2018年度業績 アレルギーセンター業績

2017年の業績 2016年の業績 2015年の業績 2014年の業績
2013年の業績 2012年の業績 2011年の業績 2010年の業績
2009年度の業績      

著書

  1. 永田真.アレルギー疾患 最近の動向.今日の治療指針2018.pp764-766
  2. 永田真.アレルギー総論.YEAR NOTE TOPICS 2018, pp267-269
  3. 永田真.気管支喘息.YEAR NOTE TOPICS 2018, pp394-397
  4. 永田真.アレルギー治療薬.治療薬マニュアル2018.pp649-684.
  5. 永田真、大久保公裕、岡本義孝、上條篤、後藤穣、櫻井大樹、鈴木元彦、増山敬佑、海老澤元宏、大嶋勇成、勝沼俊雄、下条直樹、岩永賢司、田中明彦、谷口正実、中込一之、山口正雄、松下祥. ダニアレルギーにおけるアレルゲン免疫療法の手引き(改訂版).日本アレルギー学会 2018
  6. 永田真、大久保公裕、岡本義孝、上條篤、後藤穣、櫻井大樹、増山敬佑、海老澤元広、勝沼俊雄、下条直樹、谷口正実、山口正雄、松下祥. スギ花粉症におけるアレルゲン免疫療法の手引き(改訂版).日本アレルギー学会 2018
  7. 玉置淳、中村陽一、東田有智、足立雄一、荒川洽一、一ノ瀬正和、永田真、他.喘息予防・管理ガイドライン2018.一般社団法人日本アレルギー学会、2018.
  8. 永田真.病因アレルゲンの同定、回避と免疫療法.喘息(新実彰男企画)最新医学社.2018、pp165-172 
  9. 上條 篤. アレルゲン免疫療法:皮下注射法. 今日の治療指針2018, pp803-805
  10. 上條 篤.アレルギー性鼻炎に効果的な食材ってありますか?. 患者・家族への説明ガイド.耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2018, 90 (5), pp136-137
  11. 上條 篤, 三井 広. 薬剤アレルギー反応が出たときの対処法. 患者・家族への説明ガイド. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2018, 90 (5), pp330-331
  12. 上條 篤. アレルギー診療総合トレーニング 花粉症. Modern Phusician 2018, 30(10), pp1055-57

原著

  1. Noguchi T, Nakagome K, Kobayashi T, Ueda Y, Soma T, Nakamoto H, Nagata M.Effects of β2-adrenergic agonists on periostin-induced adhesion, superoxide anion generation, and degranulation of human eosinophils. Allergol Int. 2018; 67S:S48-S50.
  2. Soma T, Iemura H, Naito E, Miyauchi S, Uchida Y, Nakagome K, Nagata M.Implication of fraction of exhaled nitric oxide and blood eosinophil count in severe asthma.Allergol Int. 2018;67S:S3-S11.
  3. Nakagome K, Nakamura Y, Kobayashi T, Ohta S, Ono J, Kobayashi K, Ikebuchi K, Noguchi T, Soma T, Yamauchi K, Izuhara K, Nagata M. Elevated Periostin Concentrations in the Bronchoalveolar Lavage Fluid of Patients with Eosinophilic Pneumonia. Int Arch Allergy Immunol. 2019 (in press).
  4. Ueda Y, Nakagome K, Kobayashi T, Noguchi T, Soma T, Ohashi-Doi K, Tokuyama K, Nagata M. Dermatophagoides farinae Upregulates the Effector Functions of Eosinophils through αMβ2-Integrin and Protease-Activated Receptor-2. Int Arch Allergy Immunol. 2019:10:1-12.
  5. Gern JE, Lee WM, Swenson CA, Nakagome K, Lee I, Wolff M, Grindle K, Sigelman S, Liggett SB, Togias A, Evans M, Denlinger L, Gangnon R, Bochkov YA, Crisafi G. Development of a Rhinovirus Inoculum using a Reverse Genetics Approach. J Infect Dis. 2018 (in press).
  6. Kobayashi T, Noguchi T, Saito K, Shirasaki F, Kita H, Nagata M, Okada H, Nakamoto H.Eosinophilic Inflammation in Peritoneal Fibrosis Patients Undergoing Peritoneal Dialysis. Contrib Nephrol. 2018;196:1-4.
  7. Yamamoto T, Kamijo A, Nakazawa T, Nakajima K, Kirito K, Komatsu N, Masuyama K. A very rare case of hypereosinophilic syndrome secondary to Natural killer/T-cell lymphoma. Case Report in Otolaryngology 2018. doi:10.1155/2018/5965029
  8. 沼倉 茜、吉川沙耶花、上條 篤、松田 帆、新藤 晋、池園哲郎、加瀬康弘、神山信也、伊藤彰紀、大沢威一郎. 拍動性耳鳴を契機に診断された硬膜動静脈瘻. 日耳鼻 121: 134-138, 2018
  9. 島村歩美、上條 篤、竹野幸夫、石野岳志、増山敬祐. 慢性副鼻腔炎の周術期管理の現状―全国の大学病院を対象としたアンケート調査―より. 日鼻誌 2018; 57 (4) : 623-30

症例報告:なし

英文総説:なし
総説

  1.  Nakagome K, Nagata M. Involvement and Possible Role of Eosinophils in Asthma Exacerbation.Front Immunol. 2018 ;9:2220
  2. Masuyama K, Matsuoka T, Kamijo A. Current status of sublingual immunotherapy for     allergic rhinitis. Allergology International 2018 https://doi.org/10.1016/j.alit.2018.04.011
  3. 佐藤秀彰、永田真.ロイコトリエン受容体拮抗薬.Medicina 2018 ;408-410
  4. 永田真、杣知行.好中球型喘息の診断と治療.呼吸器内科2018;34;86-92
  5. 永田真.重症喘息における新規治療法の使い分け.日本維持新法4897:52
  6. 永田真.アレルゲン免疫療法はアレルギー診療で重要か?アレルギーの臨床 2018;38:16-17
  7. 永田真. 重症好酸球型喘息の臨床像.臨床免疫・アレルギー科 2018;69:457-462
  8. 永田真.ダニアレルギーにおけるアレルゲン免疫療法の手引きー2018年版における改定ポイントを中心に.アレルギー 2018;67:188-191
  9. 永田真.アレルギーとアナフィラキシー.臨床婦人科産科.2018;72:734-740
  10. 永田真.アレルギー診療総合トレーニング.Modern Physician 2018;38:1018-1019
  11. 小宮山謙一郎.アナフィラキシー既往者の指導と長期管理の実際.Modern Physician 2018;38:1033-1035
  12. 片山和紀、小林威人、永田真.被嚢性腹膜硬化症(EPS)とそのメカニズム.臨床透析.2018; 34 ;1555-156杣 知行. 高齢者喘息の気道炎症 喘息・アレルギー 30;132-138:2017
  13. 中込 一之, 永田 真. 成人気管支喘息における舌下免疫療法応用の可能性. アレルギーの臨床 2018;38:33-36.
  14. 中込 一之. スギ舌下免疫療法の臨床(内科) 特に喘息合併症例について 喘息への影響. アレルギー・免疫 2018;25:208-214
  15. 中込 一之. アレルゲン免疫療法. アレルギー・免疫 2018;25:628-633.
  16. 中込 一之. 将来薬 非2型炎症を標的とした分子標的薬開発の現況. 医薬ジャーナル 2018;54:2445-2450
  17. 上條 篤、松岡伴和、増山敬祐.舌下免疫療法の2者併用療法の可能性. アレルギーの臨床 2018; 38 (1): 25-28
  18. 田中翔太、上條 篤. Th2サイトカイン阻害薬はアレルギー性鼻炎のどのような症状に有効か. 鼻アレルギーフロンティア 2018; 18(1): 24
  19. 田中翔太、上條 篤. スギ花粉症の初期療法に鼻噴霧用ステロイド薬は有効か. 鼻アレルギーフロンティア 2018; 18(1): 25
  20. 上條 篤. 花粉症の治療と産科. 臨床産婦人科 2018; 72(8):750-6
  21. 上條 篤, 初鹿恭介. 後鼻神経切断術. JOHNS 2018; 34(9): 1169-72
  22. 上條 篤. かぜ後の長引く咳. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2018; 90(11): 930-4
  23. 徳山研一.小児気管支喘息における抗コリン薬の役割.吸入療法 2018:10(1):48‐54
  24. 古賀健史.DJ-1, Sirtuin 1. 知っておきたい最新のアレルギー・免疫用語集.日本小児アレルギー学会誌 2018:32(4): 737-738
  25. 植田穣、徳山研一. 小児の治療指針 急性呼吸窮迫症候群.小児科診療81巻増刊Pp416-420. 診断と治療社(東京)2018
  26. 植田穣. 小児疾患の診断治療基準 先天性喘鳴.小児内科50巻増刊. pp472-475, 東京医学社(東京)2018

書籍編集企画等

  1. 永田真.アレルゲン免疫療法の将来展望.アレルギーの臨床 2018年1月号
  2. 永田真.アレルギー疾患.今日の治療指針2018.2018年
  3. 永田真、藤枝重治.Allergy 日本語版.Vol4,No2, (Willy Japan, 東京)2018年
  4. 永田真.アレルギー診療総合トレーニング.Modern Physician 2018年10月号

新聞・一般雑誌取材:

  1. 永田真.ダニ免疫療法について.朝日新聞2018年6月2日朝刊
  2. 上條 篤.スギ花粉症. 山梨新報 2018年3月23日
  3. 上條 篤.複数の「アレルギー疾患」を一ヵ所で. 広報昭和 2018年7月号 (No. 489) pp22,
  4. 上條 篤.複数の「アレルギー疾患」を一ヵ所で.広報中央 2018年7月号 (No. 149) pp 18 

学会・研究会主催:なし

市民講座

  1. 永田真(企画・司会)アレルギー週間市民公開講座2018. 2018年2月26日熊谷市
  2. 中込 一之. アレルゲン免疫療法 -ぜんそくと花粉症の体質改善治療-. 埼玉医科大学第8回市民公開講座2018年12月8日. 川越市
  3. 上條 篤.「スギ花粉症」  2018年2月24日 アレルギー週間市民公開講 2018 (永田真(企画・司会))  熊谷商工会館 (埼玉)
  4. 上條 篤. 「スギ花粉症」  2018年3月10日 2018アレルギー市民公開講 イオンモール甲府昭和
  5. 徳山研一.食物アレルギー.(財)日本アレルギー協会共催:アレルギー週間市民公開講座2018年2月24日熊谷市
  6. 植田穣. アレルギー疾患講演会. 埼玉医科大学市民公開講座「子どもの食物アレルギーの考え方」2018年12月8日 川越市

学会・学術集会招待演者:

  1. 永田真.高齢者喘息の気道炎症―喘息における”Inflammaging”. 第58回日本呼吸器学会ランチョンセミナー.2018年4月29日大阪市
  2. 杣知行、永田真.成人気道アレルギーにおけるエンドトキシンの意義.第67回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム.2018年6月22日千葉市
  3. 杣知行、永田真.気道炎症からみた高齢者喘息の特徴.第67回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム.2018年6月23日千葉市
  4. 永田真.気道炎症からみた高齢者喘息の特徴.第67回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム.2018年6月23日千葉市
  5. 永田真.気道炎症からみた高齢者喘息の特徴.第67回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム.2018年6月23日千葉市
  6. 中込一之、杣知行、中村晃一郎、上條篤、徳山研一、松下祥、永田真.埼玉医科大学アレルギーセンターにおける“チームアップ”.第67回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム.2018年6月23日千葉市
  7. 永田真.日本の喘息診療におけるアレルゲン免疫療法の方向性.第67回日本アレルギー学会学術大会シンポジウム.2018年6月23日千葉市
  8. 永田真. 環境アレルゲンに対する免疫療法の現状と展望.第49回日本職業環境アレルギー学会教育講演2018年7月20日横浜市
  9. 永田真.気管支喘息におけるアレルゲン免疫療法の意義.第13回相模原臨床アレルギーセミナー2018年8月4日横浜市
  10. 永田真.アレルゲン免疫療法の動向.ⅩⅩⅣ World Congress of Asthma 国際喘息学会日本・北アジア部会シンポジウム2018年10月4日東京都
  11. Makoto Nagata.Novel mechanisms of eosinophilic inflammation in severe asthma 2018 The Autumn Congress of Korean Academy of  Allergy Asthma and Clinical Immunology. Special Lecture. 2018年11月3日Daegu, Korea
  12. 永田真.免疫療法:総論.第5回総合アレルギー講習会.2018年12月15日大阪市
  13. 永田真.好酸球性気道炎症.第5回総合アレルギー講習会イブニングシンポジウム.2018年12月15日大阪市
  14. 中込 一之. 重症喘息治療とIgE. 第58回日本呼吸器学会学術講演会ランチョンセミナー. 2018年4月27日. 大阪市.
  15. 上條 篤. 総合アレルギー医の実践. アレルギー診療における耳鼻咽喉科医の役割. 第5回総合アレルギー講習会 2018年12月15日 大阪国際会議場
  16. 徳山研一. 神経原性炎症の意義と治療アプローチ.第24回国際喘息学会日本・北アジア部会シンポジウム. 2018年10月4日東京都
  17. 徳山研一. 小児:気管支喘息治療薬としての展望.第26回ニューロペプタイド研究会シンポジウム.2018年10月20日岡山市

学会発表(一般演題):

  1. Kazuyuki Nakagome, Yutaka Nakamura, Takehito Kobayashi, Shoichiro Ohta, Junya Ono, Kiyoko Kobayashi, Kenji Ikebuchi, Toru Noguchi, Tomoyuki Soma, Kohei Yamauchi, Kenji Izuhara, Makoto Nagata. Elevated periostin concentrations in the bronchoalveolar lavage fluid of eosinophilic pneumonia. ATS Conference 2018. 2018年5月20日 San Diego
  2. Kazuyuki Nakagome, Yutaka Nakamura, Takehito Kobayashi, Shoichiro Ohta, Junya Ono, Kiyoko Kobayashi, Kenji Ikebuchi, Toru Noguchi, Tomoyuki Soma, Kohei Yamauchi, Kenji Izuhara, Makoto Nagata. Elevated periostin concentrations in the bronchoalveolar lavage fluid of eosinophilic pneumonia. XXIV World Congress of Asthma. 2018年10月4日. 東京都
  3. Kazuyuki Nakagome, Toru Noguchi, Takehito Kobayashi, Tomoyuki Soma and Makoto Nagata. Formoterol attenuates periostin-induced eosinophil adhesion, superoxide anion generation, and degranulation. XXIV World Congress of Asthma. 2018年10月5日. 東京都
  4. Kazuyuki Nakagome, Yury A. Bochkov, Tomoyuki Soma, James E. Gern and Makoto Nagata. Cadherin-related family member 3 upregulates the effector functions of eosinophil. 第47回日本免疫学会学術集会ワークショップ. 2018年12月11日. 福岡市.
  5. Tomoyuki Soma, Yoshitaka Uchida, Takehito Kobayashi,Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata.Clinical impact of prostaglandin D2 in Exhaled Breath Condensates in Asthma XXIV World Congress of Asthma. 10.4. 2018 Japan
  6. Yoshitaka Uchida, Tomoyuki Soma, Takehito Kobayashi,Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Different clinical features of pro-inflammatory eicosanoids in exhaled breath condensate and sputum from asthmatics. 2018 AAAAI Annual Meeting. 3.3.2018 USA
  7. Yoshitaka Uchida, Tomoyuki Soma, Erika Naito, Hidetoshi Iemura, Sachiko Miyauchi, Rie Hoshi, Kazuyuki Nakagome, Makoto Nagata. Effect of eicosanoids on pulmonary function in asthmatics with concomitant allergic rhinitis during Japanese cedar pollen season. XXIV World Congress of Asthma. 10.4. 2018 Japan
  8. Kamijo A, Masuyama K. Cough associated with spring pollinosis. European Rhinologic Symposium (ERS 2018) Apr 22-26, 2018 London
  9. Yutaka Ueda, Takehito Kobayashi, Toru Noguchi, Kazuyuki Nakagome, Tomoyuki Soma, Kenichi Tokuyama, Makoto Nagata. Dermatophagoides farinae upregulates the effector functions f eosinophils through αMβ2 integrin and PAR-2, American Academy of Allergy Asthma and Immunology,4.3.2018, FL, USA
  10. Eiji Morita, Kenichi Tokuyama, Yutaka Ueda, Takeshi Koga, Shunichi Ogawa, Hideko Nishimura. Characteristic features of airflow limitation and airway inflammation in stable school-aged asthmatics without requiring medication. 2018 AAAAI Annual Meeting. 3.4.2018. USA.
  11. 杣 知行, 内田 義孝, 内藤 恵里佳, 家村 秀俊, 宮内 幸子, 小林 威仁, 中込 一之, 永田 真. 気管支喘息患者における呼気凝縮液中脂質メディエーター濃度の臨床的検討. 第115回日本内科学会総会. 2018年4月15日. 京都市.
  12. 内田 義孝, 杣 知行, 内藤 恵里佳, 家村 秀俊, 宮内 幸子, 中込 一之, 永田 真. スギ花粉症合併喘息患者における呼気凝縮液中エイコサノイドの季節性変動. 第115回日本内科学会総会. 2018年4月15日. 京都市.
  13. 中込 一之, 野口 哲, 小林 威仁, 杣 知行, 永田 真. Cadherin-related family member 3は、好酸球のエフェクター機能を活性化する. 第58回日本呼吸器学会学術講演会学術部会賞選考講演会. 2018年4月27日. 大阪市.
  14. 野口 哲, 中込 一之, 小林 威仁, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. ペリオスチンによる好酸球接着及びエフェクター機能誘導に対するβ2刺激薬の効果の検討. 第58回日本呼吸器学会学術講演会. 2018年4月28日. 大阪市.
  15. 小林 威仁, 宮内 幸子, 内藤 恵里佳, 家村 秀俊, 野口 哲, 内田 義孝, 中込 一之, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. スギ花粉は直接的に好酸球のエフェクター機能を誘導する. 第58回日本呼吸器学会学術講演会. 2018年4月28日. 大阪市.
  16. 三尾 友彦, 宮下 起幸, 三浦 雄, 赤上 巴, 内田 義孝, 中込 一之, 杣 知行, 仲村 秀俊, 永田 真. 気管支喘息患者における睡眠時無呼吸症候群合併の検討. 第58回日本呼吸器学会学術講演会. 2018年4月28日. 大阪市.
  17. 四宮 俊, 臼井 裕, 相馬 真智香, 加賀 亜希子, 中込 一之, 仲村 秀俊, 永田 真. 抗ARS抗体陽性間質性肺炎の臨床的検討. 第58回日本呼吸器学会学術講演会. 2018年4月28日. 大阪市.
  18. 内田 義孝, 杣 知行, 内藤 恵里佳, 家村 秀俊, 宮内 幸子, 中込 一之, 永田 真. 気管支喘息における呼気凝縮液中脂質メディエーターと呼吸機能との連関性. 第58回日本呼吸器学会学術講演会. 2018年4月28日. 大阪市.
  19. 内藤 恵里佳, 杣 知行, 家村 秀俊, 宮内 幸子, 内田 義孝, 中込 一之, 永田 真. 呼気NOを基準とした重症好酸球型喘息の臨床的検討. 第58回日本呼吸器学会学術講演会. 2018年4月28日. 大阪市.
  20. 吉川 沙耶花, 上條 篤, 中込 一之, 杣 知行, 小林 威仁, 内田 義孝, 盛田 英司, 永田 真, 林 智恵, 加瀬 康弘. 患者背景と治療理解度に基づいたスギ花粉症舌下免疫療法の服薬アドヒアランス予測因子の検討. 第67回日本アレルギー学会学術大会. 2018年6月22日. 幕張市
  21. 植田 穣, 小林 威仁, 野口 哲, 中込 一之, 杣 知行, 徳山 研一, 永田 真. 家塵ダニ刺激による好酸球の活性化に対する各種吸入性β2刺激薬の効果の検討. 第67回日本アレルギー学会学術大会. 2018年6月23日. 幕張市
  22. 小林 威仁, 野口 哲, 齋藤 航平, 内田 義孝, 杣 知行, 中込 一之, 紀太 博仁, 中元 秀友, 永田 真. 好酸球が腹膜透析モデルにおける線維化に及ぼす関与の検討. 第67回日本アレルギー学会学術大会. 2018年6月23日. 幕張市
  23. 杣 知行, 中込 一之, 家村 秀俊, 内藤 恵里佳, 内田 義孝, 小林 威仁, 永田 真. アレルゲン免疫療法による特異的IgG4抗体変動に関する検討. 第67回日本アレルギー学会学術大会ミニシンポジウム. 2018年6月23日. 幕張市
  24. 中込 一之, 内田 貴裕, 家村 秀俊, 内藤 恵里佳, 宮内 幸子, 内田 義孝, 小林 威仁, 杣 知行, 永田 真. アレルゲン免疫療法は,直接ターゲットとしていないアレルゲンに対する免疫反応も抑制する第67回日本アレルギー学会学術大会ミニシンポジウム. 2018年6月23日. 幕張市
  25. 内藤 恵里佳, 杣 知行, 家村 秀俊, 宮内 幸子, 内田 義孝, 小林 威仁, 中込 一之, 永田 真. 全身性および気道内好酸球パラメーターを併用した重症好酸球型喘息の臨床的検討. 第67回日本アレルギー学会学術大会ミニシンポジウム. 2018年6月23日. 幕張市
  26. 野口 哲, 中込 一之, 小林 威仁, 杣 知行, 中元 秀友, 永田 真. Periostinは、好中球のエフェクター機能を活性化する. 第67回日本アレルギー学会学術大会ミニシンポジウム. 2018年6月23日. 幕張市
  27. 中込 一之, 野口 哲, 小林 威仁, 杣 知行, 永田 真. Cadherin-related family member 3は, αMβ2 integrinを介して,好酸球のエフェクター機能を活性化する第67回日本アレルギー学会学術大会ミニシンポジウム. 2018年6月23日. 幕張市
  28. 内田 義孝, 杣 知行, 内藤 恵里佳, 家村 秀俊, 宮内 幸子, 中込 一之, 永田 真. スギ花粉症合併喘息患者における呼気凝縮液中エイコサノイドの季節性変動と呼吸機能との関連性. 第67回日本アレルギー学会学術大会. 2018年6月23日. 幕張市
  29. 内田義孝、中込一之、田澤立之、赤坂圭一、芳賀佳之、小宮山謙一郎、杣知行、中田光、永田真. GM-CSF受容体α鎖変異による成人発症遺伝性肺胞蛋白症における好酸球接着能. アレルギー・好酸球研究会2018. 2018年9月22日. 東京都
  30. 上條 篤, 善波弘善, 仲田拡人, 杉崎一樹, 吉川沙耶花, 沼倉 茜, 松田 帆, 井上智恵, 池園哲郎, 加瀬康弘, 増山敬祐. 春季花粉症に合併する咳嗽―小児と成人の特徴についてー. 2018年6月1日 第119回日本耳鼻咽喉科総会 横浜
  31. 上條 篤、善波弘善, 仲田拡人, 水口純一、清水俊男、佐野友昭、手塚 徹、植田 穰、古賀健史、徳山研一、増山敬祐. 小児春季花粉症に合併する咳嗽の検討. 2018年6月22日 第67回日本アレルギー学会 千葉
  32. 上條 篤、初鹿恭介、杣 知行、吉川沙耶花、代永孝明、五十嵐 賢、増山敬祐. 好酸球性副鼻腔炎に対する抗IL-5抗体の有効性. 2018年9月28日 第57回日本鼻科学会総会 旭川
  33. 初鹿恭介、上條 篤、代永孝明、堀内辰也、大島直也、松岡伴和、増山敬祐. Le Fort1型骨切り術後鼻閉症例の治療経験および客観的評価を用いた検討. 2018年9月29日 第57回日本鼻科学会総会 旭川
  34. 堀内辰也、初鹿恭介、上條 篤、松岡伴和、代永孝明、増山敬祐. 皮膚粘膜リーシュマニア症の1例. 2018年9月28日 第57回日本鼻科学会総会 旭川
  35. 代永孝明、初鹿恭介、堀内辰也、松岡伴和、上條 篤、増山敬祐. 当科における鼻中隔を基部とする腫瘍の検討. 2018年9月30日 第57回日本鼻科学会総会 旭川
  36. 小川 俊一,古賀 健史,盛田 英司,植田 穣,徳山 研一.小児気管支喘息発作に対するmodified Pulmonary Index Score(mPIS)測定の有用性について.埼玉小児呼吸器研究会.2018年1月31日.埼玉
  37. 盛田英司、植田穣、古賀健史、小川俊一、西村秀子、徳山研一.無投薬にて無発作状態を維持する思春期喘息児の気流制限の検討-長期管理薬にてコントロール状態良好の児との比較-.第121回日本小児科学会学術集会.2018年4月22日.福岡
  38. 古賀健史, Jonathan R Baker, 徳山研一, 伊藤一洋, Peter J Barnes 気道上皮における酸化ストレス防御機能としてのDJ-1蛋白とSIRT1の相互作用  第67回日本アレルギー学術大会 2018年6月22日~24日 千葉
  39. 小川 俊一,古賀 健史,植田 穣,盛田 英司,山崎 美穂,大塚 砂織,佐藤 栄美子,坂本 沙織,磨田 真理子,逸見 和範,関澤 藍,徳山 研一.アレルギーサマースクールにおける患者教育の取り組み.第35回日本小児臨床アレルギー学会. 2018年7月29日.福岡県
  40. 盛田英司、植田穣、古賀健史、小川俊一、徳山研一.当院における局所麻酔負荷試験実施の経験.第55回日本小児アレルギー学会学術大会.2018年10月20日.岡山
  41. 古賀健史, Jonathan R Baker, 徳山研一, 伊藤一洋, Peter J Barnes 気道上皮における酸化ストレス防御蛋白としてのDJ-1の動態  第55回日本小児アレルギー学会学術大会 2018年10月20日~21日 岡山
  42. 古賀健史, Jonathan R Baker, 徳山研一, 伊藤一洋, Peter J Barnes 気道上皮における酸化ストレス防御蛋白であるDJ-1とSirtuin1(SIRT1)の相互作用  第55回日本小児アレルギー学会学術大会 2018年10月20日~21日 岡山
  43. 小川 俊一,清水 貴寛,古賀 健史,盛田 英司,植田 穣,徳山 研一.炎症反応の著名な上昇を伴う非IgE依存性消化管食物アレルギーが疑われた1例.第55回日本小児アレルギー学会学術大会.2018年10月20日.岡山県.

講演

  1. 永田真.気管支喘息の最新治療.  第2回清水呼吸器疾患連携セミナー特別講演.2018年1月19日清水市
  2. 永田真.重症喘息最前線.Severe Asthma Meeting in Saitama 2018年4月19日浦和市
  3. 永田真.アレルギー性気道疾患における免疫療法の展望 第78回関西耳鼻咽喉科アレルギー研究会特別講演.2018年4月14日大阪市
  4. 永田真.重症喘息最前線.栃木重症喘息懇話特別講演.2018年5月23日宇都宮市
  5. 永田真.高齢者喘息の病態と治療 北足立郡市医師会学術講演2018年5月18日  
  6. 永田真. 重症喘息の炎症病態と抗体製剤の選択Allergic Asthma Academy 2018年6月14日  明治記念館
  7. 永田真.アレルギー性気道疾患における免疫療法の展望  第3回広島アレルギー免疫療法研究会 2018年6月12日広島市
  8. 永田真.アレルギー性気道疾患における免疫療法の展望.第3回横浜アレルゲン免疫療法研究会2018年6月28日横浜市
  9. 永田真.重症喘息の最新治療.埼玉西部 Severe Asthma Meeting 2018年7 月6日川越市
  10. 永田真. 重症喘息の炎症病態と抗体製剤の選択.喘息治療カンファレンス in Yamaguchi 2018年7 月20日山口市
  11. 永田真.重症喘息最前線.Severe Asthma Seminar in Tochigi 2018年8月29日栃木市
  12. 永田真.重症喘息の最新治療.第12回東北喘息/COPD研究会 2018年9月1日仙台市
  13. 永田真.喘息治療の方向性.喘息/COPD フォーラム in 宮城 2018年10月18日仙台市
  14. 永田真.高齢者喘息の病態と治療.呼吸器フォーラム in 草加 2018年10月28日 草加市
  15. 永田真.アレルギー性気道疾患におけるアレルゲン免疫療法Up-to-date.第84回関西アレルギー研究会特別講演.2018年11月24日大阪市
  16. 永田真.Mechanisms of Eosinophilic Inflammation.GSK Scientific workshop 2018年12月1日東京都   
  17. 永田真.高齢者喘息の病態と治療. Allergy Conference 2018 in 吉祥寺 2018年12月6日東京都 
  18. 杣知行.咳喘息・喘息とその周辺疾患.蕨・戸田医師会学術講演会 2018年4月11日埼玉杣知行.
  19. 杣知行.重症喘息の病態と治療戦略.Respiratory Expert Meeting in Tokorozawa  2018年5月9日埼玉
  20. 杣知行.気管支喘息の最新の話題.坂戸鶴ヶ島医師会学術講演会 2018年6月29日埼玉
  21. 杣知行.重症喘息の最新診療~喘息ガイドライン2018を踏まえて~.第6回呼吸器治療フォーラム 2018年10月29日埼玉
  22. 中込 一之. 重症喘息における好酸球の役割. 川崎南部重症喘息講演会. 2018年3月13日. 川崎市.
  23. 中込 一之. 好酸球性気道炎症のoverviewと新たな治療の一手. 重症喘息Up to Date. 2018年4月13日. 東京都
  24. 中込 一之. 好酸球性重症喘息の病態と治療. ファセンラ発売記念講演会. 2018年5月26日. 幕張市
  25. 中込 一之. ライノウィルス感染と喘息. 三四五の会. 2018年11月5日. 与野市
  26. 中込 一之. 重症喘息の病態と好酸球の役割. Scientific Exchange Meeting in Chiba. 2018年12月5日. 幕張市
  27. 上條 篤. アレルギー疾患に伴う咳嗽を考える. デザレックス錠 発売1周年記念講演会 2018年1月18日 ホテル ブエナビスタ 松本
  28. 上條 篤. アレルギー疾患における咳嗽のメカニズムー花粉症を中心にー. 御殿場医師会学術講演会. 2018年2月21日 The Gotenbakan 
  29. 上條 篤. 抗体製剤を導入した喘息合併副鼻腔炎. Scientific Exchange Meeting in Yamanashi. 2018年5月18日 甲府富士屋ホテル
  30. 上條 篤. アレルギー性鼻炎に合併する咳嗽の対処法. 第17回南関東耳鼻咽喉科・頭頸部講習会. 2018年5月18日 ハイアットリージェンシー東京
  31. 上條 篤. 耳鼻咽喉科的視点から考える気道疾患の治療戦略. 第39回富山免疫アレルギー研究会 2018年6月21日 ボルファートとやま
  32. 上條 篤. 鳥居薬品社内講演 2018年8月30日 川越
  33. 上條 篤. Let’s start 舌下免疫療法~小児から成人まで~. 朝霞地区医師会学術講演会 2018年9月19日 ベルセゾン 新座
  34. 上條 篤.  アレルギーセンターについて. 第14回山梨アレルギー研究会 2018年11月8日 古名屋ホテル 甲府
  35. 上條 篤. プライマリケア医のための慢性咳嗽・医療連携研究会 パネリスト 2018年11月16日 古名屋ホテル 甲府
  36. 上條 篤. アレルギー性鼻炎治療のストラテジー. 田辺三菱社内講演 2018年 12月5日 川越
  37. 上條 篤. 世界の現状からみた抗H1薬の現状. 大鵬薬品社内講演 2018年12月7日 川越
  38. 徳山研一、子どもたちのアレルギー疾患-保育園・幼稚園での対応について.平成29年度アレルギー疾患研修会(埼玉県疾病対策課主催).2018年2月19日、さいたま市
  39. 徳山研一.小児の食物アレルギーの最近の考え方-治療・管理方針のパラダイムシフト-. 埼玉医科大学病院第13回診療連携シンフォニー基調講演 2018年9月6日 毛呂山町
  40. 徳山研一.小児気管支喘息の発症・増悪因子としての気道感染症とその対策.秋季東京東部呼吸器フォーラム特別講演 2018年10月3日 東京
  41. 徳山研一、赤ちゃんのアレルギー疾患-アトピー性皮膚炎のスキンケアと食物アレルギー.平成30年度埼玉県アレルギー疾患対策事業行政担当者研修会(埼玉県疾病対策課主催).2018年10月29日、さいたま市

TV・ラジオ出演:なし

▲トップへ