2016年度業績 アレルギーセンター業績

2015年の業績 | 2014年の業績 | 2013年の業績 | 2012年の業績 | 2011年の業績 | 2010年の業績 | 2009年度の業績

著書

  1. 永田真.アレルギー治療薬.治療薬マニュアル2016.pp655-685、医学書院(東京)2016
  2. 永田真.アレルギー疾患 最近の動向.今日の治療指針2016.pp 822-824 .医学書院(東京)2016
  3. 永田真.気管支喘息.YEAR NOTE TOPICS 2016, pp314-318. メディックメデイア(東京)、2016
  4. 永田真.アレルゲン免疫療法.膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート.Pp461-463.診断と治療社(東京)、2016 
  5. 中村晃一郎。アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2015. アレルギー。65(9), 1178-1181, 2016 (11).
  6. 中込一之.アレルゲン免疫療法.今日の治療指針2016、医学書院(東京). Pp833-865.2016
  7. 上條 篤. 吉川沙耶花. 鼻出血. 診療ガイドラインUP-TO DATE 2016-2017. (監修者 門脇 孝, 小室一成, 宮地良樹)pp753-758: 2016 メディカルレビュー社
  8. 上條 篤. 点鼻薬. 膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート (永井良三 総監修) 279-281, 2016
  9. 上條 篤. 泌尿器科処方のすべてーすぐに使える実践ガイド アレルギー性鼻炎 臨床泌尿器科 70; 4 増刊号, 2016
  10. 徳山研一.寛解治癒の可能性、(編集:大田健、森川昭廣、足立満、東田有智)喘息の予防と治療:最新のアプローチ、ライフサイエンス出版(東京)、pp85-89, 2016 
  11. 徳山研一.臓器過敏性からみたアレルギーマーチ、(編集:荒川浩一)アレルギーマーチを断つ~ガイドライン準拠による拡大予防~、医薬ジャーナル社(東京)、pp81-87, 2016 
  12. 徳山研一.咳喘息はどうやって診断しますか? 小児期に咳喘息はありますか?(総編集:田原卓浩)総合小児医療カンパニア.専門医が答えるアレルギー疾患Q & A、中山書店(東京)、pp81-87, 2016

原著

  1. Takaku Y, Soma T, Uchida Y, Kobayashi T, Nakagome K, Nagata M.CXC chemokine superfamily induced by Interferon-γ in asthma: a cross-sectional observational study. Asthma Res Pract. 2:6.2016
  2. Noguchi T, Nakagome K, Kobayashi T, Uchida Y, Soma T, Nakamoto H, Nagata M.Periostin upregulates the effector functions of eosinophils.J Allergy Clin Immunol. 138:1449-1452.2016
  3. Takaku Y, Kurashima K, Kobayashi T, Nakagome K, Nagata M. Eicosanoids in exhaled breath condensate of airway inflammation in patients with asthma.Takaku Y, Kurashima K, Kobayashi T, Nakagome K, Nagata M. Allergol Int. S1:65-6. 2016 .
  4. Noguchi T, Nakagome K, Kobayashi T, Ueda Y, Uchida Y, Soma T, Nakamoto H, Nagata M.Effect of LTRA on IP-10-induced eosinophil adhesion to ICAM-1. Allergol Int. S1:S62-4.2016
  5. Imaeda H, Yamaoka M, Ohgo H, Yoneno K, Kobayashi T, Noguchi T, Uchida Y, Soma T, Kayano H, Kanazawa M, Nakamoto H, Nagata M.Allergol Int. S1:6-10. 2016
  6. Miyano K, Matsushita S, Tsuchida T, Nakamura K. The inhibitory effect of a histamine 4 receptor antagonist on CCL17 and CCL22 production by monocyte-derived Langerhans cells in patients with atopic dermatitis. Journal of Dermatology.  43 (9), 1024-9, 2016
  7. Masuyama K, Goto M, Takeno S, Ohta N, Okano M, Kamijo A, et al. Guding principles of sublingual immunotherapy for allergic rhinitis in Japnasese patients. Auris Nasas Larynx 43: 1-9, 2016
  8. Goldblum RM, Ning B, Judy BM, Holthauzen LMF, van Bavel J, Kamijo A, Midoro-Horiuchi T. A single mouse monoclonal antibody, E58 modulates multiple IgE epitopes on group 1 cedar pollen allergens. Molecular Immunology 74: 106-112, 2016
  9. Rie Takagi, Masaaki Kawano, Koichiro Nakamura, Tetsuya Tsuchida and Sho Matsushita.T-cell responses to tyrosinase-derived self-peptides in patients with leukoderma induced by rhododendrol: Implications for immunotherapy targeting melanoma. Dermatology 232:44-49, 2016
  10. Miyano, K., Matsushita, S., Tsuchida, T., and Nakamura, K. The inhibitory effect of a histamine 4 receptor antagonist on CCL17 and CCL22 production by monocyte-derived Langerhans cells in patients with atopic dermatitis. J. Dermatol.43(9):1024-9, 2016.
  11. 初鹿恭介, 上條 篤, 金井真理, 田中翔太, 山本卓典, 松岡伴和, 増山敬祐. 視力障害をきたした鼻副鼻腔疾患の臨床的検討. 日鼻誌 55: 13-20, 2016
  12. 吉川沙耶花, 上條 篤, 関根達朗, 沼倉 茜, 池園哲郎, 加瀬康弘. 反回神経麻痺に関する検討―反回神経の須高に沿って原因疾患がみつかった42症例―. 耳鼻臨床109: 549-556, 2016

症例報告:

英文総説:
総説

  1. 永田真.好酸球の機能とその調節機構. G.I. Research 24;3-10:2016
  2. 永田真.健康相談室Q&A. 果物を食べると、のどがかゆくなる.Health & Life 376 ;20:2016
  3. 山崎進、永田真.気管支喘息の免疫療法.炎症と免疫 24;44-50;2016
  4. 中込一之、永田真.家塵ダニアレルギー性喘息(成人)の免疫療法.喘息・アレルギー29;20-24:2016
  5. 永田真.アレルゲン免疫療法はアレルギー性鼻炎治療の第1選択として使用できるか? エディターズコメント.喘息・アレルギー 29;89:2016
  6. 永田真.ダニアレルギー性疾患に対する免疫療法.Medical Tribune 49:14, 2016
  7. 永田真.好中球性喘息.呼吸器内科29;498-504:2016
  8. 永田真.好酸球、好中球、その他の炎症細胞.日本医師会雑誌特別号 145;65-67、2016
  9. 四宮俊、永田真.薬物アレルギー:局所麻酔薬.日本医師会雑誌特別号 145;268-269、2016
  10. 永田真.ダニアレルギーにおけるアレルゲン免疫療法の手引き. -通年性アレルギー気道疾患の原因療法.アレルギー65;908-912:2016
  11. 永田真.アレルゲン免疫療法によるダニ感受性(過敏性)喘息の治療.Info Allergy 77:2-3;2016
  12. 永田真.気管支喘息.呼吸と循環64;955-960; 2016
  13. 中込一之、永田真.気管支喘息の特殊病態への対応 急性増悪期.日本臨床74;1664-1671:2016
  14. 中込一之、永田真.抗IL-5抗体療法.喘息・アレルギー.29:83-89;2016
  15. 永田真.アナフィラキシーの初期対応.レジデントノート18;3:563-567:2016
  16. 中村晃一郎(埼玉医大皮膚科・アレルギーセンター)。湿疹・皮膚炎。成人病と生活習慣病。46(1), 71-80, 2016(01)
  17. 中込 一之, 永田 真. 免疫学的診断と治療. アレルギー・免疫 2016;23:808-814.
  18. 上條 篤. 局所アレルギー性鼻炎(LAR). 日本医事新報 2016; 4789: 57
  19. 上條 篤. ダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法. MB ENT 193: 33-36, 2016
  20. 上條 篤. アレルギー性鼻炎治療の新たなる展開 ボツリヌス治療 JHONS 32: 751-753, 2016
  21. 上條 篤. かゆみに対する薬物治療. JHONS 32: 623-628, 2016
  22. 吉川沙耶花, 上條 篤. 皮下免疫療法の現状と展望:アレルギー性鼻炎. アレルギー・免疫 23: 1066-1070, 2016
  23. 上條 篤. 吉川沙耶花. 鼻副鼻腔疾患と気管支喘息の診断と治療―耳鼻咽喉科の立場からー. MB ENT 197: 42-48, 2016
  24. 上條 篤. 臨床講座 花粉症 Pharma Tribune 8 (3): 5-9, 2016
  25. 杣 知行, 永田 真.皮下免疫療法の現状と展望 喘息.アレルギー・免疫. 23;1056-1064:2016
  26. 徳山研一.小児気管支喘息の定義・病型分類および鑑別診断.日本臨床74(10):1735-1740、2016 
  27. 徳山研一.小児期の喘息.(小川郁、片山一朗、山口正雄 編)アレルギー疾患のすべて.日本医師会雑誌145・特別号(1);s172、2016(6月)
  28. 松下 祥:IL-10とアレルギー.アレルギー・免疫 Vol. 23, No. 11, 30-35, 2016.

書籍編集企画等

  1. 永田真.アレルギー疾患.今日の治療指針2016、医学書院(東京)、2016
  2. 永田真.家塵ダニ・アレルゲン免疫療法の新時代.喘息・アレルギー.2016年4月号、メディカルレビュー者(大阪)2016
  3. 永田真、海老澤元宏.喘息-COPDオーバーラップ症候群の病態と臨床.喘息・アレルギー.2016年12月号、メディカルレビュー者(大阪)2016

座談会記録

  1. 永田真、Reinoud Gosens、渡辺東.気管支喘息の症状改善はfuture risk の改善につながるか.喘息・アレルギー.29;77-82:2016
  2. 永田真、土橋邦夫.わが研究を語る 職業アレルギー.喘息・アレルギー.29:83-89;2016

一般雑誌取材:

  1. 永田真.名医のセカンドオピニオン.週刊朝日2015年10月23日号P105 、朝日新聞社.
  2. 永田真.医心伝身.ダニアレルゲン免疫療法.週刊ポスト2015年9月18日号P80 ,小学館.
  3. 永田真.ダニアレルゲンに対するアレルゲン免疫療法.すこやかライフ 46;P10。独立行政法人環境再生保全機構
  4. 永田真.重症の気管支喘息.名医の最新治療2016. P159 週刊朝日MOOK, 朝日新聞社2016.(10月)

学会・研究会主催

1.徳山研一、第76回臨床アレルギー研究会.2015年11月14日、MSD株式会社本社2階セミナールーム(東京)

市民講座

  1. 永田真(企画・司会)アレルギー週間市民公開講座2016. 2016年2月6日さいたま市
  2. 永田真.ぜんそくや花粉症を治す!アレルゲン免疫療法.まるひろ健康セミナー 2016年2月20日川越市
  3. 永田真.息が苦しいと思ったら!COPDと喘息(ぜんそく)埼玉医科大学病院市民講座.2016年年3月26日埼玉医科大学第3講堂
  4. 永田真(企画・司会)アレルゲン免疫療法市民講座2016.  2016年5月28日狭山市
  5. 永田真.おとなの喘息を治す!埼玉医科大学市民講座.2016年11月19日埼玉医科大学かわごえクリニック
  6. 中込一之. ぜんそくを治す!喘息のアレルゲン免疫療法. 2016年5月28日. 狭山市
  7. 上條 篤.アレルギーの根本治療 「スギ花粉症」  2016年2月6日 アレルギー週間市民公開講 (永田真(企画・司会))大宮ソニックセンター
  8. 上條 篤.「スギ花粉症」 2016年5月28日 狭山市市民会館 
  9. 徳山研一.こどもの食物アレルギー.日本小児科学会埼玉地方会・埼玉医科大学小児科共催市民公開講座. 2016.10.1川越市
  10. 徳山研一.よくわかる子どもの喘息.埼玉医科大学市民公開講座「子どもと大人の喘息」. 2016.12.10川越市

学会・学術集会招待演者:

  1. 永田真.アレルギー性気道疾患の免疫療法.第56回日本呼吸器学会学術講演会教育講演. 2016年4月10日京都市
  2. Makoto Nagata.  Novel Approaches for Treatment of Severe Asthma. 2016  Spring Congress of Korean Academy of  Allergy, Asthma and Clinical Immunology、Invited Lecture.6th May. 2016, Seoul, KOREA
  3. 永田真.気管支喘息とCOPDとの接点.平成28年度日本内科学会生涯教育講演会.教育講演、2016年5月22日東京都
  4. 永田真.好酸球の基礎知識 ーその組織集積と活性化機構ー第115回日本皮膚科学会総会教育講演 2016年6月3日京都市
  5. 永田真. 喘息気道における好中球と好酸球.第65回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム「好中球性気道炎症」.2016年6月17日東京都
  6. 永田真. 重症気管支喘息の炎症病態 Up-To-Date.第47回日本職業環境アレルギー学会教育講演 2016年7月9日大阪市
  7. Makoto Nagata. Comprehensive Management of Asthma in the View of “Patient-Centered ” The 26 th Interasma Japan-North-Asia.  Special Lecture 3. 2016年9月18日福岡市
  8. 永田真.気管支喘息とCOPDとの接点.平成28年度日本内科学会生涯教育講演会.教育講演、2016年9月18日福岡市
  9. 中込一之. 免疫寛容による気管支喘息治療の展望. 第65回日本アレルギー学会学術大会. 2016年6月19日. 東京都
  10. 中込一之. 成人の免疫療法. 第3回 総合アレルギー講習会. 2016年12月17日. 横浜市
  11. 上條 篤. アレルギー性鼻炎と生活習慣 第3回 総合アレルギー講習会 2016年 横浜
  12. 杣 知行, 永田 真. ダニアレルゲンを用いた皮下免疫療法の実際.第65回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム「ダニアレルギーに対するアレルゲン免疫療法」.2016年6月18日東京都
  13. 植田穣.気道過敏性、運動誘発、喘息発作の評価.第3回日本アレルギー学会アレルギー講習会 2016年12月18 日 横浜

学会発表(一般演題):

  1. Kazuyuki Nakagome, Fuyumi Nishihara, Takehito Kobayashi, Toru Noguchi, Yoshitaka Uchida, Tomoyuki Soma and Makoto Nagata. Trans-basement membrane migration of eosinophils induced by LPS-stimulated neutrophils from human peripheral blood in vitro. 2016 AAAAI Annual Meeting. 2016年3月5日. ロサンゼルス.
  2. Kamijo A. Sakamoto K, Araki R, et al. Effect of botulinum toxin type A therapy in patinets with Japanese cedar pollinosis. 4th traial. 27th Congress of Europian Rhinologic Society 2016. 7.3-7.7. Stockholm
  3. Hoshino F, Kamijo A, Komatsu T,et al. Orbital wall fracture with displacement of the right eye ball into the right nasal cavity. A case report. 27th Congress of Europian Rhinologic Society 2016. 7.3-7.7. Stockholm
  4. Kase Y, Kamijo A, Hoshino F. Orbital complications caused by endoscopic sinus surgery: two case reports. 27th Congress of Europian Rhinologic Society 2016. 7.3-7.7. Stockholm
  5. Tomoyuki Soma, Takehito Kobayashi, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Clinical Implication of Adenosine Triphosphate in Sputum in Asthma. American Thoracic Society 2016 Annual Meeting. 2016.5.15. San Francisco
  6. Eiji Morita, Kenichi Tokuyama, Takeshi Koga, Atsushi Itano, Yutaka Ueda. Airflow limitation and airway inflammation of asthmatic adolescents in remission. European Respiratory Society International Congress 2016. Sept 2016. London、UK
  7. Yutaka Ueda、Takehito Kobayashi、Toru Noguchi、Kazuyuki Nakagome、Tomoyuki Soma、Kenichi Tokuyama、Makoto Nagata.House-dust-mite stimulates eosinophil activation via PAR2.The 26th Congress of Interasthma Japan/North Asia. Sept 2016  Fukuoka Japan
  8. KAWANO Masaaki, TAKAGI Rie, and MATSUSHITA Sho. Dopamine modulates cytokine secretion in early immune responses as well as the generation of T-helper subsets in adaptive responses. The 45th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology, 2016. December 6, 2016 Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan
  9. Enomoto Yutaka,  Kiniwa Tsuyoshi, Naito Yutaka, Takagi Rie , Kawano Masaaki, Matsushita Sho, Ochiya Takahiro, Miyajima Atsushi. HBV-induced exosomal miRNAs down-regulate the expression of IL-21 mRNA by binding to its 3’ UTR. The 45th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology, 2016. December 6, 2016 Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan
  10. 中込 一之, 小林 威仁, 野口 哲, 西原 冬実, 杣 知行, 永田 真. 重症喘息患者の末梢血好中球は、単独で好酸球基底膜通過反応を誘導する. 第56回日本呼吸器学会学術講演. 2016年4月10日. 京都市
  11. 山崎 進, 中込 一之, 内田 義孝, 宮内 幸子, 内田 貴裕, 杣 知行, 野口 哲, 小林 威仁, 永田 眞. 成人重症気管支喘息における呼吸機能と関連因子の臨床的検討. 第56回日本呼吸器学会学術講演会. 2016年4月8日. 京都市
  12. 野口 哲, 小林 威仁, 杣 知行, 中込 一之, 中元 秀友, 永田 真. ペリオスチンは好酸球の接着反応とエフェクター機能を誘導する. 第56回日本呼吸器学会学術講演会. 2016年4月8日. 京都市
  13. 内田 貴裕, 中込 一之, 三浦 雄, 四宮 俊, 宮内 幸子, 山崎 進, 嶺崎 祥平, 三尾 友彦, 加賀 亜希子, 小宮山 謙一郎, 杣 知行, 永田 真. ダニ・アレルギー性喘息に対する純化ダニ・アレルゲンを用いた急速免疫療法の検討. 第56回日本呼吸器学会学術講演会. 2016年4月8日. 京都市
  14. 中込 一之, 小林 威仁, 野口 哲, 西原 冬実, 杣 知行, 永田 真. LPS刺激好中球による好酸球基底膜通過反応の誘導(健常人と重症喘息患者の比較). 第65回日本アレルギー学会学術大会. 2016年6月19日. 東京都
  15. 野口 哲, 小林 威仁, 杣 知行, 中込 一之, 中元 秀友, 永田 真. Periostinは好酸球のエフェクター機能を誘導する. 第65回日本アレルギー学会学術大会. 2016年6月17日. 東京都
  16. 内田 貴裕, 中込 一之, 三浦 雄, 四宮 俊, 宮内 幸子, 山崎 進, 嶺崎 祥平, 三尾 友彦, 加賀 亜希子, 小宮山 謙一郎, 杣 知行, 永田 真. スギ花粉症合併ダニアレルギー性喘息に対する純化ダニ・スギアレルゲンを用いた急速同時免疫療法の検討. 第65回日本アレルギー学会学術大会. 2016年6月17日. 東京都
  17. 中込 一之, 内田 貴裕, 山崎 進, 内田 義孝, 杣 知行, 永田 真. スギ花粉症合併ダニアレルギー性喘息に対する純化ダニ・スギアレルゲンを用いた急速同時免疫療法の検討. 第77回臨床アレルギー研究会. 2016年7月2日. 東京都
  18. 中込一之、野口哲、小林威仁、内田義孝、杣知行、永田眞. ぺリオスチンは好酸球のエフェクター機能を誘導する.第26回国際喘息学会日本・北アジア部会. 2016年9月18日. 福岡市.
  19. 内田貴裕、内田義孝、中込一之、杣知行、永田真. スギ花粉症合併ダニアレルギー性喘息に対する純化ダニ・スギアレルゲンを用いた急速同時免疫療法の検討. 第26回国際喘息学会日本・北アジア部会. 2016年9月17日. 福岡市.
  20. 中込一之、小林威仁、杣知行、坂本芳雄、永田真. 急性好酸球性肺炎の気管支肺胞洗浄液におけるサイトカイン・ケモカイン濃度の解析. 第78回臨床アレルギー研究会. 2016年11月12日. 東京都
  21. Kazuyuki Nakagome, Toru Noguchi, Takehito Kobayashi, Tomoyuki Soma, and Makoto Nagata. Periostin up-regulates the effector functions of eosinophils. 第45回日本免疫学会学術集会. 2016年12月7日. 宜野湾市.
  22. 野口哲、中込一之、小林威仁、杣知行、中元秀友、永田真.ペリオスチンは好酸球の接着とエフェクター機能を誘導する.アレルギー・好酸球研究会2016 学術総合センター.2016年10月日. 東京都
  23. 上條 篤, 善浪弘善, 佐野友昭, 手塚 徹, 清水俊男, 古賀健史, 伊藤美穂子, 徳山研一, 加瀬康弘. 春季花粉症における小児の咳. 第34回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会. 2016年2月 鳥羽国際ホテル
  24. 上條 篤, 善浪弘善, 仲田拡人, 清水俊男, 伊藤美穂子, 中嶋正人, 佐野友昭, 手塚徹, 古賀健史, 徳  山研一, 池園哲郎, 松田 帆, 井上智恵, 和田伊佐雄, 加瀬康弘. スギ・ヒノキ花粉症に合併する咳嗽:成人と小児. 日本耳鼻咽喉科学会 2016, 名古屋
  25. 吉川沙耶花, 上條 篤, 中込和幸, 杣 知行, 永田 真, 池園哲郎, 加瀬康弘. スギ舌下免疫療法の患者分析による服薬アドヒアランス研究. 日本耳鼻咽喉科学会 2016, 名古屋
  26. 上條 篤, 吉川沙耶花, 古賀健史, 清水俊男, 善浪弘善, 佐野友昭, 手塚 徹, 伊藤美穂子, 徳山研一. 小児春季花粉症に合併する咳嗽の検討 第65回日本アレルギー学会, 2016, 東京
  27. 吉川沙耶花, 上條 篤, 中込和幸, 杣 知行, 永田 真, 加瀬康弘. 埼玉医科大学におけるスギ花粉舌下免疫療法の患者分析による服薬アドヒアランス研究. 第65回日本アレルギー学会, 2016, 東京
  28. 沼倉 茜, 吉川沙耶花, 上條 篤, 松田 帆, 新藤 晋, 伊藤彰紀, 池園哲郎, 加瀬康弘. 他覚的拍動性耳鳴で発見された硬膜動静脈廔の2例. 第78回耳鼻咽喉科臨床学会, 2016, 鹿児島
  29. 林 崇弘, 上條 篤, 星野文隆, 吉川沙耶花, 松田 帆, 池園哲郎, 加瀬康弘. 当科で経験した節外性NK/T細胞リンパ腫, 鼻型4例. 第55回日本鼻科学会総会, 2016, 宇都宮
  30. 星野文隆, 上條 篤, 加瀬康弘, 小松赳彦, 吉川沙耶花, 松田 帆, 池園哲郎. 妊婦における鼻腔内Pyogenic Granulomaの取り扱い. 第55回日本鼻科学会総会, 2016, 宇都宮
  31. 上條 篤, 善浪弘善, 小松赳彦, 井上智恵, 和田伊佐雄, 関根達朗, 吉川沙耶花, 松田 帆, 中島正己, 星野文隆, 加瀬康弘, 池園哲郎. 春季花粉症に合併する咳嗽について. 第55回日本鼻科学会総会, 2016, 宇都宮
  32. 杣 知行,中込 一之, 小林 威仁, 野口 哲, 内田 貴裕, 永田 眞.気管支喘息における喀痰中ATPの臨床的検討. 第56回日本呼吸器学会学術講演会. 2016年4月9日. 京都市
  33. 植田穣、小林威仁、野口哲、中込一之、杣知行、徳山研一、永田真.家塵ダニはβ2インテグリンとPAR2を介して好酸球を活性化する.第65回日本アレルギー学会2016年5月、東京
  34. 板野篤志、川野雅章、徳山研一、永田 真、松下 祥 Signaling via FcRI activates human dendritic cells to differentiate into DC1 cells via IL-12 第65回日本アレルギー学会2016年5月、東京
  35. 小川俊一、古賀健史、板野篤志、盛田英司、植田穣、徳山研一.家喘息発作重症度評価におけるmodified Pulmonary Index Score(mPIS)の有用性について-2015年8-9月の入院例の検討-.第65回日本アレルギー学会2016年5月、東京
  36. 板野篤志、川野雅章、徳山研一、松下 祥 ヒト樹状細胞に発現するFcRIを介したシグナルはIL-12産生を介してTh1細胞を誘導する 第53回日本小児アレルギー学会2016年10月、前橋
  37. 小川俊一、古賀健史、板野篤志、盛田英司、植田穣、徳山研一.家喘息発作重症度評価におけるmodified Pulmonary Index Score(mPIS)の有用性について-2015年8-9月の入院例の検討-.第16回埼玉北部小児喘息アレルギー研究会2016年10月、熊谷
  38. 小川俊一、古賀健史、板野篤志、盛田英司、植田穣、徳山研一.家喘息発作重症度評価におけるmodified Pulmonary Index Score(mPIS)の有用性について-2015年8-9月の入院例の検討-.第53回日本小児アレルギー学会2016年10月、前橋
  39. 高木 理英,川野 雅章,中村 晃一郎,土田 哲也,松下 祥. ロドデノール誘発性白斑症は自己免疫病である. 第115回日本皮膚科学会総会 2016年6月4日, 京都 
  40. 高木 理英,川野 雅章,中村 晃一郎,土田 哲也,松下 祥. ロドデノール誘発性白斑症は自己免疫病である. 第65回日本アレルギー学会学術大会2016年6月18日, 東京

講演

  1. 永田真.重症喘息におけるフルチカゾン/ホルモテロール配合剤の抗炎症作用.喘息治療アドバイザリーミーティング特別講演.2016年1月14日高崎市
  2. 永田真. 日本のアレルギー診療をアレルゲン免疫療法が変える!第1回山陽アレルゲン免疫療法研究会.2016年1月28日岡山市
  3. 永田真.重症喘息治療 Up-To-Date.重症喘息WEB講演会.2016年2月23日(ノバルティスファーマ社、WEB配信)
  4. 永田真.気管支喘息治療の方向性.第11回 Chronic Respiratory Disease Forum  2016年3月16日越谷市
  5. 永田真.重症喘息におけるICS/LABA配合剤の考え方.喘息治療Expert workshop 2016.2016年4月14日川越市
  6. 永田真.重症喘息におけるICS/LABA配合剤の考え方.春日部呼吸器workshop 2016.2016年4月19日春日部市
  7. 永田真.気管支喘息治療の最前線Hachioji Asthma Network Seminar 2016年5月24日八王子市
  8. 永田真.アレルゲン免疫療法Up to date 第18回西横浜喘息・COPD懇話会  2016年6月2日横浜市
  9. 永田真. 喘息の炎症病態 Up-To-Date. 第18回名古屋呼吸器研究会 2016年6月30日名古屋市
  10. 永田真. 喘息とCOPDの炎症病態Up-to-date.筑後COPDフォーラム 2016年7月6日久留米市
  11. 永田真. アレルギー性気道疾患における免疫療法 Up-to-date.第1回鳥取県アレルゲン免疫療法研究会 2016年7月14日鳥取市  
  12. 永田真. 気管支喘息治療の現状と展望.第50回東北アレルギー懇話会 2016年7月16日青森市
  13. 永田真. 喘息・アレルギーの免疫療法第3回獨協呼吸器・アレルギー・免疫研究教育セミナー(D-REAL).2016年 8月6日宇都宮市
  14. 永田真.臨床医に必要なアナフィラキシーの基礎知識.さいたま喘息・アレルギー治療懇話会.2016年10月3日さいたま市
  15. 永田真.喘息治療の最前線.第10回東総喘息研究会2016年10月20日成田市
  16. 永田真. アレルギー性気道疾患における免疫療法Up-to-date釧路市耳鼻咽喉科招待講演会2016年12月1日釧路市
  17. 永田真. 呼吸器・アレルギー内科医 の視点から.アレルゲン免疫療法シンポジウム 2016年12月11日東京都
  18. 中込一之. 喘息増悪の病態及び治療戦略-ライノウィルスと好中球炎症に注目して-. 第125回岡山最新医学セミナー. 2016年1月27日. 岡山市
  19. 中込一之. アレルギー性疾患の最新の知見 免疫療法を中心に. 渋川市医師会講演会. 2016年7月25日. 渋川市
  20. 中込一之. ライノウイルス感染と気管支喘息. Scientific Exchange Meeting in Gunma. 2016年9月29日. 前橋市
  21. 上條 篤. ダニの特性とダニアレルギー性鼻炎治療概論 舌下免疫療法 アシテア発売記念講演会 2016年 2月10日 ラ・ボア・ラクテ 
  22. 上條 篤. 舌下免疫療法, 黎明期から未来へ. 狭山市・入間地区医師会学術講演会 2016年2月17日 Vell Vie Az Grace 
  23. 上條 篤. アレルギー疾患に伴う咳嗽~花粉症を中心に~. アレルギーフォーラム富山2016 2016年3月10日 ボルフォート富山
  24. 上條 篤. 舌下免疫療法の現状と将来 石心会病院地域医療連携セミナー 2016年5月26日 石心会病院
  25. 上條 篤. 舌下免疫療法 現状から未来へ 栃木舌下免疫療法学術講演会 2016年7月21日 宇都宮東武ホテルグランデ
  26. 上條 篤. 耳鼻咽喉科アレルギー疾患およびアレルゲン免疫療法について. 熊谷医師会学術講演会 2016年7月26日 ホテルガーデンパレス
  27. 上條 篤. アレルギー性疾患における嗅覚障害と咳嗽. 第45回臨床アレルギー懇話会 2016年10月20日 東京慈恵会医科大学
  28. 上條 篤. 鼻科診療における私の工夫. 第85回北北海道耳鼻咽喉科懇話会 2016年12月3日 旭川グランドホテル
  29. 杣知行.ガイドラインに基づく咳嗽の日常診療.咳症状を考える会. 2016年3月28日川越市
  30. 杣知行.抗体製剤をつかった重症喘息治療-オマリツマブを中心に-.Severe Asthma Treatment conference in Saitama (SATS). 2016年6月9日大宮市
  31. 杣知行.ガイドラインに基づく咳嗽の日常診療~咳喘息の診断・治療~.呼吸器疾患フォーラムin SAYAMA. 2016年11月28日狭山市
  32. 徳山研一、子どもたちのアレルギー疾患-保育園・幼稚園での対応について.埼玉県アレルギー疾患研修会(埼玉県疾病対策課主催).2016年2月8日、さいたま市
  33. 徳山研一.小児の長引く咳嗽と気道アレルギー.千葉県小児科医会銚子支部学術講演会 2016年4月15日 銚子市
  34.  徳山研一.子どもの喘鳴を科学する. 第6回千葉小児喘息管理研究会 2016年9月29日 千葉市

TV・ラジオ出演

  1. 植田穣.RSウイルス感染症.2016年12月ゆずの里ケーブルテレビ.

▲トップへ