アレルギーセンターの概要と活動目標

 本アレルギーセンターは埼玉医科大学及び大学病院内のアレルギー分野の研究あるいは臨床をおこなうスタッフが、所属する診療科や基本学科の壁を乗り越えて、ともに力をあわせてこの領域の進歩・発展のために活動を行うものです。医学部における講義や臨床実習などでアレルギー学の包括的な教育を行う「卒前教育部門」、医学生や医師、コメディカルなどの生涯教育活動を行う「卒後教育部門」、埼玉医科大学病院「アレルギーセンターを中心とした最先端で包括的なアレルギー診療の推進を行う「臨床部門」、基礎・臨床研究をとおしてこの領域の病態解明・治療改善をめざす「研究部門」、そしてアレルギーセンターの活動を広く伝達するための「広報部門」によって組織されています。センターとしてのビルディングがあるわけではありませんが、学内各部署の人間が集合して運営会議を開催しつつ活動を行うものです。アレルギーセンターはこの分野のエキスパートの叡智を集めて、アレルギー疾患を克服するために「アレルギーと戦う組織」として誕生したものとご理解ください。
 本センターは下記の目標を基本方針として活動を行っております。

  1. アレルギー学の包括的な卒前医学教育体制の構築
  2. 臓器横断・包括的で高度な診療能力をもったアレルギー専門医の育成
  3. 地域における臨床アレルギー・センターとしての、アレルギー病態に基づく包括的で専門性の高い医療の提供
  4. 学内・外での広報・教育活動を通じたアレルギー疾患に対する正しい理解と、evidence-based medicineに基づいた科学的で正しい診療の普及
  5. アレルギー疾患の病態・治療の研究の推進