でわかる2020年版鼻アレルギー診療ガイドラインの改訂ポイント. Web 講演 2020年12月3日
  21. 杣 知行.Type 2炎症性重症喘息の治療戦略.北勢 Asthma Forum 2020年2月14日 四日市
  22. 杣 知行.喘息の診療における呼気NOの意義.埼玉県デュピクセントType2講演会 2020年2月19日 さいたま市(WEB)
  23. 杣 知行.重症喘息の炎症病態と治療の選択.喘息治療Webセミナー in 埼玉西部 2020年 8月19日 飯能市(WEB)
  24. 杣 知行.アレルゲン免疫療法に関する最新の話題.秩父郡医師会学術講演会 2020 年8月21日 秩父市((WEB)
  25. 杣 知行.ICS/LABA/LAMA 配合剤による中等症-重症喘息患者治療の新展開Paltinum Forum.2020年11月15日 東京都(WEB)
  26. 杣 知行.Type2炎症性重症喘息の病態と治療について.埼玉 Asthma Online Seminar 2020年12月2日 飯能市(WEB)
  27. 杣 知行.吸入配合剤が導く喘息治療の新展開.第51回結核・⾮定型抗酸菌症治療研究会 2020年12月13日 東京都(WEB)
  28. 中込 一之. ウイルス感染と気管支喘息. 第61回アレルギーフォーラム 2020年2月5日. 川越市
  29. 中込 一之. COVID-19を読み解く~医療現場の現状と喘息に与える影響について~. 喘息診療連携(パートナリング)オンライン講演. 2020年6月30日. 千葉市(web)
  30. 中込 一之. プライマリー・ケア医が知っておきたいCOVID-19 ~喘息・慢性気管支炎の管理について考える~ Respiratory Online Seminar in Saitama. 2020年7月9日. 川越市(web)
  31. 中込 一之. 重症喘息における診断3 ~バイオマーカーの意義と活用~. 第40回六甲カンファレンス. 2020年8月29日. 大阪市(web)
  32. 中込 一之. プライマリー・ケア医が知っておきたいCOVID-19 ~喘息・慢性気管支炎の管理について考える~ Respiratory Online Seminar in Saitama. 2020年9月9日. 川越市(web)
  33. 中込 一之. ICS/LABA/LAMAの3剤併用の意義に関して. 喘息治療Webセミナー in 埼玉南部. 2020年10月9日. 川口市.
  34. 中込 一之. 喘息治療におけるICS/LABA/LAMAの意義. 川越喘息治療フォーラム. 2020年10月12日. 川越市(web)
  35. 中込 一之. ウイルス感染と気管支喘息. Scientific Exchange Meeting in Kawagoe. 2020年10月14日. 川越市(web)
  36. 中込 一之. 好酸球性喘息におけるIL-4/IL-13の役割. SANOFI Asthma Forum 2020 in EAST JAPAN. 2020年11月12日. 坂戸市(web).
  37. 中込 一之. 重症喘息治療の最新の話題. GSK Severe Asthma Seminar. 2020年11月16日. 東京都(web)
  38. 中込 一之. 好酸球性喘息におけるIL-4/IL-13の役割. SANOFI Asthma Forum 2020 in EAST JAPAN. 2020年11月25日. 坂戸市(web).
  39. 中込 一之. 重症喘息の基礎と臨床. Scientific Exchange Meeting in North Kawasaki. 2020年11月27日. 川崎市
  40. 中込 一之. 喘息治療におけるICS/LABA/LAMAの意義. 喘息治療Up To Date. 2020年11月30日. 多摩市徳山研一.子どもの喘鳴を科学する. 第363回所沢小児科医会学術講演特別講演.2020年11月17日所沢市.
  41. 徳山研一、子どもの食物アレルギーの考え方.令和2年度文部科学省補助事業『アレルギー講習会(学校における普及啓蒙講習会』(日本学校保健会主催).2020年9月9日、越谷市.
  42. 板澤寿子. 「小児喘息管理における鼻炎治療の重要性」Online meeting in Saitama【小児科領域】2020年12月4日. 川越市(web).
  43. 宮野恭平.『アトピー性皮膚炎』シクロスポリン内服療法の有用性について.かわごえ若手皮膚科医勉強会.2020年9月1日(WEB)

座談会記録:

  1. 永田真、Michael Wechsler, 權寧博、植木重治.「好酸球」が影響を与える重症喘息病態とそのメカニズム.呼吸器内科2020年2月号

TV・ラジオ出演:

  1. 永田真 アレルゲン免疫療法について.「いまドキッ!埼玉」テレビ埼玉2020年2月15日
  2. 徳山研一.小児の慢性咳嗽.『ドクターサロン(司会:山内俊一)』ラジオNIKKEI  <短波放送>12月29日23時~23時15分放送.

新聞・一般雑誌取材:

  1. 永田真.アレルゲン免疫療法.日本経済新聞2020年7月18日
  2. 永田真.成人ぜんそく.日本経済新聞2020年10月10日

▲トップへ